おさる。 

October 26 [Mon], 2009, 17:30
こんにちは★

よく織田信長が秀吉を猿と呼びかわいがっていたといのは聞きますが

実際のところ、これらは完全な間違いらしいですね。

信長が秀吉の妻ねねにあてた手紙には秀吉のことを「はげねずみ」と記してますし

いくつか残っている秀吉の肖像画を見ると

信長が「はげねずみ」と呼んでも不思議ではない顔つきをしています( ゚д゚ )

秀吉が猿に似ていたという根拠は、1591(天正19)年に

京都の市中に張り出された狂歌にあるんでしょう。

ほかにも毛利氏の家臣の玉木吉保という人物が

「秀吉は赤ひげで猿まなこで、空うそ吹く顔をしている」と記していますが

この「猿まなこ」とは油断のならない目つきをしているということです。


いろんな要因が重なっておさるになったのかもしれませんね♪♪