食べられた。

March 06 [Sun], 2011, 22:57

January 27 [Thu], 2011, 21:40


はげさんのコロプラフィールド3にいる人。

ひさびさにほっしー

しっぱいした。

January 26 [Wed], 2011, 17:18

恐怖☆秋保温泉湯煙事件簿

November 12 [Fri], 2010, 1:21
久々更新!




某大学の同期生忘年納会の開催が決まったのは、11月頭のことだった。
いいだしっぺは誰だったかと言うと、確かW邊だ。彼が、M奈子に会いたいが為に企画して欲しいと、後に幹事を務めることになるS本に持ちかけたのが全ての始まりだった。
S本がW邊の誘いを快く受け企画した理由は、ただただ、大学の同期生との楽しい交流が目的だったのだ。社会人2年目となれば、零す愚痴はいくらでもあるはずだ。同期入社にホモがいるだとか、上司がヅラだとか、上司の加齢臭がキツいだとか、まさか子供相手の祭りの司会を任されるとは思わなかったとか。そんな愚痴をお互いに吐き出し、綺麗さっぱり今年の嫌な出来事は忘れ、いい年越しを迎える為の機会となれば、とそう願い企画をし、皆に呼び掛けた。
参加を希望した皆も、楽しい旅行を想像し、嬉々として12月18日が来るのを望んでいた。
そんな中、こんな事態に陥ることなど誰が想像しただろう。
当日、会場となった宮城県某所で、まさかの出来事が皆を襲った。




「全員集合したかー?」
仙台駅のステンドグラス前。以前は伊達前と称された場所に昼過ぎの集合が呼びかけられていた。
おのおの一泊二日分の荷物片手に久しぶりに会う仲間達との談笑を楽しむ中、幹事であるS本が一枚のメモを片手に大声で呼びかける。そのメモには参加者の名前が綴られている。
土曜の昼過ぎだ。沢山の観光客や市民が行き通う。そのざわついた駅構内の中でも通る声に、人々がちらちらと視線を向けて通り過ぎて行く。
「はーい!揃ってまーす!」
人目を気にせず、W邊だけが一際元気よく手を挙げ返事をした。
テンション高めのW邊をA弓が冷ややかな視線を送る。だが、その視線も気にせずにW邊は浮かれ気分で鼻歌を歌っている。まあ、多少浮かれるのは致し方ない。何しろ、憧れのM奈子との一泊二日温泉旅行だ。湯上りのM奈子を想像しては、自然とニヤけてしまう口元は隠しきれるはずがない。約一カ月、どれほどまでに今日が来るのを待ち望んだ事か。何度夢に見たかも分からない程だ。
そんな、きちんと確認しているかは定かではないW邊の声に、S本は「1、2、3、…」と指を指しながら数え、1人納得したように頷き、移動の趣旨を皆に伝える。
「じゃあ、バス乗り場に移動すっから。秋保行きのバス停な」
またもやW邊が、浮かれ気分を隠すこともなく先頭切って走り出す。
皆が苦笑する中、A弓だけが軽蔑の眼差しを送っていた。


バス停に並ぶこと数分。
バス停横へと停車した市営バスへ、ぞろぞろと十数人が乗り込む。
多くの老人が乗り合わせるバスの中、20代前半の彼らは浮いているのだが、年配の方へと席を譲ると最終的にはW邊だけが年配の女性の隣へ座り込み、残りは全員吊革に掴まりつつバスが発車するのを待つことになった。
「俺だけ座ってんじゃん。マジKYじゃね?俺」
「…じゃあ、立てよ」
どこからともなく、W邊の発言に対しての苦言が出たが、W邊は退く気はないようだ。
そんな微妙な空気の中、I上がにこにことしながら皆に言葉を投げかける。
「ねえ、聞いた?」
「何なになーに?」
「K村さん、結婚するんだって」
「……」
人間、驚きすぎると言葉も出なくなるものだ。
目を見開いたまま硬直するW邊を余所に、男性陣はショックを隠しもせず嘆き喚く。声を出せると言うことはそこまでショックではないのかもしれないが、学科のアイドルM奈子が人妻になるということには、少なからず皆ショックを受けるに決まっている。
「マジで?マジかよ!ほんとに!?」
なぜか参加をしているN階堂が冷や汗を垂らし、唾を飛ばしながら差ほど仲良くもない情報源のI上に詰め寄る。
「Y士。I上くん困ってるから…」
唾が頬に飛び、泣きそうに顔を歪めたI上を見かねて、Y心が間に入りN階堂を宥めた。
「ご、ごめん」
ポケットから取り出した、ハンカチーフでI上の頬を拭いながら謝罪の言葉を口にするが、I上は更に表情を歪め、今にも零れそうな涙を必死に流すまいと耐える。
「本当にごめんね?うちのY士が」
Y心が申し訳ないと頭を下げると、I上もこくりと頷いた事で、静かに涙を流し始めたW邊を除いてなのだが、この場は納まった。
「…何か、おっちーのこと言ってるよ?」
A弓が視線だけで騒いでいた方向を指す。
「…気持ち悪い。いいよほっとこ」
M奈子は深い溜息を吐き、肩から下がりつつあったバックを持ち直す。
ようやく時刻が迫ったのか運転手が無線で何やらやり取りをし、アナウンスと共にバスは秋保に向かって発車した。


「いいとこだね」
誰かが独り言のように呟いた言葉に、皆が頷き、2人を覗いて口元に笑みを浮かべる。
2人というのは言わずもがな、W邊とN階堂だ。
だが、心から褒め言葉が出るほどに、老舗の高級旅館の佇まいは凄かった。
バス停まで迎えに来てくれた送迎バスの運転手もそうだが、旅館の入り口で迎えてくれた女将と若女将も接客態度はいいし、色々と期待が出来そうだ。それに、若女将に至ってはとても美しい。瞬時に男性陣は頭の中で妄想を繰り広げるが、やはり横にいるM奈子の方が美しいという事に気付き、皆、Y心以外はM奈子に視線を送り、下心を隠しもせず厭らしい笑みを浮かべた。
「さあ、さ。みなさまどうぞこちらへ」
でれでれとした表情を浮かべる中、美しい動作で館内を指された面々は、はっとし、軽く頭を下げて足を進める。
そして、幹事のS本と、会計担当のY田の2人がカウンターへと手続きへ向かった。
残りの面々は、各自高そうなソファーへ腰掛けたり、ロビーに飾られている骨董品らしき壺を眺めて手続きが終わるのを待っている。
「…なんか嫌な予感がする」
そんな中、M奈子がぼそりと真剣な表情で呟いた。
M奈子の嫌な予感が当るというのは、大学四年の付き合いで嫌と言うほど女性陣は知っている。
「何かあるのかな?」
A弓だけが、少し楽しそうに口元を抑えて笑ったが、他の面子はくすりともせずに表情を強張らせた。
「本当に、嫌な予感がすんのよ」
もう一度繰り返されたM奈子の言葉に、A弓もついに表情を強張らせる。
そんなときだった。
「なあ!誰か他に誘った奴いるか?」
カウンターから呼びかけるS本の声に、皆、首を振り、女性陣は固まる。
「いねぇの?もう一人、既にチェックインしてるって言ってんだけど」
「本当に誰も誘ってないんだよな?」
「…誘ってないよ。女子には一通り声かけたけど、参加してくれるってなったのはここにいる人数だけだし」
M奈子が今にも逃げ出したい気持ちを抑え、もう一度首を振った。
「じゃあ、男か?」
不思議そうな顔をして、S本が首を傾げる。
「まあ、部屋に行けば分かるしね。行こう」
I上が笑って繋げた言葉に、男性陣ははしゃぎだす。
「あ!あいつじゃねぇの!?」
「あいつって誰だよ」
「あいつはあいつだよ!」
多分、見当もついてないのだろうが、“あいつ”と口にしては荷物を仲居へ預け、用意された部屋と向かうことにした。
「ぞくぞくする…」
「幽霊旅館じゃないよね?」
「…多分ね」
未だ恐怖を拭いきれない女性陣の歩幅はせまくゆっくりだった。

「ぎゃーーーーーー!!!!!」

そして、その亀よりも遅い歩みも、誰が来ているのか確かめようと足早に部屋へ向かったW邊の叫びにぴたりと止まる。
「な、なんだろう…」
「まさか、だよね」
M奈子とA弓は顔を見合わせ、部屋に対して背を向けた。

「な、なんでボリューミーがいるんだよ…!」

その名が聞こえた瞬間、荷物もスリッパが脱げるのも関係なく、2人は素早く逃げの態勢を取る。

それが、永い永い、鬼ごっこの始まりだった。
時刻は15時、チェックアウトの時間までは後20時間もあるのだ。
逃げろ、逃げて逃げて逃げまくれ。
彼女の魔の手から逃れられるのは、
たった一人だ。







なんだこれ!
忘年納会行く人気を付けてくださーい!

つっつんの10文字作文シリーズA

April 14 [Wed], 2010, 23:28


「K-1が露出してます」

露出ってか露出狂ですね!
仙台の某アーケードにてつっつんと。
モザイクかけたらなんかやらしくなっちゃいました。
でも、ちゃんと下着はつけているので大丈夫です。

黄色のカラー心理は「私に注目して」

つっつんの10文字作文シリーズ@

April 11 [Sun], 2010, 18:17


お題は「ガーン。」で
「K−1と温泉で出会う」編

ときメモ。

April 10 [Sat], 2010, 0:37


★補足★
ここで、いい返事をしなければ、
隠れキャラのみ○こは出てきません!
例えタイプじゃなくても、ここはオーケーしましょう
そうすれば、み○こを口説けるチャンスが巡ってきます。

久々のけーわん

March 04 [Thu], 2010, 23:41

すみたにさんにプレゼントしたやつのオリジナル。
後ろにDo描こうと思ったけど途中で飽きました(笑)

すみたにさんゴツイ系好きだったよね?

地球滅亡

October 14 [Wed], 2009, 2:40

マンガ

October 09 [Fri], 2009, 12:48
こんなマンガを今描いてます 嘘だけど(笑)
P R
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像すみたに
» 食べられた。 (2011年05月01日)
アイコン画像アクアブルー
» 食べられた。 (2011年05月01日)
アイコン画像すみたに
» 食べられた。 (2011年03月08日)
アイコン画像はげ
» 食べられた。 (2011年03月08日)
アイコン画像すみたに
» 食べられた。 (2011年03月07日)
アイコン画像おおみや
» 食べられた。 (2011年03月07日)
アイコン画像アクアブルー
» しっぱいした。 (2011年01月29日)
アイコン画像アクアブルー
»  (2011年01月29日)
アイコン画像おおみや
»  (2011年01月29日)
アイコン画像すみたに
» 恐怖☆秋保温泉湯煙事件簿 (2010年11月15日)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:すみたに
読者になる
http://yaplog.jp/doublemegane/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる