呼吸をしよう 

February 12 [Mon], 2007, 18:16
気がつけばもう日が暮れている。
毎日毎日、暗い夜が来る。
明るい朝もまた。

陽の光を浴びて、誰のために咲こうか。

生きていると排泄物やら衣服の繊維やらで
汚れてしまう。
生きた分の過去やら思い出やら。
掃除をしよう。掃除をしよう。
まずは掃き清めよう。
そして夜が来て。
気づけば明るい朝になっている。

思考停止というか袋小路。 

September 17 [Sun], 2006, 3:14
日記を読み返していない。怖いので。
「ユウタくんとは終わってしまったんでしょう?」
デスクは私を高めてくれるだろう。知識とセンスと深い愛情で。
ユウタは楽しませてくれた。笑顔や仕草や発言や。人柄で。

デスクと笑っているときもなんだか空しさを感じる。
ユウタを失った喪失感によるものなのか。
ユウタ関係なくデスクといて少し引いてしまう自分がいるだけなのか。
わからない。
どうすればわかるのかな。
停滞。停止。とまる。
キラキラ上流か。マイペース中流か。
っつー選択だな。ってもう一つは既に失っているのだな。
呆然とする。もう一ヶ月になるというのに。

自分本位ということ 

August 20 [Sun], 2006, 14:17
ユウタの誕生や、試験の前など、私がそばにいて、祝ったり支えたりするべきだったのだ。
ユウタは何も知らずに、試験に落ちたことを謝った。泣きたいのは私よりもユウタの方だろうに。
本当に謝りたい。やり直せるならやり直したい。ユウタには私しかいなかったのだ。
私だって、ユウタといるときが一番安心するし、ユウタといるのはすごく楽しいし心から笑いあえる。
慈愛に満ちたユウタに包まれて、私もユウタの大きな体を支えて、穏やかに生きていきたい。
しかしそれももう叶わないのだな。
なんということか。

そしてデスクがいるのだった。
才能に溢れ、ユウタのように自分を犠牲にしてまでのものではないがとても優しく、頭の良い人。
頼れるデスクと一緒なら人生を踏み外すような心配はしなくて済む。
色々なものを私に与えてくれるだろう。

デスクには本当に悪いけど、何も無くても私が私だという理由だけで身も心も捧げて私を愛してくれたユウタ、を、失った悲しみから立ち直れない。今はそれだけだ。とても悲しい。ユウタに会って、抱きしめてもらいたいのだ。

3年と4ヶ月、そして17日の時間 

August 20 [Sun], 2006, 14:00
17日の深夜、ユウタと電話で話す。
高崎祭りの日、ユウタが試験に落ちてしまったこと、別れた方がいいのかもと思ったということ、を聞いた。その日、私は、ユウタはすごくおもしろいと思う。好きだけど、それが男の人としてなのかはわからない。と言った。最後、「俺とまだ付き合っててくれる?」と聞かれて、答えられず、泣きながら帰った。
その日の深夜電話がかかってきて、答えを出せたら私から連絡するということになった。
11日から15日まで父と兄と能登へ。出発の日、仕事を休んだので車が無かったのをユウタが見てメールをくれた。体調を崩したのならごめんと。
帰って17日の夜、ユウタから電話。来年また試験頑張ると言うので、じゃあ来年まで休もうかと提案した。電話に出てくれてありがとう。お祭りの日に別れた方がいいかもと言ったことを後悔した。「別れる」じゃなくて「休む」と言ってくれたありがとう。3年間幸せだったけど、試験に落ちて私を幸せにすることができなくて情けない。いろんな経験をしていろんなことを知った。こんなに人を好きになったのは初めてで、これから先私以上に人を好きになることはない。俺は試験ほんとに頑張って受かるから、来年まで待っててほしい。その間に他に好きな人ができたりしたら言ってな。体調に気をつけて、みんなと仲良く、仕事がんばるんだぞ。
ユウタの携帯の充電が切れて、私たちは終わった。

正義の人 

July 26 [Wed], 2006, 0:08
あの人のそばにいたい。
それが「幸せになりたい」と等号の関係になるのか、は、わからないけど。
いつでも正義のあの人のそばに。
私は。いたい。

どちらになろうとも 

June 24 [Sat], 2006, 3:41
今、というのは、たぶん人生の分岐点になるところだと思う。
大きな事だ。おおごと。だいじ。

何かを得るためには、他の何かを失わなければならないらしい。
私の場合、得ようとしている何かよりも、失う方の何か、が、重いのだ。
考える。双方のプラスとマイナス。
自分が取った行動と、これからするであろう取捨選択を、正当化する・・・というか、自分で自分を説得するために。

だけど、どちらにしても、私はきっと幸せになれる。
選択肢である双方とも、私が無限の中からしぼったものなのだから「良い」に決まっている。

私は間違っていない。間違いなんかない。・・・と、また説得している。自分を。自分で!
・・・色々あって当たり前だものね。
大丈夫。大丈夫。

くるしい 

April 30 [Sun], 2006, 20:36
11時頃起床。ビブレとモントレーでシェルネックレスを探す。
スタバでバナナモカフラペチーノ。
会社で落ち着いてから、ユウタを迎えにいく。
前橋へ。中古家具屋。群大でハンドボール。フリッツに岡本太郎の本を買いに行くが売っておらず。
「焼かれた魚」があったので読んだ。

苦しい苦しい苦しい。
誰か誰か。ユウタを幸せにしてください。
だれか。
どうすれば。どうすれば傷つかずに後悔せずに進むのか。進まないのか。
たすけて。

小沢健二が復活だ 

January 21 [Sat], 2006, 21:25
小沢健二が復活ということで嬉しいニュース。
来月は結婚式やらユタの誕生日やら江戸川片付けやらハワイ準備やらで忙しい。
が、忙しさを理由に怠けてはいけません。
無理せずとも日々高めていこう。

しばらくの間 

June 12 [Sun], 2005, 2:57
就職してもうすぐ3ヶ月になる。
大変だ。けど会社の人が皆面倒を見てくれるのがありがたく、その恩を返したくもあるので、がんばるしかないと思っている。
家族も喜んでいる。
早く自立しなければ。

今日は病院に腫瘍マーカーの結果を聞きに行った。
特に異常はないとのこと。
また3ヵ月後に行く。

病院をあとにして観音山へ。
母が明日の父の日のためにトルマリンの数珠を欲しがっていたので。
しかし売り場にトルマリンは無く。
拝むだけ拝んだ。
観音山の駐車場に「平和塔」という建造物(?)が立っていた。
昭和9年建設とあったが、観音さま建立はもっとあとだったと思う。
あの「平和塔」があそこにあったから観音さまもあそこに建てられたのかな。
眠い。いま。

そして車屋へ行ってゴルフを頼んできた。
壊れるのは覚悟しておくべきということを言われた。

最近はどうもな。スペインでノーカー運動があったらしい。

現在の状況 

March 12 [Sat], 2005, 3:22
今の状況は。
A社からライター職で働かないかと言われている。
B社は、そんなにクリエイティブではないけどデザイナーとして採用してもらえるかもしれないのだけれど、合否の結果待ち。発表は来週末になるとのこと。
B社の結果が出るまで、A社の返事は待ってもらっている。
で、A社の方、3月の10日に採用に当たっての条件(はじめの3ヶ月は試用期間としてパート扱い、給料等)の詳細をメールで送ると言ったのに、まだ届かない。
二度目だ。一度目は3月2日に「明日メール送ります」といって一週間後に「メール見てくれました?」って電話。届いてませんと私。アドレスの確認をして、再度送ってもらうことになった。
今日は12日だな。まだ来ねえよ。なぜ。ホットメールだとダメだとかあんの?来週月曜に来なかったらまたこちらから連絡してみよう。メールで。

そして車を買おうかと思っている。ウィルVSが欲しい。できたら黒。今は中古しかないんだよなー。なんでもいいと思えばまあ。こだわらなければねえ。軽でもなんでも丈夫なら・・・と思っちゃうけど、こだわるとねえ。ウィルVSが欲しい。でもどうかな。丈夫さとか維持費の問題とか考慮して。おとんに相談しよ。
P R
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dots
読者になる
Yapme!一覧
読者になる