人が死んでからでは遅い

June 22 [Thu], 2017, 10:40
「ドローン」(drone)は日本では小型無人航空機の特化して呼称されているが、本来は大型の無人航空機も含む。ドローンは元々航空機の軍事技術、無人偵察機から発展したもの。

日本では離島への配送が実際に行われているらしい(TVドラマでやってました)。

無線操縦ならば一定の信頼性が置けると思われるが、自動操縦の場合、
やはり怖いのが、ナビゲーションシステムが故障した場合の事故。

自動操縦の自動車も各社しのぎを削っていますからネ。

人身事故等が発生したときの責任をどうするのか、ちゃんとしてから許可すべきです。
拙速は慎むべきです。

人が死んでからでは遅いですからネ。

※日本政府はドローンの商業配送を2019年までに許可する目標を設定している。