妊娠を望む方や妊活中の女性にとって影

June 10 [Fri], 2016, 0:59
妊娠を望む方や妊活中の女性にとって影響があるものと言えば、食事ですよね。

妊活を行っているということは、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。
ですから、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。

中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前からお腹の中の受精卵が成長をはじめています。妊娠は授かり物です。

実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を始めている方は、なるべく早めに胎児に葉酸を与えられるようにしましょう。

赤ちゃんを授かっている時はもちろん、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、つい忘れてしまったりして十分な摂取が出来なかった、という事も出てくることもありますよね。
そんな不安を解消してくれるのがサプリによる葉酸の補給です。
サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、仮に食事での摂取が不十分だとしても安心です。
妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、血液を作る作用があります。

それは不妊治療にも効果を表し、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠しやすくなることが期待できます。

それに、血液が増えると血行が良くなるだけでなくホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、妊娠しやすい体作りができるのです。不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは子宮や卵巣の機能が低下することがあります。ときには友人や家族の励ましや、本人の不安などが不妊治療に通ううちに重積してくることも少なくなく、悪循環から抜け出せない人もいます。

周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが不妊治療には大いに助けになると思います。不妊の要因になるものといえば、排卵障害や着床障害といった女性由来の場合と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性のほうに起因するものが想定されます。

更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。



不妊対策をしたいと思ったら、両親ともに受診して検査を受けることが必要です。二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、話を切り出しづらくて、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。


月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、なかなか妊娠には至らないものですね。



それで、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。それが功を奏したのか、早々に下の子ができました。費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。



不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。

自治体の助成金制度を利用しても、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされることが一般的に行われているようです。第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。

だからこそ、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。



今年で40歳になる私ですが、常に急かされているような気がして、落ち込むことが多くなりました。
今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。例えば、妊娠前から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に掲載されていました。
葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から大切な栄養素だそうです。ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合は葉酸サプリにサポートしてもらうのも良い方法だそうです。調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。
安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。


皆さんご存知のように、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。
葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。ですから、サプリの利用を考える時には、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが複数配合されたサプリを選びましょう。
具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。

ですので「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も早めの摂取を心がけてください。


葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も少なくないですよね。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、熱を加えてしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。総合的な摂取量としては足りていないかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sho
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dpetiwtxceieed/index1_0.rdf