子育てをしながら患者さんも家族も幸せになることもできる

January 17 [Fri], 2014, 0:09
看護師は、子育てをしながらでも活躍することができます。ママさん看護師で子供の体が弱い場合、入院したり、熱を出して保育園を休んだりすることが多いので、仕事を休むことが余儀なくされます。そうした時は、看護休暇などの制度を利用すれば、しっかり子供と接してあげることができます。ママさん看護師は、仕事、育児、家事などをしながらの生活なので大変ですが、様々な制度を利用すれば、自分に合ったペースで仕事をすることができます。家族の支えと上司や同僚の理解、そして看護師を目指した時の気持ちを忘れずにいれば、日々忙しく、看護師の仕事を続けることに不安があっても、子育てをしながら患者さんも家族も幸せになることができます。健康で働けていることに感謝し、ママさん看護師同志、悩みを打ち明けながら頑張っていくことです。子育てをしながら看護師としてしっかり働くためには、病院の敷地内に病後児保育所があるところが理想です。そうすれば、発熱後や感染症後などで市の保育園に預けることができない場合でも、そこに預けることができるので安心して働くことができます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:downbows
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/downbows/index1_0.rdf