浜名湖でどうまん蟹が美味しい!3つの理由と口コミの真実。

August 11 [Fri], 2017, 14:38
浜名湖に行くときに「どうまん蟹」を食べたい!
普段、グルメに興味がなかったり、うなぎを食べているいる方でも
幻の蟹【どうまん蟹】は食べる価値があると思います。


一度は幻の蟹「どうまん蟹」で贅沢したい!
そう思っている方も多いのではないでしょうか?


浜名湖でおいしいものを食べるなら、
うなぎよりも、誰も食べたことのないようなものを食べてみたいと思う方も多いはず。


出張先が浜松の方に、
ぜひ知っておいて欲しい美味しい物があります。
浜松の浜名湖にはウナギ以外においしい「マングローブ蟹」が生息しているんです。


浜名湖では「どうまん蟹」とよばれる幻の蟹。
この湖だけで希少に採れる、
身が濃厚でたいへん美味しい蟹なんです。


浜名湖では知る人ぞ知る名産で知られていて
食通が大絶賛する濃厚な味わい。
カニ通の人ならみんな知っている。それが”どうまん蟹”です。


「どうまん蟹」はなかなか捕れなくてとても貴重です。
見た目は、はさみが非常に大きく、体もがっちりしていて、
”味が濃厚で甘みがある”と口コミで人気が高いんです。


気になったので「浜名湖のどうまん蟹」を
食べた人の口コミを調べてみました。


すると本当に多くの食べた人から高い評価を受けていました。
人気の理由はおおきく分けて3つありました。


まず1つは、身がしまっていて美味しいとの事。
味がかなり濃厚で、独特な磯のかおりと甘い香りがするそうです。


どうまん蟹の時期は6月〜11月ごろが旬。
通年を通して食べることもでき、メスは秋と冬が卵があり美味しく、
春と夏はオスの大きなハサミが魅力的で美味しいそうです。


2つ目はメスの内子が最高との事。
一番おいしい時期は8月〜9月で、
メスの内子と、その濃厚なカニミソが絶品!との口コミがありました。


3つ目の人気の理由は、なかなか食べられないという事でした。
「どうまん蟹」は幻の蟹とよばれており、
扱っている旅館や料亭に行っても、食べられなかったりします。


なぜかというと、天候と漁次第で獲れるのが運任せのため、
漁獲量も少なく、僅かしか出回らないからです。


まずは、旅館や料亭で事前に調べて、
予約してから行くほうが良いかもしれませんね。
”ホテル九重”では「どうまん蟹」を扱っていました。


浜松まで行けない、という方には通販で買うのもオススメ。
”うなぎくらぶ”という通販サイトでは
「どうまん蟹」を”蒸しがに”や活きたままでも買えます。


特大は1匹4500円でした


ほかにも、浜名湖の近くにある魚専門店”魚魚一(とといち)”や、
”座房”という居酒屋でも食べられるようです。


幻の蟹「どうまん蟹」の美味しさは、マンガで詳しく知ることもできます
「不倫食堂」という、食通には人気の漫画なんですが、
どうまん蟹の美味しい理由や、美味しい店が1話で載っています。


「浜こう」というお店での口コミが書いてありました。
(ハサミの身とカニミソのすごさが具体的に書いてあります)


そんな口コミの真実を確認すべく、
浜松へ主張に行ったときにはぜひ、
幻の蟹【どうまん蟹】を探して食べてみてはいかがでしょうか?



不倫食堂1巻1話の「どうまん蟹」は無料で読めました。
読んでみたい方は下記のバナーから”立ち読み”をクリックしてください
不倫食堂「どうまん蟹編」を無料で読む
↓↓↓