死後の世界について

March 22 [Sun], 2015, 21:41
今日、ビデオにとっておいた「中居正広の終活」の番組を見た。

朝日新聞の「胃がん」の記事もみた。

自分もまだ、人生半分ぐらいあるが、真剣に考える必要性があるな・・・と感じた。
どんなに、健康に気を使っていても、病は突然やってくる。

運動しているから
健康に気を使った食事

とか、それはあくまで一般論で、それでもなるときはなるんだなあ・・・と感じた。

そして、吉野美香さんの「無治療」の生き方。
誰もがわかっていて、でも、それは一般的ではなく、普通は、手術と抗がん剤治療で治す・・・
いや、本当に治るかは・・・正直微妙な感じだ。

いまや、3人どころか2人に1人は癌になる時代。

それは、確かに常に頭の中には入れておく必要はあるが、
毎日毎日、明日が来ることが当たり前ではなく、今を・・・明日がたとえ死ぬことになっても
後悔しない生き方・・・というのは常々おもっていた。

ただ、自分の死後、自分はこうして欲しいということをしっかり伝える大切なことは解った。

病院で、家族に見守られて最後・・・が良いかなあ・・・
棺に入れてほしいのは・・・小さい頃の子供たちの手紙。
自分が、愛されている、人に必要されていることが感じたあのときの気持ちを一緒に持って生きたい。

葬儀の費用は300万程度。家族葬でいい。
骨は、墓ではなく、樹木葬が希望

何をしているときに死にたいか・・・と言うのは・・・さすがにまだ思いつかない。

本当に色々考えさせられるTVだった
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こほう
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/doramasuki/index1_0.rdf