読んでおいた方がいい日本史の本

November 09 [Thu], 2017, 11:24


全24巻からなる日本史の本です。日本人なら知っておいた方がいいことがたくさん書かれています。15巻目の「第一次世界大戦」から読んでいて、これは23巻目「たちあがる国民」です。


日本でなぜ戦争のことを授業で詳しくやらないのかこの本を読んで分かった気がします。

今の北朝鮮問題、戦争法案、軍事基地問題、このシリーズを読めば今に始まったことではなく何年も前からずっと続いていたことが分かります。

日本人側に立った良い内容のものではありません。日本人が他国にこれまでどんなひどいことをしていたのかが多く書かれていて日本人であることが恥ずかしくなりました。しかし、今の日本を作り上げてきた人々や戦争を反対して国と戦ってきた人々の話もあり、これをしっかり受け継いでいかないといかないといけない、きちんと知らないといけないとも思いました。

国会議事堂前で「9条変えるな」「戦争法案反対」と国民が声を上げていますがこれも先代の人々が同じように声を上げてきて今につながっているのです。

米軍基地が日本にあることはおかしいことです。北朝鮮がアメリカを憎むのには理由があります。今のこの状態を当たり前に感じたり、今に始まったことだと思ってはいけません。


子供向けの本ですが戦争を経験してきた著者の本当の日本史を知ってほしいという気持ちが強く伝わり考えさせられる内容です。きっと今の政府なら隠すであろう戦争犯罪人の名前もはっきりと出てきます。

本当の歴史を知ることは驚きやショックもありますが事実を受け止めてよく考え正しい方向に導かないといけないのだと思いました。



おはなし日本歴史 全24巻
和歌森太郎 他編著
岩崎書店
1974年第一刷発行の古い本です。図書室などで見つけたらぜひ読んでほしいシリーズです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ももこ
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
横浜のイベント(特に赤レンガや中華街)によく出かけては趣味の写真を楽しんでいます。
行事がなくても散歩をするために横浜へ出かけるほどの横浜好きです。

プロレスは主に新日を観戦(テレビで)。時々体育館へも足を運びます。実際に見たのは新日、全日、大日本、ドラゲー、ZERO1。
内藤哲也、KUSHIDA、オカダ、カズ・ハヤシさんを応援しています。
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30