サッカー ドリブル コツが身につくトレーニング

August 19 [Fri], 2011, 7:25


体の大きな子にどうしても勝つことができず、サッカーに対するモチベーションが目に見えて下がっていたとしても、
上手な子をドリブルで鮮やかに抜き去ることができるようになり、サッカーを心から楽しめるようになる練習法がこちら








あなたのお子さんも↓の中に当てはまることがあるかもしれませんが、


■ドリブル中にうまくボールをコントロールできない

■ディフェンダーのマークを振り切ることができない

■自主トレで何をしたらいいのかわからない

■いくら練習しても、パスの精度が上がらない

■チームでなかなかボール保持をできない








足が遅くても、体が小さくても、どんなに才能がないと友達から言われていたとしても、

練習次第で↓のようになることができます。





■相手が嫌なプレーができるようになる

■今やるべきトレーニングが何かがはっきりする

■勝てなかったチームに勝てるようになる

■プロの選手の動き方の理由がわかるようになる

■ゲームメークする余裕が生まれる







少年サッカーでは、体格の違いで実力に大きく差が付きやすいものの、

必要なスキルを身につければ、簡単に身体能力の差を覆すことは可能で、

しかも、練習の進め方次第でこうしたスキルをいくらでも伸ばしていくことができます。


才能やセンスは、全く関係がありません。










JSC CHIBAで代表を務めU-12監督をしている川島和彦さんの練習法は、

5つのトレーニングでドリブルスキルをぐんぐん伸ばしていき、結果としてサッカーに必要な敏捷性や運動神経を培っていくというものです。


低学年の子供でも楽しみながらできるほどシンプルな練習内容にもかかわらず、短期間でスキルアップが可能で、

子供が最後まで集中力を切らすことなく、モチベーションを保ちながら練習ができるように工夫されています。



具体的にどんなことをしていくのかというと、こちらに詳細な説明がありますので、

内容を整理して要点を挙げていくと、





■ボールを触らなくても相手DFが勝手に道をあけるフェイント術

■お子さんの自主性をグングン育て、天才的なひらめきや発想力を育てる簡単なトレーニング方法

■速く突っ込んで来る相手への、効果的な対処法

■「自主性」と「他の子には無い発想力」をグングン育てるトレーニング

■ドリル練習の考え方







こうした内容となっていて、全国のクラブチームが注目しているほか、

これまでに指導してきた1500人以上の子供たちが実力アップに成功しています。




川島和彦さんの言うとおり、子供達の自主性とやる気がアップさせれば、

練習の効果は何倍にもアップさせることができます。


そのうえで、遊びの感覚でドリブルテクニックを身に着けていくと、、

どんなに体が小さく、足の遅い子でも、体の大きな相手をものともしない、

安定したドリブルができるようになります。










Jリーグ選手も数多く輩出している名門少年サッカークラブで実践されている練習法を試してみるにはこちら







犬飛び付き
韓国語会話
復縁センター
P R
Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo

人気ホームページランキング

FX人気ランキング
わんぱくドリブル軍団 川島和彦
川島和彦 5ステップドリブル上達法

  • SEOキーワードツール

ブログランキング