ff14 rmt 独自機能は悪くないが,アナログスティックに問題あり

October 19 [Sat], 2013, 11:29

  筐体裏面には[TARGET]ボタンが搭載されている。このボタンは,押している間,右アナログスティックの感度を大きく下げるという機能を持っており,FPSプレイ中に使うと,視点移動の動きがガクンと鈍くなる。狙撃時など,正確に敵を狙いたいとき利用することが想定されているのだろう。


  ちなみに,[TARGET]ボタン使用時のスティック感度は,ゲーム内の設定やFPS-APのダイヤルによる設定に左右されず,常に一定となる。


  ■イルミネーションLED


  ゲームパッド上部と,グリップの内側に配置されたイルミネーションLEDは,電源の入ったPS3に接続することで青く発光する。またFPS-APは,サードパーティ製ゲームパッドながら振動機能に対応しているのだが,振動するタイミングで,LEDの色が赤に変わるギミックも用意されている。


  LEDはけっこうまぶしいので,邪魔になるという人はいるかもしれないが,[SELECT]ボタンを3秒間長押しすればオン/オフが切り替え可能なので,大きな問題はないだろう。


  独自機能は悪くないが,アナログスティックに問題あり


  それでは,実際に本機でPS3版「バトルフィールド 3」をプレイして,その使い勝手を確認してみよう。


  ……と意気込んでみたものの,まず最初にお伝えしておかなければならない残念なお知らせがある。使ってみるとすぐに気付くのだが,困ったことにFPS-APは,アナログスティックの入力精度が著しく低いという,非常に大きな問題を抱えているのだ。


  原因となっているのは,スティックを倒して入力が成立するまでの“遊び”の幅だ。個体差なのかもしれないが,今回試したFPS-APの場合,スティックを左に倒すと遊びが非常に大きく,一方で右に倒すと遊びが少ない。


  左右の遊びが違っているだけでも問題だが,とくに酷いのは左側の挙動だ。ゆっくりとスティックを倒していくと,しばらくは視点がピクリとも動かないのだが,スティックがある角度に達した段階で突然敏感に動き出す,という状態になってしまうのである。Xbox 360版でも試してみたのだが,こちらも同じ挙動を示したので,どうやら不具合ではなさそうだ。

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/dragonquestrmt/index1_0.rdf