【 更新情報 】

スポンサードリンク

アイプチと美容整形のどちらがお得?

二重まぶたを自力で作るグッズというものがあることを知っていましたか。 そうです、二重まぶたにする商品として最初に発売されたアイプチやアイテープとよばれる二重接着剤(テープ)です。



ほとんどの方はご存知だと思います。

市販で販売されている二重まぶたを作るグッズというのは、まぶたとまぶたををくっつけて二重のラインを作るという方法になります。
美容整形などで二重まぶたにする手術に比べたら、コストも低く済みますし、毎日メークする時に手軽に二重まぶたを作ることができるので、女子高生や一重まぶたに悩んでいる女性には人気があります。

ですが、皮膚に使えるくらいの接着剤やテープといってもまぶたへの負担も大きいというデメリットもあるので、使いすぎてしまったり使用法を守らなかったりといったことがないように正しく使いましょうね。

また、長い目で見たら美容整形の手術を行えば、半永久的に二重まぶたを手に入れることもできますし、一生アイプチなどを使い続けるとしてもその金額というのは高額になりますよね。

今は、美容整形といっても価格もびっくりするほど高くありませんし、自分の負担も軽く済むといった手術もあります。
一時的でもいいならアイプチで十分だと思いますが、ちゃんとした二重まぶたを手に入れたいと思っているなら、美容整形という手段も視野に入れるといいのではないかと思います。

二重まぶたにするマッサージ法は効果があるか

二重まぶたは一重の人にとっては憧れてしまう部分のひとつですよね。
アイプチのような二重まぶたを人工的に作る商品が売れているということは、二重まぶたになりたい!と願う女性が多いからではないでしょうか。
でも、そんな化粧品や二重まぶたの器具を使って二重にするよりも自力で何とか二重にしたいものですよね。

そこで、二重まぶたになるマッサージ法を紹介したいと思います。
効果があるかどうかは人それぞれ違いますし、費やす時間も違います。効果があるといいなくらいの気軽な気持ちでマッサージをしてみましょう。

まず、まぶたの筋肉を鍛えてみましょう。鏡を見ながら片方ずつ30回以上ウインクするといいそうです。
ですが、気をつけることは目尻に力が入らないようにすることだといいます。
また、うっすらですがまぶたにラインをつける方法なんていうものあります。

上目づかいにして、少し寄り目になるくらい目を大きく見開いて、そのまままばたきをたくさんするといいそうです。
この方法で二重まぶたになったという方の口コミは残念ながらありませんでしたが、継続していくことで、自然にまぶたの筋肉が鍛えらるそうです。

長年、一重だったものを二重にするということはかなりの時間が必要になると思いますが、
これだけで二重になれればいいですよね。
参考までに、覚えておくだけでもいいと思いますし、挑戦してみたい方はぜひ、今からマッサージをしてみましょう。

埋没法のメリット

二重まぶたにする方法としては、美容整形手術を行うことで半永久的に二重まぶた手に入れることができます。
その中の一つの方法に埋没法というものがありますが、この埋没法はメスを使わない手術ですし、二重まぶたの手術の中でも手軽で安全に行うことのできる手術なので人気があるといいます。

埋没法とは、まぶたの裏側から糸を埋め込んで、上瞼の皮膚の一部を引っ張ることにより二重をつくるといった方法になります。
この埋没法の最大のメリットは、手術を行う患者さんの負担が少なく済むということです。切開することなく糸を通すだけなので医療費も安く済みますし、手術に必要とされる時間も約5〜10分程度だといいます。
また、抜糸の必要もないので手術後の腫れも少ないのが特徴だといいます。そして傷跡も残らないので、埋没法をしたことを悟られることもありません。

何よりも嬉しいのが、腫れや痛みがないのでその日からメイクをしても、コンタクトをしてもいいといいます。もちろん入院もしなくても良いので、仕事に穴を開けてしまったり学校を休むといったことは必要ないので、安心して行うことができる手術法ではないでしょうか。

アイプチとアイテープのメリット・デメリット

二重まぶたする化粧品というと、アイプチやアイテープといったものが浮かびますよね。
一時しのぎではありますが、使いこなせるようになると、きれいに二重まぶたにすることができます。

アイプチやアイテープなどといった化粧品は、手軽に手に入れることができるのがメリットですが、まぶたとまぶたを接着させることによって二重まぶたを作るといったものなので、まばたきや汗、ちょっとしたことで簡単に崩れてしまうといったデメリットももっています。

ですが最近は、このようなデメリットをなるべくなくして、しかもまぶたを接着しない方法で、二重まぶたたにする化粧品や器具を使って二重まぶたのラインを作るといった商品が発売されています。

また、二重にしたいばっかりに、ちょっと合わないかなと思っているものでも使い続けてしまっていると、まぶたが腫れたり、かぶれたりといった症状がでてくるので、注意が必要になることも忘れないようにしましょう。二重まぶたにする化粧品の使用方法を守って、長く付き合っていけるように上手に使うように心がけましょう。

二重まぶたの魅力

まぶたというと、一重と二重、また奥二重なんてものもありますよね。
確かに一重まぶたと二重まぶたでは、印象もかなり変わってくるので、二重まぶたにしたいと願う女性が多いのもわかります。
ですが、外国人には、一重まぶたはアーモンドアイと呼ばれていて人気がるといいますが、日本では断然二重まぶたの人気のほうが高いのが現状です。

二重まぶたの魅力というのは、目がぱっちりして見えますし、お化粧などでマスカラをしたりするだけでも顔のポイントを目に持っていくことができますが、一重まぶただとどうしてもキツイ印象を持たれがちになってしまいます。
もちろん、目の大きさといったことは人それぞれ違ってくるので、まぶたを変えただけでどれほど変わるものなのかは一概には言えませんが・・・。

二重まぶたに憧れる女性が多いことは、アイプチなどの二重まぶたを一時的に作る商品や美容整形でも二重まぶたを作るための手術などもあるくらいなのでお分かり頂けるかと思います。

確かに二重まぶたは魅力的な部分のひとつですが、最終的にはやっぱり中身が大切だと思いませんか。
二重まぶたでも性格ブスでは、その先何も始まりません。二重まぶたを手に入れることも考えてみるといいと思いますが、だからといって性格まで手術をしないようにしましょうね。