人脈の作り方:人脈づくりの原点 

2009年05月13日(水) 17時44分
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<人脈の作り方:人脈づくりの原点>
――――――――――――――――――

人間は決して一人で生きているわけでは
ありませんよね?
家族、親戚、近所の人、友人、
会社の先輩、後輩、上司、同僚などなど
社会生活はこうした数多くの人々がいて
成立しています。
人脈づくりといっても前回もお話したように
なにか特別な技術や秘法があるわけではありません。
すでにあなたの周囲に築かれているものを
さらに広く、深く、していくだけのこと。
まずは自分の足元を見直すことが
人脈づくりの原点となります。

世の中には顔の広い人とそうでない人がいますよね?
確かに顔の広い友人が数人いれば
人脈をつくるうえで大きな威力を発揮すると思います。
しかし、そうした社交的な人が皆、すばらしい人脈を
持っているかといえば必ずしもそうではありませんし、
逆に世間からは人づきあいが悪いと思われている人の中に
窮地に立ったときに力となってくれる有力な知人に
恵まれた人もいるでしょう。
こうした打算のない信頼関係を結ぶには
長い時間を必要とします。
幼なじみや学生時代の友人が結局は
気のおけない友人となっている場合は多く、
年月を経た信頼関係はいざというときに必ず
自分を助けてくれます。特に若い頃に始めたつきあいは
将来、大きな実を結ぶはずです。

でも、折り合いの悪い親戚や、心を開くことができない友人や、
意見の合わない仕事仲間といったものが誰にでもいますよね?
好きではないけれども、仕方なくつきあわざるを得ない
人間関係というものもあるでしょう。

人脈をつくろう、人脈を広げていこうと思うならば
まず心をオープンにして、たとえ相手が悪い人だったとしても
必ず一つはあるであろう相手の良い面や長所に
目を向けるくらいのゆとりを持つことが大事。
ムシの好かないことを理由につきあいの幅を狭めれば
人脈はやせ細ってしまいます。

現在、正解・経済界・スポーツ界・・・と
あらゆるジャンルで二世ブームが続いていますね。
「地盤」「看板」「カバン(金)」が重要とされている政界は別として
本来は実力の世界であるはずの芸能やスポーツの世界でも
二世の活躍が多く見られるのは、親の持つ強力なコネクションが
有利に働いていることが容易に想像がつきます。

こうした「親の七光」を無批判に推奨するわけではありませんが
家族の持っている人脈を良い形で活用するのは
決して悪いことではないと思います。

もともと「家族」というものは、社会を構成する最小の単位。
そして人間が生まれて最初に向かい合う「他人の集団」
でもあります。
人脈をつくっていくうえでもう一度、自分と親や兄弟との関係を
見つめ直してみましょう。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<今回のビジネス成功ポイント>
―――――――――――――――――――

■人脈づくりは「自分」からスタートする

■心をいつもオープンに持つ

■家族という人脈を活かす

人脈というものは少なからず誰もが持っているもの。
自分の足元を見直すことから初めてみましょう(^^)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>
――――――――――――――――――――――

人脈づくりの10の心構え、というものがあるので、
今回はそれをご紹介しますね。

■まず打算を捨てる
  ビジネスのうえで求められる人脈であるからこそ、
  損得を抜きに考える。

■即効性を求めない
  すぐに自分に見返りがあるものとして人とつきあわないこと。
  長いスパンで考える。

■得るより前に与える
  ギブ・アンド・テイクの考え方は大切だが、一方的に求めるだけの
  人間関係は長続きしません。テイクの前にギブを。

■縁を大切にする
  人間が一生の間に知り合える人の数などたかがしれたもの。
  まずは量よりも一つ一つの縁を大切にする。

■相手を思いやる
  相手があってこその自分なのだという気持ちを
  忘れないようにする。

■柔軟性を持つ
  人脈は自分とは異質の人間がいてはじめて成立するもの。
  異質な他人とのつきあえるだけの柔軟性を身に付ける。

■積極人間になる
  次のステップに進む勇気を持つ。

■自分をつくる
  自分とつくるとは、他人から見て魅力的な人間になること。
  人脈づくりとは自らを磨くこと。

■ふれあいを大切にする
 精神的な「近さ」を大切にすること。

■人間を好きになる
  相手に好意を持てば、その意思は自然に相手に伝わるはず。
  それがいい人間関係へと発展する下地をつくる。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Dragon
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
本業の収入だけでは将来の生活が不安になり、自宅で収入を得る副業を始めました。
軌道に乗り、おかげさまで、今では年収1000万円を稼ぐ事ができています。

ここでは、副業からうまくいくコツや考え方、最新の情報から日常の些細なことまで、ジャンルを問わず、いろいろなことをお伝えしていこうと思います。
ランキングにご協力を! 
↓↓↓↓↓↓ 
 
 
ランキングジャパン 
相互リンク by 相互リンクのBloggyPro 
track feed 30までに年収1000万と自由な時間を手に入れた方法!!  



超厳選!オススメショップ!! 
↓↓↓↓↓ 
全国トップクラスの激安サイト 
家電ならココ! 
店頭じゃちょっと買いづらいアダルト・・・ 



2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像jjjj
» 潜在意識を知るvol.7 (2009年01月18日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE