ちょっと間が空いた近況 

2007年07月30日(月) 20時49分
えー、しばらくぶりに書きます。
『区切りの日』から9日目。メールも電話もありません。

いってらっしゃいのメール後、結局返信がありませんでした。
彼女が帰ってきた昨日、おかえりのメールもしました。
あいかわらずメールも電話もありません。

いまはいっぱいいっぱいだから、少し待って。
いまは距離をあけてほしい。
と『区切りの日』に言われたわけだけど。
メールもしないほうがいいってことなのかなぁ。。
それすらもわからなくなってる。
職場は同じだから毎日のように会うわけだけど、
それは仕事だからって割り切って考えてるのかな。

女性は切り替えが早いからな。。
今日もうじうじしてる俺でした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

少し、過去の話。

飲み会に行ったあと、職場で何度もすれ違う彼女とあいさつしたり、何気ない言葉をかけたりしてた。
ある日の仕事が遅くなった帰り、駐車場に向かうときに彼女と一緒になった。

きっと断られるだろうなっておもいながら、断られてもいいなっておもいながら
「ご飯一緒に行く?」って誘ってみると。
不思議と乗り気で、OKをもらった。

そのころ俺は彼女には気がなく、むしろ職場で噂の多い彼女に対して、ほんのすこしだけ嫌悪感をもっていた。
だって、既婚の男性との噂(しかも濃い)とか部署を超えての噂が多かったのだもの。

じゃあ、何で誘ったのかって。自分でも不思議に思う(笑)

一緒にご飯食べに行って、いろいろな話をした。
職場のこととか、ちょっとプライベートのこととか。
中華料理屋に行ったんだけど、料理が出てくるのがすごく遅くて、たくさん話をすることができた。

彼女は噂通りの人じゃない。
そう思えた。
根拠はなかったけど、そう思った。

思えば、それが好きの始まりだったのかもしれない。
でも、そのころは好きにならないようにって勝手に思ってた。
一度だけ食事に行っただけで、好きになるなんて軽すぎるって自分で思い込んだんだろうな。

だから、そのときは自分の中で「気になる人」って位置づけで止めてた。

着信音が鳴らない。 

2007年07月26日(木) 23時21分
明日、彼女が千葉に行くのでいってらっしゃいのメールをした。
いまだに返信がない。もちろん電話なんてあるわけもない。

本格的に嫌われたのかなぁ。

また寝れない夜がきた。
ちいさいな、自分。

7月25日の話 

2007年07月26日(木) 10時43分
昨日書かなかった分を、いま書きます。今日は休み。

7月25日。『区切りの日』から4日目。電話もメールもありません。
でも、今日は職場で話しかけた。仕事での用事で、ね。

一緒に荷物運びをして、彼女の部署まで荷物を持って行ったんだけど。
なんだか、彼女ひょこひょこと足取りが重い。
「どうしたの?」って聞くと、「足が痛い」って。
「なんかしたの?」って聞いたら、なんだか言いづらそうな顔を浮かべて。。

そんなことを聞かれるのもイヤになったのかなぁ。。って考えてしまう(笑)
それから沈黙。
いつもは階段であがるけど、足がつらそうだったから。
「エレベーターでいこっか」って声掛けると
「どっちでもいいよ」
「あし、階段だとつらいでしょ?」
「うん・・・」
なんか、変な会話(笑)
そのあとも沈黙。

彼女の持ってる段ボールを一個さらに持ってあげて、彼女の部署まで運んで行く。
山積みにされたところに段ボールをおいて、終了。

なんとなく会話がブツ切りになったのが気になって、帰り際に
「シップ、貰っておこうか?足に貼るのに」
彼女、笑ってというか呆れ笑いで?「いいよ〜。ほんとに大丈夫」って。
「わかった。無理しないでね。」

呆れ笑いの顔でも、彼女の笑顔は相変わらず好きだって思った。
情けないなぁ・・あの笑顔、ちょっと前まではいくらでもおれに向けてくれたのに。。

やっぱり好きなんだな、おれ。

明日、彼女は休みを取って、千葉にいくらしい。昔働いてたところ。
ずいぶん前から、懐かしい、行きたいって言ってて。
今日の夜にでもいってらっしゃいのメールしよ。

はじめまして。 

2007年07月24日(火) 22時28分
いま、おれは恋をしています。

いままで、気になった人がいる、とか、好きな人がいる、くらいはあったけど。

こんなに切なくなったり、こんなに会いたくなったり、
言葉では言い表せないくらい好きになったことなんてなかった。

そもそも自分で、「恋をしている」なんて言うこともなかった。
人を好きになるなんて、自分の弱みをさらけ出してるみたいで、
絶対に人に相談することなんてなかったし、ましてや好きなタイプを言うことすらためらっていた。
恥ずかしいことだと思ってた。

でも、いま自分でも不思議なくらい素直に友達に相談してる。
いままで相談したことがなかったからか、たくさんの友達に自分をさらけだしてる。

あるとき、ある友人に相談してたら、
「ドラマみたいだね!いい恋してるね!いいな〜」
って言われた。

「いい恋ってナンダヨ!こんなに切なくってどうしていいかもわからず、悶々としてるのがいい恋なのかよ!」
って反論したら

「おれもそんな恋したかったな〜。ほんとにドラマみたいだよ。次聞くのが楽しみだ(笑)」
「でもそんなに悶々としてるなら、日記でも書いたら?ブログとかさ」
って。

だから、書いてみます。ブログ(笑)
いつまで続けられるかわからないけど、日記代わりに書いてみます。
はじめに言いますが、うまく書くつもりなんてありません。ごめんなさい。

でも、これからのことだけじゃなく、振り返っていろいろ書くつもりです。

これが、はじめまして、の挨拶です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いずれ書くつもりだけど、今日は『区切りの日 7月21日(土)』から3日目経過。
電話もメールもありません。

『区切りの日』って言っても、別れたとかそういうんじゃなくって、
好きな子から答えを出してもらうのに「もう少し待って」って言われた日。
その言葉で、おれ自身の気持ちの整理がついた日。

おれの好きな子は2こ年上で来年の3月で30さい。
同じ職場で働いているけど、部署は違うので、廊下ですれ違うくらいかな。
すれ違う時は、「おはよう」とか「おつかれさま」とかあいさつするだけ。
職場では仲の良いことは隠しておこう、ってお互いに話したから。

ちょっと前は、仕事から帰ると、毎日のようにメールも電話もしてたんだけどなぁ。


出会ったのは去年の12月。職場の知り合いから時々誘われる飲み会で。
職場の3〜4人で飲むってだけ聞いてて、飲み屋の場所がわからないから、
スポーツ店の前で待ち合わせをしてたら、彼女が来た。

同じ職場だから存在は知ってたけど、話しかけたこともなかった。

待ち合わせ場所に立ってるおれに、「みんな来てないの?」っていきなり話しかけてきた。
あとで聞いたけど、向こうはおれのこと知ってたらしい。

その飲み会でもほとんど会話もなくって、番号もアドレスも聞いてなかった。
変わったことと言えば、廊下ですれ違う時にこっとしてあいさつする様になったくらいかな。


その数ヶ月後、こんなに好きになるなんて、思いもよらなかった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dorakoi
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
恋をするってことを、この歳になるまで全然わかってなかった28歳の男。

おれが君にしてあげられることって、何かないかな。

って、ちょっと泣きそうになりながら言った。
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる