4歳の子供が勉強しないストレスでイライラ叱る前に!正しい親の対処法

September 12 [Sat], 2015, 19:07
子供が4歳になると、そろそろ言葉の読み書きや
語彙などで、周りの子供たちと差が出始める時期です。


4歳の子供自身はもちろん差を感じていませんが
親の方が、特に母親の方が気になり始める時期なんですね。


「ウチの子、全然本も読まないし勉強しない!」


周りの4歳の子供と比較して、勉強させねばと、
我が子が勉強するようになってほしいと悩んでいませんか?


小学校入学前である4歳くらいの子供が
自主的に勉強するようになるためには
コツがあるのです。


4歳位の子供は読み書きや勉強が大切なことだと
まず認識していません。


そして、大切かどうか?という価値判断で行動もしてません。


4歳の子供の行動基準になる価値判断は

・「興味が惹かれるかどうか」
・「ほめられるかどうか」

この2つが大きな判断基準となっているようです。



ですから、まだ4歳の子供に
「今から勉強するのが大事だからやりなさい!」

と伝えても全く勉強する気持ちにはなりません。
怒っても叱っても勉強するようにはなりません。


逆なんです。


前述の4歳の子供の価値判断を読みかえしてください。



興味が惹かれるかどうか。
ほめられるかどうか。

この2つです。


ですから、4歳の子供に勉強させたいと思ったら、
正しい親の対処法としては、

「どうやったら好奇心・興味をもたせられるか」

という発想が大切です。


例えば、あなたが本を読んでいるとしましょう。
子供があなたを読んでも、黙々と。

そうすると子供は近づいてきて
「何しているの?」と聞いてくるでしょう。

「本を読んでいるんだよ。」とだけ答えます。


また別のタイミングで本を読みます。
子供はまた近づいてきて尋ねるでしょう。

「本を読んでいるんだよ。」とだけ答えます。


「楽しいの?」と聞かれたら初めて
「うん、とっても楽しいんだ」と答えましょう。


あなたが本を読んだり、ノートにメモをしたり
する姿を子供に見せていると、

「また本を読んでる」と子供は思うようになって
そのうちに、好奇心が湧いてきます。


信頼すべき親であるあなたがそんなに
やっていることってどういうモノなんだろう。
自分もやってみたい!

そう思い始めるのです。


そうなってくると子供の方から
「僕も(私も)やってみたい!やりたい!」

というようになります。


そうしたら本でもひらがなを書くノートでも
与えてみましょう。


そして、やりすぎかな?と思うくらいに
褒めちぎってください。


「今日はこんなに読めたね」
「毎日読んでいてえらいね」
「本読んでくれてお母さんうれしいな〜」


そうすることで、子供自身は
「この行動をするとお母さんがほめてくれる。うれしい!」
というのを認識するようになります。


子供は親が思っている以上に
褒められたいと思っていますし喜びも感じます。


ですから、叱ってはダメなんです。
褒めちぎってください。


注意するときも、さんざん褒めた後に
「じゃあ次は○◯をこうしたらもっと良くなるね
 がんばってみよっか」

というように褒めることとセットにして伝えるのです。


本を読む。勉強をする。
お母さんがほめてくれる。うれしい。
もっと勉強したらもっと褒めてくれるかな。


こうして徐々に自発的に勉強する子供に
なっていくわけです。


ところで・・

「じゃあ、何を勉強させたらいいの?」

という疑問があるかもしれませんが、
発想は前述のとおり、

「どうしたら好奇心をもってくれるか?」

というところから考えてみてください。



例えば、今人気の「ドラゼミ」は
年中・年長の子供向けのコースがある
ドラえもんの学習教材です。


ドラえもんは子供には大人気ですから
すごく興味を持ってくれると思いますよ。

資料請求すると無料で教材サンプルがもらえますので
もし興味があれば下記の画像から請求してみてください。





なお、ドラゼミはドラえもんの学習教材といっても
内容はしっかりしています。


「百ます計算」でおなじみの、陰山英男先生が総監修ですので
安心できますよね。この方、立命館小学校の校長もしています。


子供が4歳くらいから勉強が好きな子供にできたら
小学校から先、親も子も勉強での苦労が大きく軽減するでしょうね。

無料サンプルプレゼント中! 小学館【ドラゼミ】


上の子が勉強していると下の子が邪魔をするときの対処法

September 12 [Sat], 2015, 19:07
4歳の子がドラゼミなどで勉強するようになった場合、
親としては一安心でしょう。

しかし、兄弟、姉妹の場合には、
下の子が邪魔をしまくるという問題が発生します笑


そういうときの対処法は、下記が良いようです。

・下の子が小さい場合には、勉強の時間だけ
 おんぶをしてあげる

・下の子にもドリルやノートを与えてみる。
 とくにお絵かきがオススメ

・下の子が起きてくる30分前に上の子を起こして
 早朝に勉強させるクセをつける


このようにして上の子の勉強をサポートしてあげましょう。


ただし、間違っても、上の子が勉強している間は
あなたが下の子ときゃっきゃっと遊ぶことのないようにしましょう。


上の子がせっかく興味をもって勉強しているのに
あなたと下の子が遊んでいる方に好奇心が向いてしまいます^^;

4歳の子供で「字が読めない数えられない」は遅い?発達障害の可能性は

September 12 [Sat], 2015, 19:06
4歳の子供がいると、周りの同い年の子供と比べて
まだ字が読めない、数が数えられない、

もしかして他の子供より遅れている??

と心配になるお母さんがいらっしゃいます。


結論から言うと
「ぜんぜん気にしなくて大丈夫です!」


小学校に入学する前の差なんて
大した差にはなりません。


むしろ、できなくても、
勉強したり本を読んだりするのって楽しいな。
という意識とその習慣をつけてあげる方が

ずっと大事です。


その意識と習慣さえあれば
年を重ねて成長する中ですぐに周りの子を
追い抜いていけますよ。