無題

November 06 [Thu], 2008, 8:35
あの人の話を聞きすぎて後悔した
でも聞かないと先輩のことも知れない気がして
聞かないといけないと思った
今でもあの人のこと思い出しては夜ひとりで
泣く先輩を少しでも楽にしてあげたくて
聞いてあげるからって言った
それは今でも思ってる
あたしが先輩を楽にしてあげれるなら
なんでもしてあげたいけど…
全部を聞くのは辛すぎるとも思った
多分あたしが聞いたことはあの人との
出来事の半分もないんだと思う
話を聞くたび、思い出すたび
涙が止まらなくなる



「助けてください!」ってあの人が叫んで
知らない男の人の後ろに隠れて
先輩はその人にはりとばされた
駅で、知ってる人も何人もいる前で

初めのころは先輩がチャリでずっと
あの人のこと家まで送ってた
先輩が家に帰るのは毎日11時ごろに
なってたけど…

高2の時の文化祭は喧嘩してて
一緒にまわってもらえなくて先輩は
ずっと泣いてた

先輩はスカートが短いのも
男の人とすれ違うのも隣の席になることも
授業中ノートをとるのも許さなかったし
休んじゃいけない授業も休ませたりした
先輩がいない日の授業のノートは
あの人がかわりにとってた…
化粧もさせなかった
卒アルの個人写真のときも

あの人は前の日まで「好き」って言ってたのに
次の日いきなり「もう会えない」って言ってきて
何を言っても「無理」しか言わなかった
先輩はあの人の家の駐車場で3日間過ごした
人が通るたび隠れた
あの人が一回だけ「風邪引くよ」って心配
してくれたのが嬉しかったって言ってた

携帯も何台も壊した
指輪も何個も投げた
あの人が作ったミサンガも何本もちぎった

ふたりのHPも一回も更新しなかった
あの人は「あたしだけ更新しても意味ない」って
言ってきたけどそれでも更新しなかった
あの人の最後のリアルは
「今日はなんかやさしくしてくれたね ありがと」

先輩は4月から連絡とってないって言ってた
でもほんとは夏にあの人から連絡きてた
ラストフレンズのころ ずっと比べられてた
彼氏もできてた 会社の人だった

先輩は会えんって言われてからHPのリアルに
いろいろ書いてきた
HPは今年の夏まで残ってた
あの人がそれを見てたことが分かって
「あなたのことはいい思い出だけ残して
終わりにします ありがとう」
って先輩が書いたら次の日HPは消えてた
悲しかったって言ってた

卒業ライブの日 あの人は先輩たちの時に
ずっと泣いてた
先輩は「やっと解放されると思ったら
嬉しかったんやろうなあ」って言ってた

手紙は今でもどこかにまとめて置いてある
あの人の中学の卒アルも残ってる

今更いくら優しい言葉かけたって
無理だって分かってる
未練とか後悔ばっかりでごめんって先輩は言った

あいつはそんなに悪い人じゃない
あいつのこと悪く言われると自分のこと
言われてるみたいでズキってする

先輩はそう言ってあの人のことをかばった


あたしはそれでも大嫌いだって言った
会うたびに先輩を「あたしのもの」って
言ってるみたいな余裕のある目が嫌いだった
何を言われてもたとえそれが先輩でも
あたしはあの人のことは大嫌い 許せない






悔しかった
今でもあの人の存在に負けてるあたしが
いつまでもあの人の影を持ってる先輩が
今一緒にいるのはあたしなはずなのに
きっと一生あの人にはかなわない

あたしには捨てられる指輪も
ちぎられるミサンガさえもない

先輩が手をあげるたび
もう離れないといけないって思う
本当は冷静になって
ちゃんと別れを告げるべきかもしれない
でもあたしは
冷静になればなるほど
先輩がいない毎日が考えられない

先輩が手をあげることよりも
手をあげたあと泣いてるあたしを見て
「俺のこと怖いんやろ」って言う
その言葉の方がこわい

先輩は
「俺と別れてからあいつは楽しいと思う
俺とおらんかったら高校ももっと
楽しかったと思う
お前も離れたら楽になるよ
もっと楽しい生活できるよ」って言った
それでも今のあたしは先輩といたい

周りは別れた方がいいとか
そんなの愛されてなんかないとか
1回で直らなかったらこの先も無理とか
自分がなおしてあげたいなんて無理とか
そんなの自分でもよく分かるけど
手あげられたってひどい痣ができたって
それでも好きだから一緒にいたいのに

あたしは大丈夫なのに
それでも好きなのに
たとえ片目失明したって骨折ったって
それでもきっと先輩が好きなのに

周りから見たら「そんな男わざわざ…」って
思うかもしれない
でもあたしにとっては「そんな男」じゃない

悪いところあげればいっぱいある
でもいいとこだっていっぱいある
それはきっとあたしも一緒で
嫌いって思われるとこいっぱいあって
でも何かをいいところだって思ってくれてるから
先輩も一緒にいてくれてる
何がって言われてもわかんないけど
ただ一緒にいるだけで居場所がある気がするから

離れたくない理由はそれだけじゃ
だめなんかなあ
こんなことされてまでってみんな言うけど
あたしはおかしいんかなあ

ただ周りの大人たちの言葉、行動ひとつで
終わらされてしまいそうなことが怖い
自分たちのことなのに自分たちには何も
できないのが悔しい
せめてあたしも社会人だったら
もう卒業してたら
何かは違ったかなあ…
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:serina
読者になる
日記にはかけないこと書きたい
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
アイコン画像とも
» 無題 (2008年11月06日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dq1suki-k_s/index1_0.rdf