前回の日記を読んで貰えば分かると思いますが

May 21 [Sat], 2011, 0:44
前回の日記を読んで貰えば分かると思いますが、7〜8時間も雑談して、夜の8時にリペア開始(笑)!
オレのギターの問題点は、
@軽いネックの捻れ
A1〜2個のフレットの浮き
Bナットの削りの甘さ

まあ、新品で73000円のギターを、49800円で買ったのだから、多少の欠陥はあると思っていましたが、ちょっとそのメーカーを信頼出来なくなりましたかね。普通にリペアに出したら、ネックの捻れを直し、フレットを打ち変えてすり合わせをして、ナットを削らなければなりません。
そうすると、リペア代もバカにならなくなってしまいます。

しかぁ〜〜しッ!!
オレの知っているリペアマンの方は、そんじょそこらのリペアマンとはワケが違いますし、ランクも違います。
そして、オレが金が無い事を、よぉ〜〜く知っています。
ですから、最小限のリペア作業で最大のリペアをしてくださいました!
何をどうやったかは秘密です。
多分、企業秘密になると思いますので話せませんが、オレのギターの知識を覆す作業もやってました。

そしてリペアも終わり、弾かせてもらうと、まるで10万円以上はするギターの弦の張り具合…そして明らかに違う鳴りと弾き心地…。

その作業を、オレに説明しながら30分くらいでやってくれました。
ただ、フレットの浮きを治す作業に関しては『賭け』があったみたいです。
どこの産地で作ったローズ指板かで、失敗する事もあるそうですし、低コストのギターには、ローズ指板でないローズ指板を使ってる場合もあるそうです。
まあ、何はともあれ、オレのギターは最高の音を出してくれて、最高に弾きやすいギターに生まれ変わりました!

たったの一万円で!!

しかし、その金額は、作業を見ていた自分にも分かりますが、とても安いです。
オマケに、オクターブ調整と、ピックアップの調整もしてくださいました。
本来なら、自分はフレットのすり合わせで何とかなるだろうと思っていたのですが、実際はもっと悪いコンディションだったワケで、それをあの価格で、こんな素晴らしいギターに直してくれたアノ方に心から感謝しました。

店の名前を明かしたいのですが、自分なりに思う所があって、店名は明かさずにしておきます。
でも、そのテの業界では有名なのでネットで検索すればスグに分かると思いますよ。

ではまた。
今日は、このあと風俗に行きますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dpqbkww339
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる