夏祭り 後半 

May 17 [Wed], 2006, 0:03





一人で舞い上がって浮かれて空まわり

ねぇ響、 あたしってただのバカなのかなあ?



[夏祭り 後半]





集合時間だった5時。

今ケータイの時計は6時13分を指してる。


…もう帰ろうかな。



集合場所だった公衆電話に背を向けて
歩き始めようとしたら、荒い息使いがあたしの腕を掴んだ。

なななななに?!

いやっ変態…?!ぅうわ最悪!!!


こ、ここはとりあえず正当防衛!!!







「離してぇえ!!!!」


もっていた鞄をそいつの顔面にぶつける。


『バコォオン!!!!』




「ッ!!!いってェエ!!!」






あれ?




聞いたこと、ある…?   声?




「だ、だれ?」

「…俺です、俺です、響だよ;」



「えっ響?!」



目の前には汗をだらだら流して、ユニフォーム姿のままの響が居た。


「え…なんで…?」
「なんでって…お前なあ、約束だったじゃん。

 一緒に祭り行くって。

 憂葉、待っててくれたんだろ?」



響が俯いてははって軽く笑った。






夏祭り 前半 

May 16 [Tue], 2006, 23:57



パシャパシャ、水飛沫の音があふれて
キャッキャッと騒ぐ声があふれて

冬より夏のほうが好きだな、なんか青春って感じするじゃん。



[夏祭り 前半]



「ねぇねぇ!!これ行こう?!」
「夏祭り?」

「そうそう、今年も夏が始まるよ!
 行くっきゃないじゃん!!」

「毎年恒例じゃん 笑」

「そう!」

「2人でいくの?ほかにもっと誘おうよ〜」

「うん。だから、あたしと憂葉(ういば)と響(ひびき)と陸(りく)で行くんだよっ」

「えぇぇええぇ?!」









そんなわけで4人で行く事になった今年最初の夏祭り。
驚いたような声出したけど

本当はすっごく嬉しいよ。

だって付き合ってもうすぐ2ヶ月。
ろくに会話もしたことのないあたし達。
一緒にどっか行けるなんて、思ってなかったから。

約束の電話をかけたら、陸は快くオッケイしてくれた。

そりゃ陸と詩歌(しいか)は付き合ってるから当たり前なのかもだけど。

陸も響もバスケ部だから当日は夕方前には部活は終わるはずっ!!

詩歌とふたりで、響に電話を掛けてみたら、
「ぁあうん、わかった。」

って言ってくれて、そのあと2人で大騒ぎしたのは言うまでもなかった。











約束の時間、約束の場所。

あたし達は浴衣を着て、履き慣れない下駄を履いて。
2人をまってた。




集合時間から6分、陸が走ってきたのが見えた。

「ごめんっ遅れた?」
「ううん、あんま待ってないよーね、憂葉」
「うん、だけど、響は?」

「ぁあ…響…?」

「?」

「響は…こないかも。」

「えっなんでっあたしと憂葉でちゃんと電話したのにっ」







おくりもの 

May 16 [Tue], 2006, 23:48







「じゃー今日は席替えをするからー
 級長、副級長、くじ作って。」




おい!!!そりゃないよ!!!









[おくりもの]










ぁあ!くじがくじが!あたしのところに回ってきてしまう…





今、せっかく青空(かなた)と隣の席なのに、席替えなんてしたくないよー!!
今の席は名簿番号で並んでるだけだから隣になれるけど


あたしは超くじ運が悪いのです。

今まで自力で隣の席になったことないもん!!!





うーどうか少しでも近くの席になれますように!!






「ちょっと維庵(いあん)ーはやくくじ引いてよォー。」

「ぁーうん。」





どうかどうかどうか神様!!!!

あたしに幸せを!!





「何番?」


「えーっと28!」
「ん、わかった。」






28かあ…うーん、微妙な数字だ




向こうのほうで


「あ、俺28!」


って声が聞こえた。









夏休み 

May 16 [Tue], 2006, 23:40







夏休みももう残りあと数日。

小麦色に焼けた肌
太陽に照らされて変色した帽子




去年とは違って忙しい夏休み。
それでもって



去年とは違う 夏休み。






[夏休み]






夏休み最後の出校日が終わって、
忘れてた提出物をぶつぶつ言いながらやるあたし。

そして隣ではめんどくさそうに日直日誌を書いてる今西(こんせい)。


クラスがえで同じクラスになった今西。
喋りたいけど今西は女子とほとんど喋らない人だしなあ。


そんな今西と居るのはなんかちょっと気まずかった。
あたしから話しかけるのも、、なんかなぁ…

でも静かなのって歯がゆいっ!!!




「あのさ、今西…」
「何?」
「今日、日直?」
「何?」
「え、だから…昨日もそうだったじゃん?」

「昨日最後サボったから。」

「ぁ…そか。」



途絶えてしまった。



あれ、なんでっなんで今西のこと気にしてんのあたしってばっ
話たくなかったらそれでいいじゃん…



ちらっと今西の横顔を覗いた。

窓の外にはサッカー部。
部活やりたいんだろうなぁ…
いっつも頑張ってるからなぁ…




「今西ってさ、サッカー頑張ってるよね。
 グラウンド、隣で使ってるでしょ?あたし達。
 いっつも見てて思うよ。
 今西ってサッカーすきなんだなって。
 
 今西がサッカー好きなのがね、サッカーしてる今西見ると、
 すごい伝わってくるよ。」


気付いたら呟いていたあたしの言葉に
今西は顔を真っ赤にしてこっちを見ていた。

「は?」

「え?!ぁ、ごめんっ」


なにゆってんだあたし!






眠り王子 

May 16 [Tue], 2006, 23:36




ぁーくそ、こいつはまったく。









[眠り王子]








もっとも眠くなる5時間目数学。

眠さをこらえてがんばって起きてるあたし。

そのあたしの頑張りをあざ笑うかのように毎回毎回

あたしの隣で健やかに寝るコイツ。



しかも毎回寝た罰に問題とけとか言われて

最悪、だなんてほざいてるくせに、ぜんぜんこりないコイツ。


しかもコイツを起こすのはいっつもあたしの役目。


もーお願いだから気持ちよさそうに寝ないでくれ!!!


あたしはとても数学が苦手なのですよ。

そりゃーもう[え



だから授業くらい真面目に受けなきゃ、通知表に1が…




そんなあたしをまたもあざわらうかのように

本日も絶好調な追立君。




「はい、じゃー本日も元気に居眠りしてる追立に
 問題といてもらいましょ。
 頼橋、起こして。」


「またあたしですかせんせー。」


「君となりでしょ、そんくらいやってあげなさいな。」


「ちょっと追立、おきなよ、あてられてるよ。」


「…zZZ」











日和 

May 16 [Tue], 2006, 23:24


GW 連休にもかかわらず部活


あいつは練習試合


みたいとおもうあたし 








[日和]










明日は雷(あずま)の練習試合の日。
あたし達の部活はちょうどお休み。

こりゃーもう見に行くしかないっしょ!
と思い、雷に交渉!!

「ねぇ、明日の練習試合、見に行くから!」

「は?来なくていいよ笑」


「え?」


「じゃ、俺部活あるし。」


ちょっとまって軽く流されて拒否られましたけど。


うええええッかなり悲しい!


だめだ、こんなとこで諦めては女がすたる!

あと2回言ってだめならしょうがないやいッ[何




「ねぇ雷ってば!」

「ん?」

「見に行きたいんだよー!見たいんだよー!」

「…何、お前うちの部活に好きなやつでもいんの?」

探るような目つきでいうあいつにあたしは呆れた感じで

「そうだよ。」

てゆーかお前だょ!

「ふーん…ま、来たきゃくればいーじゃん?」

「ほんとに?!やったー!!」





「ただし、好きなやつ教えるって条件。」




「えッ。」




「実は俺ぁー結構前から聖奴(せいぬ)が好きだったんですけどねー?」




「はぃッ?!」

 

May 16 [Tue], 2006, 23:11

ザアザアザア!!!


激しい水音


止みそうもない雨に途方にくれる少女がひとり









[雨]













「最悪!!」




朝くらいからぽつぽつ雨が降り始めて
今ではもう大降り。


居残りで学校に残ってて、そのうち止むかな?
って思ってたけど、ぜんっぜん止まない!



傘持ってきてないし…
どーしよ、びっしょぬれになっちゃう…




あたしが途方にくれていたら後ろから




「うそ、雨?!」



と、共感できる仲間を発見!!


振り向いた先には、


「あ、茅野(かやの)!!」


真宝(まほう)だった。




「え、真宝まだ居たの?学校。」


「それはこっちのせーりーふ。
 俺は委員会の仕事。
 おまえは?」

「あたしは居残り。」

「ふはっどんまいーっ
 てゆーか俺達、クラスはなれちゃって、ぜんぜんしゃべらなくなったよな。」


「だって逢わないもん。」

「何もしなくても逢える関係って、初めて羨ましくなったな。俺。」





「…?どういう意味?」




「…さーね。」
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dream10
読者になる
Yapme!一覧
読者になる