【 更新情報 】

スポンサードリンク

ドラクエ1のレビュー

ドラクエ1は、ドラゴンクエストシリーズ第一作です。
第一作だけあって、全シリーズ中でも、というか全RPGゲーム中でも、
もっともシンプルな作りになっています。まず主人公は一人ですし、
イベントの数も多くありません。

転職システムやキャラクターメイキングなどの要素もなく、
ただ敵を倒してレベルをあげるだけで、装備品にも数値の強弱以外で特別な違いはなく、
最終的には「ロトの剣」や「ロトの盾」と呼ばれる伝説の武器を揃えるだけです。

ですが、「シンプル・イズ・ザ・ベスト」なんて言葉もあるように、シンプルにはシンプルのよさもあります。
特に最近のPS2以降のRPGでは、
ハードの能力に任せて設定やパラメータが多すぎてわけのわからないことになってるゲームも多いです。
かなり複雑になっています。

ドラクエ1は、村人などから情報を集めて、モンスターを倒して経験値をあげてレベルアップ、
そして新しい装備の購入、いざ、ボス戦という究極的に王道的なスタイルです。
さすがに今からファミコン版をやると、ドット絵などが荒すぎて辛いかも知れませんが、
携帯アプリとしても移植されてますので、そちらでやる分には楽しいと思います。

シリーズ一作目ですが、ストーリー的には各作品に連続性はほとんどありませんので、
別に順を追ってプレイしていく必要はありません。

ドラクエ以外のゲームシリーズ

スクウェア・エニックスから発売されているドラクエ以外のシリーズにはいろいろありますが、
まずオススメなのはクロノトリガーです。
クロノ・トリガーは、ファイナルファンタジーシリーズの坂口博信氏と、
ドラクエシリーズの堀井雄二氏、鳥山明氏が組んで作成したゲームです。
もともとは1995年にSFC用で発売された作品ですが、のちにPS版やDS版として移植されているので、
いまからプレイするならそちらがオススメです。

次にスターオーシャンシリーズもオススメです。
さすがにドラクエやファイナルファンタジーに比べると一歩劣る感はありますが、
テイルズオブシリーズと並ぶ人気RPGタイトルです。
スターオーシャンのテーマはSFです。
ドラクエやFF、テイルズなどは基本的に剣と魔法のファンタジーの世界ですが、
スターオーシャンシリーズは、剣と魔法とSFの世界観なのです。
スターオーシャンシリーズはリメイクを除くと現在四作品が出ています。

いただきストリートシリーズは、ドラクエと同じく堀井雄二氏が製作したゲームです。
こちらはRPGではなくボードゲーム、パーティーゲームとなっています。
ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial及び、
ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート ポータブルには、
ドラクエのキャラクターも登場しますので普段ボードゲーム系をプレイしないドラクエファンにもおすすめです。

ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーシリーズは、ドラクエシリーズと並ぶ日本を代表するRRGゲームです。
実際には、国内ではドラクエの方が強いですが、
海外ではファイナルファンタジーの方が強いと言った感じでしょうか。

ただし、発売の間隔が違うのと、双方にナンバリングタイトル以外にも
スピンオフタイトルが沢山発売されていますので、合計で見ますとなんとも言えないところがありますが
ドらゴンクエストとファイナルファンタジーは日本を代表する二大RPGタイトルであることは間違いありません。

普通に考えますと、ドラクエとファイナルファンタジーはライバル同士、
エニックスとスクウェアも仲が悪そうですが、実際には、
ドラクエをやるプレイヤーはファイナルファンタジーもプレイするし、
ファイナルファンタジーをやるプレイヤーはドラクエもやりますので、別に競合はしないのです。

2003年にはエニックスとスクウェアは合併してスクウェア・エニックスにもなっています。
合併以前からクロノ・トリガーなどの協力タイトルがありましたが、
合併したことにより、ドラクエとファイナルファンタジーの両キャラが出演する
いただきストリートSPなんてお祭りゲームも発売されています。

ドラクエシリーズは、プレイヤーが主人公になりきって自由に世界を冒険していく感じですが、
ファイナルファンタジーシリーズは、プレイヤーは名前のあるキャラクターに感情移入をして、
そのストーリーラインに乗って物語を楽しむといった感じのスタイルです。

どっちが好きかは好みしだいですが、どちらも良作RPGであることは確かです。

音楽作成・すぎやまこういち氏

ドラゴンクエストシリーズを語る上で、外せない要素に音楽があります。
誰しでも1度は聞いたことがあるであろうオープニングの音楽を始め、
ドラクエのゲーム内ではさまざまな荘厳な音楽が、随所に散りばめられています。
音楽はゲームを盛り上げる重要なポイントです。

そんなドラゴンクエストシリーズの音楽をいってに手がけているのが、すぎやまこういち氏です。
ドラゴンクエストソードのみ松前真奈美氏も音楽を作成していますが、
残りは外伝作品なども含めて全作品がすぎやまこういち氏が担当しています。

すぎやまこういち氏は、1931年生まれ、2009年では実に78歳という高齢であられます。
ゲームミュージック業界の巨匠と呼ばれ、日本バックギャモン協会名誉会長、
日本作編曲家協会理事、日本音楽著作権協会評議員、国家基本問題研究所評議員、
一票の格差を考える会代表、日本カジノ学会理事も務められています。

すぎやまこういち氏は、作曲だけではなく、
ドラゴンクエストの開発の企画立案の段階からプロジェクトチームに参加しています。
ですが、それはU以降の話で、第一作目の時には、僅か一週間だけの期間で音楽を作成されました。

すぎやまこういち氏はもともと無類のゲーム好きで、ゲーム暦70年を自称されておられます。

ドラクエの生みの親・堀井雄二氏

ドラゴンクエストの生みの親、堀井雄二氏は、1954年生まれ兵庫県出身のゲームデザイナーです。
ドラゴンクエストシリーズの生みの親として有名ですが、
その他にもポートピア連続殺人事件、北海道連鎖殺人オホーツクに消ゆ、
軽井沢融解案内、いただきストリートシリーズ、クロノトリガー、ファミコンジャンプUなど手がけています。

また、ゲーム製作以外にも、本田一景のペンネームで漫画原作なども行なっています。
現在、堀井雄二氏が主に製作しているのはドラクエシリーズといただきストリートシリーズですが、
ポートピア連続殺人事件も評価の高い作品です。

ポートピア連続殺人事件は、
PC版が1983年に発売され、FC版は1985年に発売されました。
現在は携帯版でプレイすることもできます。

オリジナルのPC版作品は、ゲームのプログラム・シナリオ・グラフィックなど、
すべての作業を堀井雄二氏が一人で行っています。
後にファミコンに移植された際には、ファミコン初のアドベンチャーゲームともなりました。

堀井雄二氏は、温和で謙虚な性格な人だと知られていますが、
一人のゲームデザイナーとしては厳しいところもあります。
堀井雄二氏の作品独特の文章やセリフは掘井節と呼ばれてファンの間で親しまれています。