ブログのお引越し 

December 31 [Thu], 2009, 23:09
ヤプログさんにずっとお世話になってましたが、
ここのところ気分が乗らないので、FC2ブログさんにお世話になることにしました。


新しいブログです。↓

『Hay que endulzar la vida』


2008年同様、2009年もよろしくお願いします。

本当にらくらく? 

December 15 [Mon], 2008, 20:00
クリスマスだしーと思い、何か自分にDSのソフトを買おうかなぁと
ネット上でウロウロしてたら、こんなものを発見!!

らくらく心電図トレーニングDS



一般向けの販売ではなく、あくまでも医療従事者向けのようですね。
でもこれで身につくのかなぁ?!

あわてる乞食はもらいが少ない 

December 14 [Sun], 2008, 18:46
ことわざのようです。

普通に会話している中でdorami母の発言でした。
言葉のインパクトが強すぎて今では何の話の中で出てきたのかさえ、
分からないんですが、意味はこのようです。↓
『うろたえて騒ぐことは、かえって失敗のもとになり逆効果になるということ』


最近、何かしながら『ER』を観るのが癖になってます。
もう何十回と観てるけど、看護学校に行ってからは、
視点も前と違うため、より面白いです。

ところで、そんなERでのシーン。
ナイジェリアでひどい拷問を受けたエボカという人の大赦を得ようと
拷問された時のことを聞こうにも思い出せない。
そこで、グリーン先生は過去に自分が暴行された場所に彼を連れて行き、
エボカに当時のことを告白。すると、エボカも記憶を取り戻し始め、
拷問の内容を話し始める。。。

doramiは、このシーンを観る度に涙が止まらないんですけど、
いつも思うことは、グリーン先生がエボカにその時の辛い経験を
言葉にして告げることで、グリーン先生自身の過去の呪縛から、
解放されて、本来の先生に戻ったんだろうなぁということです。

でも、今はまた違った見方が出来ます。
相手の何かを知りたければ、
自分のことを相手に知ってもらってからじゃないと出来ないことなんだなぁと。

今回の実習でも感じました。
患者さんの話し。。。いいや、患者さんから情報を収集しようと
一生懸命になって、疑問文をぶつけまくってました。。。

そんなことよりも、自分の話を交えて、会話してた時の方が、
よっぽど患者さんもご自身のことを話しやすそうに見えたし、
何よりも生き生きしてた

病院実習で感じた小さなことをERでも見つけると、
もうかぶりつきです(笑

やっぱりERはdoramiにとって最高の教材です