ありがとうございました。 

March 25 [Sun], 2012, 22:51
本日、春公演「パヴァーヌ」終了いたしました。
4月より鳴門高校へ転勤となりましたので
本日の公演が私の富西での最後の公演となります。

富西の校長先生はじめE先生、T先生、進路室の事務のFさん、
富西の生徒、卒業生、保護者の方々
他校演劇部の顧問の先生方、部員さん、
本当にありがとうございました。

後任は日和佐高校演劇部出身でM田先生の弟子でいらっしゃる
O先生がなってくださると信じておりますので、
安心して鳴門へ行けます。

このHPの運営はO先生や管理人のYさん(私の富西1年目の部員)とも
相談して存続するかは決めたいと思います。

6年間、本当に皆様お世話になりました。

 
                                       斎藤 綾子

富岡西高校演劇部春公演の御案内 

February 05 [Sun], 2012, 23:10
3月25日(日)
開場13:30〜 開演14:00〜
ヨンデンホール徳島3階ホール
「パヴァーヌ」  作 曽我部マコト

平成14年の四国大会で川之江高校が
全国高等学校演劇協議会会長賞と創作脚本賞を
受賞された作品です。

スナック「きみちゃん」の2階・女子高生のサナコの部屋で
開かれたバースディ・パーティは、なぜかギクシャクした空気。
それもそのはず、主賓の席にはサナコ達の高校の友達で
死んでしまったアキ…ではなく、アキの双子のユキが座っていたのだ!

と、このようなお話です。
今年の春公演は、1年だけでなく、
2年、3年も手伝ってくれていまして、
3学年の結晶のような公演になりそうです。
ぜひぜひお越しくださいませ。(勿論入場無料)

顧問

あけましておめでとうございます。 

January 06 [Fri], 2012, 23:24
富西は今日が始業式でした。
午後から課題テスト。16時放課…にもかかわらず、
今年最初の部活を普通に18時半まで行いました。
参加者は1年4人、2年2人、3年1人。
このメンバーで3月25日(日)公演をします。
詳細は後日お知らせしますが、
今年も富西演劇部をよろしくお願いいたします。

顧問

上演から一ヶ月 

December 19 [Mon], 2011, 22:03
「書けない!」上演からちょうど一ヶ月。その後の演劇部は…
21日(月)後片付けと反省会。最後に2年だけ残し、
初めて彼女達が入学する前のことを話しました。
入学する四ヶ月前に四国大会に出場し、入賞できず、
少しずつ溝ができていた当時の2年を強制的に引退させ、
残った1年3人(現3年)も、私の手を借りようとせず、
私も彼女達を放置した結果、昨年は奨励賞になってしまったこと、
だからこの1年は私が指導してきたこと、
でも文化の森フェスティバルに出場しなかったこと、
などをわび、改めて引退するかどうかは本人の意志に任せる
と言いました。考える時間を1週間おき、その週は練習は休み。
11月28日(月)練習を再開しましたが、エースKが後輩のために
春まで演劇を続けると言ってくれました。
残る6人は勉強のために引退しましたが、入れ替わり立ち替わり
来てくれて1年と一緒に脚本を読んでいます。
受験が終わった3年Uは毎日練習に参加し、
1〜3年の演劇部員は寒さにも負けず活発に活動できております。
3学年が走り、運動し、発声し、脚本を読むのは顧問6年目にして
初めての光景です。
私が当たり前だと思っていたことが、実は全然当たり前でなく、
当たり前の光景をつくるのに6年かかりました。
今週末の四国大会も3学年混じった6人が観に行きます。
3月25日(日)にヨンデンホールで自主公演をする予定ですが、
できれば、3学年混じった公演がしたいなぁ、と考えております。
演目が決まり次第お知らせいたしますので、
まだ時々のぞいてください。

顧問

「書けない!」本番 

December 18 [Sun], 2011, 22:59
前日、ロビーで無駄な間や動きを省いたかいもあり
本番は51分で上演できました。
特に失敗もなく(段ボールが1箱緞帳前に飛びましたが)
キャストに関してはベストの出来だったと思います。
音響に関してはメッセージを書く模造紙に「大きすぎる」という
指摘があり、照明に関しても予定外のことがありましたが、
リハで場当たりが十分にできないぐらい多いきっかけを
作ってしまったのは私なので、オペの4人に責任はありません。

部員には悪いのですが、「書けない!」で四国大会に行けることは
まずないと思っていました。せめて優良賞に…と願っていたら
優良賞を取れたので、私は満足しています。
ある顧問の先生がブログで批評をされていらっしゃいましたが、
本当に上手く内容をまとめていらっしゃるので感心しました。
上手い役者はいるし、部分部分は面白いし、退屈もしない作品でしたが、
かなり無理な展開(地震、夢)に過去の全国大会の作品のマネなど
まとまりのない作品になってしまいました。
四国に行けなかった敗因は脚本にあったことは確かです。
もっともっといい脚本を書けるようになることが今後の課題です。
題名通り「書けない!」で終わった今年の県大会でした。

顧問

「書けない!」本番前日 

December 17 [Sat], 2011, 1:04
本番前日はリハーサルと受付準備。
正式部員10名が全員キャストのため
当初から音響と照明は、お手伝いさんの予定でした。
音響は自主公演も手伝ってくれたMさんとFさん。
Mさんは私のクラスの生徒でもあり、連絡も取りやすく
11月に入ってから毎日練習を見に来てくれました。
2人共責任感が強く真面目な生徒なので、安心して
音響を任すことができました。

困ったのは照明。場面転換が多い演劇になってしまった
ので、照明のシーン数も多くなってしまいました。
お手伝いさんでは無理かな、と思っていたら、
3年のUが11月4日に受験が終わり、それから毎日
練習に来てくれるようになったので、照明を頼みました。
とはいえUも照明は初めて。すると部長の友人でもあり、
昨年照明を手伝ってくれたY(昨年私が担任していた生徒)も
手伝ってくれることになりました。

これで部員10名+お手伝いさん4名+3年1名=15名で
「書けない!」を上演することになりリーサルに臨みました。
カッターライトに時間がかかり、照明は色組みで終わりましたが、
音響とキャストはラストシーンの場当たりができました。
前日に仕事の役割も決め、リハーサルの練習もしましたが、
客席で見ていると、部員の動きが遅いことが顕著にわかりました。
不器用で臨機応変ができない生徒が増えていることは確かです。
この1年間に自主公演を5回していたので、なんとか時間内で
できたのかもしれません。理屈を言うより経験が大切なことが
よくわかりました。これからも自主公演はどんどんやっていきます。

午後はお手伝いさんと副顧問の先生は学校に帰り、
パンフの折り込み作業など受付や会場の準備をしました。
時間が空いたらロビーの片隅で無駄な動きや間を短くする箇所を
指摘して、最初から流していきました。
途中で何度が作業で中断しましたが、
気になる箇所は全て練習することができました。

夕方から開会式、そして小松島と城ノ内の上演がありました。
受付業務、観劇をし、長い一日が終わりました。
いよいよ翌日19日の午後が本番です。

顧問

「書けない!」ラスト一週間 

December 11 [Sun], 2011, 23:08
13日(日)9〜17時まで練習。
本当の進路室にダルマが何個があったので
1個借りて(元々私が高崎で買ってきたもの)、
小道具に使っていましたが、小さくてリンゴに見えるので
練習後、大きいダルマをアミコに買いに行こうとしました。
すると部長が「総合学習の模造紙ここで書いていいですか?」と。
本番3日前、2年の総合学習の発表会があったのです。
「えっ?まだできてなかったの?どういうメンバーなの?」
「はい。私とKと○○(昨年私が担任していた生徒)…」
メンバーの名前を聞いて部長とKが中心であることがわかり、
その部長とKは連日練習なので、書く暇がなかったのでしょう。

ちなみにこの週は小テスト(COMPASSというのですが、
国英数の50点のテストで合格点の30点を取らなければ
再テスト、再々テスト…とエンドレスにテストが行われる)
もあり、部員にとっては多忙極まりない日々だったでしょう。
私も3クラス110枚の採点、再テスト、再々テスト…
総合学習の発表会の指導(「地理歴史・制度法律」講座の担当)
そして本当の受験生の小論文指導…
部員も顧問も怒濤の如くの日々でした。

そんなことはお構いなしに練習は連日7時過ぎ。
14日(月)〜17日(木)のうち通し稽古3回。
各々、間を取りすぎたり、無駄な動きが多くなり、
タイムはどんどん伸びて行きました。ひどい時は54分に。
どうにかしたいにも、どうにもならないまま
リハーサル前の17日(木)はリハーサルの練習もしたので
通し稽古が終わり、ダメ出しをしたら7時半過ぎ。
最後に道具を研修会館の1階まで運び、
食堂のおばさんから頂いたパンを食べ終わったら8時過ぎ。
そしてリハーサル、本番を迎えたのです。

顧問

「書けない!」通し稽古 

December 07 [Wed], 2011, 21:18
初の通し稽古は本番一週間前の11月12日。
タイムはちょうど50分。
緊張感や集中力もあって、通し稽古の中では
一番良かったように思います。
9・10日が課題テストだったので8日は練習休み。
9日は3時に放課になるので2時間だけ練習。
その間にラストのシーンを書き直しました。

年内に推薦で大学を決め、冬休みにスキーに行きたい
女子高生が志望理由書を書いているという設定。
志望理由書を書いている途中で地震がおき、落ちて来た
段ボールで意識を失う。夢の中で理想とは程遠い教師になり、
最後は生徒に段ボールを投げつけられ、現実の世界に戻る。
そこにやって来る本当の担任との会話がこの演劇のラストシーン。
ここで「推薦入試、がんばります!」では、辻褄が合わないでしょう。

実際、本当の受験生の中でも、「私がやりたいことではないのでは?」
と、推薦入試をやめた生徒がいました。
18歳の秋に初めてぶつかる避けては通れない壁。
面接練習や志望理由書を書きながら、将来のことを考え、
成長できたならば、「やめる」というのもアリかなぁ…と思い、
ラストは担任に「やめる」ことを告げる設定に変えました。

ラストの音楽は「トイレの神様」の植村花菜の「猪名川」
主人公の女子高生が携帯で母親に「推薦をやめる」ことを
話している時に流れ出し、だんだん大きくなり、やがて
話し声が聞こえなくなるぐらいフルボリュームになった所で
後ろに夢の中の女子高生達が出てきて、携帯をかけている
現実の女子高生を見つめている。そこで幕。

    君は夢をまだ追いかけていますか
    その手で君は何かを見つけましたか
    答えは今も見当たらないから
    きっとまだ夢の途中さ

10月の劇作研の帰りに「トイレの神様」が聞きたくなって
レンタルしたアルバムの中に偶然あった曲です。
この曲を車で聞いた時、
「演劇の神様は富西を見捨ててなかった」と思いました。
なんてこのお芝居にぴったりの曲でしょう。

顧問

「書けない!」立ち稽古 

December 07 [Wed], 2011, 0:39
打ち合わせの日から一週間程は
貯まり貯まった校務で練習にはほとんど行けませんでした。
おまえに風邪をひき、咳が止まらず(本番近くまで残りました)
最悪の状態でした。

部員には10月中に台詞を覚えるように指示し、
11月1日に台詞の暗記テスト(うちの学校は何かとテストが多いので)をし、
翌日から立ち稽古に入りました。

最初は、立ったまま、座ったままが多く、あっさりと流れていたのを
演技指導をしたり、小道具を増やしたり、台詞を変えたりして
少しずつ形にしていきました。
出番がない時は部室や廊下で練習させ、
時間の無駄がないようにもしました。

音の編集をし、私のクラスの音響のお手伝いさんにも来てもらい、
芝居が出来上がっていくにつれ、ラストシーンに違和感を感じました。
夢から現実に戻り、何事もなかったように推薦入試を受けるなら
夢のシーンに何の意味があったんだろう…。

それと着替えの問題。
夢では先生、現実では高校生。
スーツから制服への早替えをどうしたらいいか…。
暗転中とはいえ、バタバタ動くと客席から見えるし…。

県大会10日前の課題テストの頃、
様々な難題に悩まされていました。


                            顧問

「書けない!」の第二稿 

December 04 [Sun], 2011, 20:42
部員のエチュードや10月10日の大人劇作研で
いただいた御意見を参考に大幅な書き直しをしました。
是が非でも中間考査が終わるまでに書き終わらなければ、
上位入賞どころか上演そのものが危うくなってしまうと思い、
必死でした。なんとか中間最終日の19日に間に合い、
部員に読ませて、細かい部分を修正しました。

ちょうど中間最終日の午後の防災HRでクラスの生徒に
ガイドブック片手に緊急地震速報の説明をしている時、
「そうだ、これを使おう。」とひらめきました。
あの不気味な音が受験生の揺れる心や何でもありの受験制度
に非常に合っているように思えました。

次は25日のスタッフとの打合会に向けての準備。
荒削りのまま立ち稽古。
エリアを区切ったら、動けるだろうと最初からカッターライトを
使うことを考えていましたが、現実と夢の部分の差を出す
ためにカッターライトは最後の部分のみ使うことにしました。

24日は前日の学校公開日の代休で朝9時から練習。
午後から一部の部員を残し、立面図、提出用脚本の作成。
5時に部員は帰し、進路室で平面図を書いていましたが、
途中で間違いを発見。いろいろ考えたり、書き直したり、
照明や道具のことなど考えていたら、夕食も忘れ、
日付が変わってしまいました。
(進路室には大きな机やコピー機があるので作業しやすいのです)

25日になんとか無事に打合せが終わり、
さぁ、いよいよ本格的に県大会に向けての練習開始!
と、思いきや…中間考査や小テストの採点、本当の小論文指導
その上風邪をひき、惨憺たる日々が待っていたのでありました…。  

つづく

                                      顧問
 
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:トミニシ★エンゲキ
  • アイコン画像 現住所:徳島県
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
毎日が、えんげき・エンゲキ・演劇です みんなで楽しく演劇人生
最新コメント
アイコン画像サイトウ
» 春公演の御案内 (2011年03月22日)
アイコン画像K中顧問(?)
» 春公演の御案内 (2011年03月21日)
アイコン画像サイトウ
» 四国大会を終えて (2008年01月06日)
アイコン画像furuta
» 四国大会を終えて (2008年01月05日)
アイコン画像サイトー
» 徳島県大会の結果 (2007年11月24日)
アイコン画像ひかり
» 徳島県大会の結果 (2007年11月23日)
アイコン画像サイトー
» 徳島県大会の結果 (2007年11月20日)
アイコン画像まーや
» 徳島県大会の結果 (2007年11月19日)
アイコン画像フルタ
» 徳島県大会の結果 (2007年11月19日)
アイコン画像フルタ
» 徳島県大会の結果 (2007年11月19日)
Yapme!一覧
読者になる