夜行観覧車 第2話 あらすじ・予告・ネタバレ

January 19 [Sat], 2013, 18:38
夜行観覧車 第2話 あらすじ・予告・ネタバレ
2013年1月25日(金)夜10時(TBS)


 2013年1月22日、事件当日。

遠藤真弓(鈴木京香)の向かいに住む、高橋家の主人・高橋弘幸(田中哲司)が
殺害された。

弘幸の娘・比奈子(宮ア香蓮)のもとに事件を担当する刑事の結城(高橋克典)が
事情を聞きにやってきた。

比奈子は事件の日、友人宅に泊まりに行っていた。

事件を境に行方が分からなくなっている弟の慎司(中川大志)ことを知らされ、
不安になる比奈子。

その頃、弘幸の妻・淳子(石田ゆり子)は、病院の診察台に横たわり、ぼんやりと
宙をみていた。


 向かいの高橋家を心配する真弓は、娘・彩花(杉咲花)の家庭内暴力に耐える
日々が続いていた。

夫の啓介(宮迫博之)は寝たふりをして、事件が自分の家族でなく、高橋家で
起きたことに違和感を感じていた…。


<1話で、鈴木京香 (遠藤真弓)さんが着用していた衣装・タトラスのダウンコート>



 2010年 春。

真弓は、中学受験に失敗して公立中学校の制服を着た娘・彩花と夫の啓介とともに
中学校の入学式に向かう。

中学受験には失敗したが、小学校からの親友・志保(吉田里琴)たちと一緒に
学生生活おくれると彩花は楽しみにしていた。

真弓が気づいていなかったが、彩花は志保たちの接し方が変化しているのに気づく。


 同じ頃、「ひばりヶ丘」自治会婦人部の部長・小島さと子(夏木マリ)は、
開いていた手芸の会で、「ひばりヶ丘」の一つの家庭で結婚が決まったので、結婚
パーティーを開くことを話していた。

さと子は真弓を結婚パーティーに誘うのだが、真弓が高級住宅地「ひばりヶ丘」に
住むのに相応しくないと考えるさと子は、不穏な笑みを浮かべていた。

お祝いで包む金額が、「ひばりヶ丘」では一律10万円だと知り驚く真弓にさと子は
苛立ちを覚える。

真弓にお祝いの会に着ていく服を尋ねられたさと子は、気取らない会だと答える。

家に帰った真弓は家計簿を見つめながら、「ひばりヶ丘」から離れたスーパーでの
パートを決意する。


 結婚パーティーの当日、和服の訪問着を着ているみんなの中で、ただ一人ワンピース
姿の真弓は、出張シェフが用意した料理が、次々と運ばれている中、顔を上げることが
できない。

「素敵な洋服」とさと子に嫌味を言われた真弓が「気取らない会だ」と聞いたからと
言い返すと、「私が悪いというのか」「テーブルマナーを知っているのか」と言われ
皆の前で恥をかかされた。


 結婚パーティーの後、真弓が淳子に愚痴をこぼしていると、淳子の息子・慎司が
学校の成績で落ち込んでいる話を聞かされる。

お互いの悩みを打ち明けた真弓と淳子は、微笑みあうのだが…。


<1話で、鈴木京香 (遠藤真弓)さんが着用していた・ボタンワークスのキーホルダー>



おトメさん 第2話 あらすじ・予告・ネタバレ

January 18 [Fri], 2013, 6:20
おトメさん 第2話 あらすじ・予告・ネタバレ
2013年1月24日(木)夜9時(テレビ朝日)


 水沢麻子(黒木瞳)は、嫁・李里香(相武紗季)の荷物の中をこっそり覗き、
男性の名前がずらりと書き込まれた手帳と名刺の束を見つけ、李里香の過去に
疑念を膨らませる。


 麻子は遠回しに探りを入れながら、李里香の化けの皮をはがそうとするが、
シッカリ者の李里香は容易にボロを出しそうになかった。

かえって、嫁の尻尾を掴もうとする事に夢中になりすぎて、料理中にうっかり
ボヤ騒ぎを起こしてしまい、テキパキとした李里香の対処で延焼を防ぐ事が
できたが、『おトメさん(姑)』の面目丸つぶれになってしまう。


 翌日、働きに出ると言い出した李里香に、息子・優太(郭智博)も夫・博行
(石田純一)も手放しで賛成するが、過去の派手な男性関係を疑っている麻子は、
頑なに反対する。

家庭内で孤立していく麻子は、家族に内緒で李里香の男性関係を暴露しようと
決意し、名刺の中にあった院長・有村洋二の美容外科へと向かう。

患者のふりをして有村から李里香の情報を聞き出そうとするが、記憶にないと
言う有村。

だが、李里香の写真を見た瞬間、有村の顔色が変わっていく…。


 李里香の衝撃の過去を知った麻子は、さらに大胆な行動へと出ていく。

その頃、麻子たちが住んでいる住宅街で起きた男性失踪事件を追う刑事・呉竹
(大地康雄)は、何故か李里香に目を付け始めて…。



<1話で、黒木瞳(水沢麻子)さんが着用していたROSEMONT(ロゼモン)の腕時計>



シェアハウスの恋人 第2話 あらすじ・予告・ネタバレ

January 17 [Thu], 2013, 18:17
シェアハウスの恋人 第2話 あらすじ・予告・ネタバレ
2013年1月23日(水)夜10時(日本テレビ)


 津山汐(水川あさみ)は、恋人なし、友人は深夜のコンビニという30歳のOL、
何となく自分を変えたいと願っていた。

汐と、宇宙から来たと自称する川木辰平(大泉洋)と、妻と息子を置いて家を
出てきたらしい櫻井雪哉(谷原章介)の3人でのシェアハウスでの生活が始まった。


 汐は、雪哉に惹かれていたが、ある夜、雪哉が辰平にキスをしているところを
目撃しショックを受けたが、その後も汐や辰平に心を開かない雪哉は、シェアハウス
のルールも守らず、汐と辰平は彼に振り回されていた。


 ある朝、汐のもとに雪哉の息子・櫻井空知(君野夢真)から手紙が届いた。

その内容は、雪哉の妻・櫻井真希(須藤理彩)からの衝撃のメッセージと1枚の
離婚届で、汐と辰平は雪哉にそれを渡しても大丈夫かと頭を悩ませる。


 一方、汐の弟の津山 凪(中島裕翔)と恋人の綿野カオル(川口春奈)は、
汐の今後の人生を心配し、まず雪哉を追いだし、汐がシェアハウスから出て
行きたくなるように画策する。

あの手この手で罠を仕掛けるのだが凪とカオルの2人なのだが。


 一連の騒動のもマイペースを貫く雪哉、汐と辰平は、雪哉に離婚届を見せる
ことを決意するのだが…。





サキ 第3話 あらすじ・予告・ネタバレ

January 16 [Wed], 2013, 19:05
サキ 第3話 あらすじ・予告・ネタバレ
2013年1月22日(火)夜10時(フジテレビ)


 網浜サキ(仲間由紀恵)は、弁護士の野村(萩原聖人)が断ち切れぬ思いを
抱いている祐樹(原田佳奈)が、野村の実の妹だったと知ると野村の不在の時に
訪ねてきた祐樹をランチに誘い出す。

最初はぎこちなかった祐樹も優しく聞き上手なサキに、しだいに心を開いていき、
野村との関係を話し、離婚を考えている自分に、兄が相談に乗ってくれないと
告白する。

「私に任せてくれる?」とサキは祐樹に申し出る。

野村が夜に帰宅すると、野村を傷つけたことを詫びるサキの手紙が置いてあり、
手紙を読んだ野村は、再びサキを食事に誘う。


 一方、隼人(三浦翔平)は取材の帰りに、親戚の誕生日プレゼント選びを
手伝ってほしいと上司の直美(内田有紀)に持ちかけ、二人で店に行くと
真剣に品物を選ぶ隼人の姿に直美は、恋心を感じ取る。

プレゼントを選んだ帰り二人は、食事に行こうとしていた野村とサキに出くわし、
隼人の無愛想な態度に「ヤキモチやいているみたい」と直美はからかう。


 レストランでは、祐樹から話を聞いたとは言わずに野村に生い立ちを尋ねながら、
サキは巧妙に妹の話題に水を向ける。

「妹がいるが離婚したがっている」と話す野村に、サキは「野村と夫を比べて
しまうから仕方がない、運命の相手は他にいるはず」と思わせぶりな発言をして
野村を動揺させる。


 次の日、理事長の須藤(高嶋政伸)が、妻の恵(富田靖子)とともに病院の
廊下を歩いているとサキと出くわし、須藤は妻・恵をサキに紹介する。

「理事長は愛妻家だって病院中のうわさですよ」というサキの言葉に恵は屈託なく
応じるが、須藤の胸には複雑な思いがよぎっていた…。



<第2話で、萩原聖人(野村)が着用していたクロトンの腕時計>



ビブリア古書堂の事件手帖 第2話 あらすじ・予告・ネタバレ

January 15 [Tue], 2013, 20:04
ビブリア古書堂の事件手帖 第2話 あらすじ・予告・ネタバレ
2013年1月21日(月)夜9時(フジテレビ)


 篠川栞子(剛力彩芽)は、小山清の『落ち穂拾ひ』を盗まれた「せどり屋」
の志田肇(高橋克実)を五浦大輔(AKIRA)に紹介するが、盗まれて気落ちして
いる志田は大輔にあいさつもせず、本を盗まれたときの状況を話し始めた。


 志田は、ある寺に自転車で向かい着いたとたんに腹痛がした。

志田が荷物を残したままトイレへと駈けだしたとき、後ろで音がしたので
振り返ると女子高生らしい少女(水野絵梨奈)と自転車が倒れているのが見えた。

戻って声をかけた志田には見向きもせず、自分の紙袋の中身を確かめた少女。

志田は少女が気になったが、少女に自転車を起こしておいてくれと頼むと
その場を立ち去りトイレに向った。

そして、トイレから戻ると『落ち穂拾ひ』だけが紛失していた。

志田は、少女が盗ったのは間違いないと言う。


 少女が『落ち穂拾ひ』を盗った理由こそが少女を探す鍵になると栞子は言い、
志田がトイレから戻ったとき、自転車とほかの本はどうなっていたのかと聞く。

自転車も本もその場に放置されていて、仲間の笠井菊哉(田中圭)が本を拾い
集めてくれていたと話した。

そして、寺からバス停へと走り去る少女を笠井が目撃していたとも話す。


 大輔は、栞子の提言で笠井に会いに行き、少女に頼まれた笠井がハサミを
貸していた事を聞き出し、それから少女はバス停まで走ったが、バスには
乗らなかったとの証言も得た。

栞子は、戻ってきた大輔の話を聞いて、少女が盗むのは『落ち穂拾ひ』で
なければならなかったのだと言い…。


<五浦大輔(AKIRA)が着用した衣装・VICTIM (ヴィクティム)のニット>
VICTIM SOFT GUERNSEY KNIT【02P14Sep12】

VICTIM SOFT GUERNSEY KNIT【02P14Sep12】
価格:18,375円(税込、送料込)





夜行観覧車 第1話(初回) あらすじ・予告・ネタバレ

January 12 [Sat], 2013, 18:15
夜行観覧車 第1話(初回) あらすじ・予告・ネタバレ
2013年1月18日(金)夜10時(TBS)


 2013年1月。

遠藤真弓(鈴木京香)は、自宅の向かいに住む高橋淳子(石田ゆり子)の家の前に
救急車が止まっているのに気づいた。

真弓の夫・啓介(宮迫博之)は、その様子を青ざめた顔で覗き窓から覗いていた。

真弓の娘・彩花(杉咲花)は、薄暗い部屋でじっと丸まっていた。

淳子の息子・慎司(中川大志)は、淳子が錯乱しながら家から出てくる様子を
遠くから、涙が滲む瞳で見つめていた。

坂留警察署の刑事・結城哲也(高橋克典)は、「ひばりヶ丘」全体にある得体の
知れない違和感を覚えていた。


<ドラマで、鈴木京香(高橋淳子)さんが着用していた衣装・ロゼモンの腕時計>



 2009年9月。

遠藤一家は、無理をして高級住宅地「ひばりが丘」に小さいながらも一軒家を建て、
引っ越してきた。

真弓は、一軒家に家族で幸せに暮らすという小さい頃からの夢を叶えたはずだった。


 遠藤家の向かいには、病院を経営するエリート医師の夫・弘幸(田中哲司)、
美人で完璧な妻・淳子、秀才でエリートの長男・良幸(安田章大)、名門校に通う
長女の比奈子(宮ア香蓮)、スポーツ万能の次男・慎司という高橋家が住んでいた。

豪邸に住み、何不自由なく幸せそうに暮らしている高橋家は、真弓の理想だった。


 引越しの挨拶まわりをする真弓を、近所の人は相手にしてくれず、不思議に思う
真弓が淳子に相談をすると、自治会婦人部の部長を務める小島さと子(夏木マリ)への
挨拶を一番にするべきだと注意をされる。

真弓が淳子とともにさと子の家を訪れると、優しい対応をしながら家に招きいれた
さと子は、ひたすら笑ってはいるが、その目が笑っていなかった。

高級住宅地「ひばりヶ丘」に住むのに真弓は相応しくないと考えた、さと子は…。


<ドラマで、石田ゆり子(遠藤真弓)さんが着用していた衣装・アンテプリマのバッグ>



おトメさん 第1話(初回) あらすじ・予告・ネタバレ

January 11 [Fri], 2013, 18:53
おトメさん 第1話(初回) あらすじ・予告・ネタバレ
2013年1月17日(木)夜9時(テレビ朝日)


 水沢麻子(黒木瞳)は、姑から執拗にいびられながら耐え続け、二世帯同居の
家庭を守ってきた。

そんな麻子も姑の死により、悪夢のような同居生活から解放されたはずだった
のだが…。


 姑の死から2年、一人息子の優太(郭智博)と新婦・李里香(相武紗季)の
結婚式の日を迎えていた。

麻子も夫の博行(石田純一)も2人の結婚には反対だったが、一歩もひるまぬ
優太と李里香に、麻子は自分たちとの同居を結婚を許す条件とした。

麻子は、李里香がその条件を当然断るものと思っていたが、李里香は笑顔で
条件を受け入れた。

そうして、結婚式を迎える事になり、麻子は嫁に優しくしようと心に決めるが、
何故か不吉な胸騒ぎが…。


 優太と李里香が新婚旅行から帰ってきた日、麻子は李里香とお酒を飲みながら、
嫁姑問題や博行の浮気歴の話で大盛り上がり、2人は意気投合していった。

翌日、二日酔いの頭を抱えながら起きてきた麻子が見たのは、片づけや朝食の
準備を終えた完璧な嫁の姿だった。

しかし、李里香のその行動に不信を感じる麻子は、偶然、新妻にはあるまじき
会話を盗み聞きしてしまい、ますます李里香への不信が強まっていた。

意気投合したはずの嫁と姑だが、しだいにギクシャクしていく。


 そのころ、2人が暮らす住宅街でも謎の失踪事件が起きたり、不穏な空気が
流れ始め、とうとう刑事たちの捜査の手は水沢家にも伸びてきて…。


<ドラマで、相武紗季(李里香)さんが着用していた衣装・coen(コーエン)のパーカ>
【40%OFF】coen RUSSELL スエットZIPパーカー

【40%OFF】coen RUSSELL スエットZIPパーカー
価格:3,591円(税込、送料込)




シェアハウスの恋人 第1話(初回) あらすじ・予告・ネタバレ

January 10 [Thu], 2013, 18:36
シェアハウスの恋人 第1話(初回) あらすじ・予告・ネタバレ
2013年1月16日(水)夜10時(日本テレビ)


 津山汐(水川あさみ)は、自分が傷つかないためにいつも笑顔を作っていた。

彼女は、恋人なし、友人は深夜のコンビニという30歳のOL、そんな彼女に
閉鎖寸前の営業所への転勤の辞令が下った。

孤独に負けそうになっていた夜、コンビニの新人店員らしい男・櫻井雪哉
(谷原章介)と出会った汐は、彼にトキメキを覚える。


 汐は、転勤をきっかけに自分が変われたらとシェアハウスに住むことを決意。

同居人は、
スーパーで働いている気さくで話しやすい男・川木辰平(大泉洋)、
自分の年齢と境遇に悲観してばかりいる山吹(三浦理恵子)。

汐の弟・津山凪(中島裕翔)は「こんなところに住んだらますます結婚が遠のく」
と心配するが、汐は他人との共同生活を楽しんでいた。


 ある日、山吹の誕生パーティーを企画した汐と辰平だったが、山吹の本音を
知って汐は深く傷ついてしまう。

そんな汐に、思いを寄せていることを告白する辰平だが、同時に自分が宇宙人
であることも告白して、汐は冗談だと相手にしない。


 そんな時、シェアハウスに弟の凪とその恋人・綿野カオル(川口春奈)が、
櫻井空知(君野夢真)という一人の少年を連れてくる。

いなくなった父親を探して長野から出てきたという空知の話で、汐は空知が
探している父は雪哉だと悟り、行方不明になった雪哉を探しに向かうが…。


<ドラマで、水川あさみ(津山汐)さんが着用していた衣装・UGG(アグ)のブーツ>



サキ 第2話 あらすじ・予告・ネタバレ

January 09 [Wed], 2013, 19:02
サキ 第2話 あらすじ・予告・ネタバレ
『悪女の微笑みは復讐の始まり…最初の標的は』
2013年1月15日(火)夜10時(フジテレビ)


 網浜サキ(仲間由紀恵)から「あなたのことをもっと知りたい」と好意が
あるようにほのめかされ、弁護士の野村(萩原聖人)はサキのことが気になり始める。

その野村には同性愛者のうわさがあり、「離婚したので連絡がほしい」という
内容のメールが祐樹という人物から何度も届いていた。

野村は、苦悩を振り払うかのようにサキの携帯に電話をかけた。


 一方、夕食を作ってあげたいという連絡をサキから受けた隼人(三浦翔平)は、
恋人の百合香(黒川芽以)との約束をほごにして、サキと夕食の約束をする。


 そのころ、親睦会に自分が出席しないのを知ったサキが、残念がる様子を見た
理事長の須藤(高嶋政伸)は、サキに好意を持ち始めていた。


 隼人の自宅を初めて訪れたサキは夕食の準備を始め、隼人に「姉弟であることを
秘密にしておこう」と提案する。


 翌日、連絡がつかないサキに会いに行った野村は、サキを食事に誘う。

サキは野村と食事をしながら「断ち切れない恋を忘れる方法は新しい恋をすることだ」
と思わせぶりな発言をする。

そして、ほどよく酔っている野村に「今日野村さんの家に泊まってもいいですか?」と
問いかける・・・。



<第一話で、仲間由紀恵(網浜サキ)さんが着用していたロンシャンのハンドバッグ>



ビブリア古書堂の事件手帖 第1話(初回) あらすじ・予告・ネタバレ

January 08 [Tue], 2013, 18:15
ビブリア古書堂の事件手帖 第1話(初回) あらすじ・予告・ネタバレ
2013年1月14日(月)夜9時(フジテレビ)


 篠川栞子(剛力彩芽)が店主を務める「ビブリア古書堂」に、五浦大輔(AKIRA)が、
古書の査定をして欲しいとやってきた。

大輔が持ち込んできた本は、『夏目漱石全集』で、その『第八巻 それから』に
夏目漱石の署名があり、高く売れるのではと期待した大輔の祖母・恵理(松坂慶子)から
頼まれて「ビブリア古書堂」に本を持ってきた。

本を手にとりじっと考えていた栞子は、サインは偽物だと言い、礼を言い立ち去ろうと
する大輔に栞子は、サインを書いたのは祖母自身としか考えられないと告げた。

唐突な話に証拠はあるのかと尋ねる大輔に対して、栞子は驚くべき推理を展開する。


 後日、大輔は「ビブリア古書堂」に栞子を訪ねて、祖母・恵理に確認した内容が
栞子の推論通りだったことを告げ、本を見ただけでなぜそこまでわかるのか、と聞いた。

興奮気味の大輔の質問に、栞子は困惑し言葉を濁す。


 数日後、大輔は栞子と再開し「ビブリア古書堂」にやってきて、自分は本を読むと
気分が悪くなる体質だと明かす。

そんな大輔に栞子は、古書店の人間に必要なのは、本の内容を知っていることではなく
本の市場価値を知っていることだと説き、この「ビブリア古書堂」で働いてみないか、
と言う。

大輔は、迷いながらもその申し出を受けることにした。


 その翌日、栞子と大輔がいる「ビブリア古書堂」に志田肇(高橋克実)がやってきて、
小山清の『落ち穂拾ひ』が盗まれたと言った。

それを聞いた栞子は…。



<五浦大輔(AKIRA)が着用した衣装・フィデリティのPコート>



P R
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たくたく
読者になる
Yapme!一覧
読者になる