社会人2年目に一人暮らしをしました。

March 20 [Wed], 2013, 10:32
私は学生時代を東京で過ごし、就職は地元の企業に勤めました。
東京から戻ってきてから1年くらいは実家で暮らし、バスで15分離れた会社まで通いました。

たまに実家にお金を入れるとはいっても、たいした額ではなかったため、給料のほとんどは私の小遣いとなりました。結婚前だったので、好きなものを買い、好きなときに好きなところへ食べに行ったり飲みに行ったり、当時は自由気ままに過ごしていました。

私は学生時代、親の仕送りがなかったため、アルバイトで生活費を稼いでいたため、その反動で給料をどんどんと浪費していきました。

しかし、このままのだらけた生活ではまずいと思い、甘えた生活のできる実家から離れてまた一人暮らしを行なおうと、引越しをすることに決めました。

周りにいた会社の同僚からアート引越しセンターがオススメとよく聞いていたので、私も頼んでみることにしました。

2トン車だけの簡単な引越しだったため、作業員は二人でした。しかし、重たい荷物でもどんどんとすごいスピードで運ぶ様を見た時は、本当に驚きました。

私はある程度の荷造りをし、搬出荷物は実家の部屋の一角にまとめていたため、作業員の方々も「出しやすかった」とは言ってくれましたが、それでもその作業の手際よさには「さすがはプロ」だと感じてしまいました。

引越し自体は大変スムーズにいったのですが、挨拶状の書き方などに手間取ったり、住所変更等の事務手続きがなかなか後回しで役場などに行けず、会社も平日に休みを取りづらかったのが大変なところでした。
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ