あえて「聞き間違え」て生活を豊かにしてみる【黒田勇樹の妄想的語源しらべぇ】

July 31 [Fri], 2015, 11:12

sirabee0730kuroda001


父親が難聴気味で聞き間違いが多く、子供の頃から出来るだけ正確な発音を心がけていたことが、奇跡的に現在の仕事に役立っている俳優/ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹です。こんにちは。


「闇のパープルアイ」を「闇のカップラーメン」と聞き間違えられた時は、笑うしかありませんでした。


このコラムでは、子供の頃から芸能の世界で台本や台詞に触れ続け、今なお脚本家やライターとして「言葉」と向かい合っている筆者の視点から、様々な「言葉の成り立ち」について好き勝手に調べ、妄想をふくらませていこうと思います。


 


■姿を変えていく言葉との必死の戦い・・・


そんな、発音や発声、イントネーションなどに、プライベートでも仕事でも気をつけて生活をしている筆者ですが、この「正しい日本語」を守っていく戦いは、ひとりで戦えるものではありません。


sirabee0730kuroda000©iStock/Tomwang112


言葉というのは時代によってどんどんと姿を変えてゆき、発音やイントネーションだけでなく、その意味までも変化していくもの。


さらに近年、言語学者の間でも「通じるようになればそれが正しい用途である」というのが、一般的な解釈とされています。


そんな変化を受け入れ続ける「言葉」の世界で、正しい発音を守っていくためには、多少の痛みや犠牲も必要になってきます。


 


■容赦なくツッコむことにしている


筆者が最近、力を入れているのが、コンビニの対応に耳を澄ませること。


「よろしいかどうか」を判断するべき場面で、過去形の「よろしかったでしょうか?」と聞かれれば、


君はタイムトラベラーなのか?

と聞き返すなど、徹底的に間違った日本語にツッコんでいくことはもちろん、 アルコール類を買った時の「画面にタッチして下さい」も、少しでも発音が悪ければ、すかさず店員の顔面を鷲掴みするように心がけています。


慌てる店員に筆者は諭します。


いや、今『顔面にタッチして下さい』って言われたから

こうすることで店員間に「やべえ客がいる」という噂が瞬く間に広がり、「接客の時は出来るだけ正しい発音をしよう!」という、意識が広がると筆者は確信しています。


草の根運動ですが、共感してくださる方がいらっしゃれば是非、ご協力下さい。通報された時の責任は、負いかねますが。


(文/ハイパーメディアフリーター・黒田勇樹




Appstoreロゴ



しらべぇアプリを今すぐダウンロード(iOS)




android_logo



アンドロイド版はこちら


動画
source:http://sirabee.com/2015/07/30/42385/
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
P R
  • SEOブログパーツ
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dpbbtc/index1_0.rdf