「どうぶつしょうぎ」のルールは簡単

「どうぶつしょうぎ」のルールは簡単で将棋を
難しいと思っている子供のために作られた
3×4のマス目の「ミニ将棋」です。

「どうぶつしょうぎ」は可愛い動物のキャラクターが
動物たちが大活躍しながらチームのリーダーである
ライオンを捕まえるか、ライオンが相手のエリアに
入ったら勝ちになります。

また自分の駒の進めるマスに相手の駒がいれば
食べる(取る)ことができたり、ひよこは
森や空に到着するとニワトリさんに変身したり
「どうぶつしょうぎ」は楽しみ一杯です。

>>どうぶつしょうぎ ゲームを楽天で見る<<





<お買い得情報>

楽天カードは2000円分のポイントがもらえるので
今カード申し込みをすれば2000円分は無料で買えますよ!

楽天カードの詳細は
↓コチラで
楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!



幻冬舎 どうぶつしょうぎ

「どうぶつしょうぎ」は2008年に発表され、
日本女子プロ将棋協会(略称:LPSA)で
制作・販売していました。

その後、「どうぶつしょうぎ」はテレビや新聞などの
マスコミに多く取り上げられ大ブームになりました。

しかし人気が出始め生産が追いつかなくなったようで
「どうぶつしょうぎ」は幻冬舎エデュケーションで
市販化するようになったそうです。

>>どうぶつしょうぎ ゲームを楽天で見る<<





「どうぶつしょうぎ」のプログラムは女流棋士が

「どうぶつしょうぎ」は簡単なルールなのに奥が深く、
キャラクターも可愛い画期的な将棋なのですが
「どうぶつしょうぎ」のルールを考案したのが女流棋士の
北尾まどか氏っていうのが本格的ですね。

また「どうぶつしょうぎ」のイラスト、デザインも
同じく女流棋士の藤田麻衣子氏が担当しているそうです。

こんなところが「どうぶつしょうぎ」がキャラクターが
可愛くて将棋ゲームとしても奥が深いと言われている
要因なのですね。

>>どうぶつしょうぎ ゲームを楽天で見る<<






「どうぶつしょうぎ」購入したら家族で

「どうぶつしょうぎ」はゲームとして3才から
将棋を始めることが出来ます。

子供用のゲームとはいっても「どうぶつしょうぎ」は
お父さん、お母さんも子供さんといっしょに楽しめる
ゲームです。

「どうぶつしょうぎ」は将棋のマス目が少ないので
簡単なゲームかと思いがちですが、その面白さは
大人でも楽しめるのも魅力ですね。

>>どうぶつしょうぎ ゲームを楽天で見る<<