ドッペルギャンガー215のあまり知られてないお得な通販情報

February 20 [Wed], 2013, 21:50

ネットで何かを購入する際、みなさんはどのよう
な手順を踏まれるでしょうか?


普段使っている通販サイトで欲しい品物を検索し
て探されるというのが一般的なのでしょうか。


Yahoo!やGoogleといった検索サイトで商品名を入
力して探されるパターンもあるかと思います。



少しなれていらっしゃる方は、価格比較サイトな
どで欲しい商品を検索して一番安いショップを探
し購入されるという方もいるでしょう。



そんな方がよく利用されているのが、あの有名な
価格.コムというサイトですね。



この価格コムで今回ご紹介しているドッペルギャ
ンガーの215 Barbarous(バーバラス)を検索してみ
ると現在13のショップが検索にヒットします。



それでそのリストを安い順に並べかえて、一番安
い最安値のショップの価格を確認してみると現在




21,724円




になっていました。私はこの金額を見て、ん?ち
ょっと高くない?と思って普段良く使っているア
マゾンで、同じようにドッペルギャンガーの215 B
arbarous(バーバラス)を検索してみると・・・・




17,800円




になってました。(笑) 約4,000円も開きが
あります。


というか普通、価格コムのこの検索結果一覧には
アマゾンの価格はよく入っているし、さらに右上
にアマゾンの価格だけ別にバナーで表示してある
のをよくみますが、このドッペルギャンガーの215
Barbarous(バーバラス)では、それが見当たりま
せん。www



アマゾンがあまりに安すぎるからでしょうか?



私は別の商品を検索したのかと思って見なおした
んですが、215で間違いないようです。



アマゾンも結構、1日で価格がいきなり高くなっ
たりするのでこの価格がいつまで続くか分かりま
せんが現時点ではおそらくネット通販サイトでは
一番安いのではないでしょうか?



この先、春先になると通勤や通学用に自転車を購
入される方が多くなるので、その頃には値段が上
がるかもしれないですね。



購入を検討されている方は、値段が上がるまえに
ゲットして下さい。



アマゾンはこれだけ安くて、さらにこの自転車重
量が13kg以上あるのに送料無料です。購入さ
れる方は、感謝して購入しましょう。(笑)




→ドッペルギャンガー215バーバラスの詳細はこちら>>>





ドッペルギャンガー215の機能性について

February 19 [Tue], 2013, 21:48

ドッペルギャンガー 215 Barbarous(バーバラス)
は前回までのエントリーでお伝えしてきた自転車
本体のコンパクト性やユニークなデザインだけで
なく、実際に乗ったときの自転車としての走行性
能にもこだわりぬかれているバイクになります。


その秀逸な走行性能をもたらす一つに、日本が誇
る世界のメーカー、シマノ社のブレーキレバー一
体型の変速機RAPIDFIRE(ラピッドファイヤー)が
あげられます。これは走行中にグリップから手を
離すことなく変速が出来、安全性の面においても
すぐれたパーツとして採用されたものです。


それからシマノ製の変速機にはシフトアップ、シ
フトダウンそれぞれのレバーを備え、レバー内部
のスプリングによる適度な反発力、確実なクリッ
ク感を伴った小気味良い操作感が特徴となってい
ます。


またフォールディングの小径自転車のタイヤでは
レアな、ワイルドなブロックパターンを持つオフ
ロードタイヤが採用されあらゆる天候、路面状態
でも走行可能となっています。


小径車ということを考慮し、よりハイスピードを
求めるユーザーのために「52Tチェーンホイール」
を標準採用しました。一般的な「48T」にくらべ8.
3%ギア比が高くなり、いずれのギアにおいても速
度の向上を体感できます。この「明らかに大き
な」このチェーンホイールが、視覚的に大きなイ
ンパクトを与えます。



→DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー215バーバラスの詳細はこちら>>>



ドッペルギャンガー215の野性味あふれるデザインについて

February 19 [Tue], 2013, 21:19

ドッペルギャンガー 215 Barbarousを選ばれる方
のその多くの選択理由の一つに、この自転車の野
性味あふれるデザインがあげられます。


まずその配色にドッペルギャンガーというブラン
ドの強い思い入れを感じます。まず黒と白は都会
的でクールさを演出しかつ先進的なイメージを乗
る人や見る側に与えます。


それとは対照的なカラー、「オレンジ」は逆に情
熱や躍動感といったイメージを連想させ黒と白の
真逆のイメージを持たれるとおもいます。


この三色が絶妙な配置によりお互いの主張を押し
つぶすことなく補完し、見る側に相乗効果をあた
える狙いがあるようです。


またひと目で目を引く、大型のオレンジブロック
タイヤと大径チェーンホイールがまさにこの自転
車のワイルド感、野性味を演出し、またロゴデザ
インも車体イメージに合わせたワイルドなグラフ
ィックが取り入れられています。


ブラックとオレンジのコントラストがレイテ・ホ
ワイトのフレームとあいまって視覚的な立体感を
もたらし、街中で比類なき注目を集める存在とな
っているようです。



→ドッペルギャンガー215バーバラスの詳細はこちら>>>



ドッペルギャンガー215の軽さのメリットについて

February 19 [Tue], 2013, 21:01

多くの方がドッペルギャンガー215を選ばれる理由
の一つに、前回お伝えしたようにアルミパーツを
多用していて、なかでもアルミ製ツインチューブ
フレームが軽量化に大きな役割をになっています。


このツインチューブフレームには2つに折りたた
めるだけでなく、一番のポイントが自転車本体の
ちょうど真ん中から半分に折りたためることが可
能だということです。このポイントが従来の折り
たたみ自転車にはなかったより一層のコンパクト
さ実現しています。


また小さい点ではありますがすごく重要な点とし
てこの折りたたんだ際に、前輪の位置と後輪の位
置がきれいに重なりあうのですが、この事が従来
品にはなかったコンパクトさへ繋がっているよう
に思います。これは持ち上げたときの重量のバラ
ンスもよく持ち運びがしやすい特性もあるように
思います。


この前輪と後輪がそろうということがもっとも小
さい容積を実現する要となっていて折りたたみ自
転車のまさに肝心要の部分と言ってもよいでしょ
う。


なお、この「ツインチューブフレーム」は従来の
「2本のパイプにプレートを挟んで溶接」製法では
なく、1本のアルミニウムパイプを高圧でプレスす
る製造方法をとっていて、この製法により「ツイ
ンチューブフレーム」の原型「ツインチューブ形
状」を形づくっています。


この一本のパイプをプレスする製法では縦方向や
ねじれに対する剛性がアップし強度が増し、また
従来品のように2つのパイプを溶接するのではない
ので溶接した跡が残らず仕上がった製品としても
見栄えがよいという利点があります。



また自転車を折りたたんだり、展開したりするの
に、工具を不要で、固定するのにも女性の方でも
力を入れやすいように大きなサイズが与えられた
クイックリリースレバーを採用しているので、簡
単にフレームをロックしたりロック解除ができま
す。



さらに安全面に関しては走行中不意にフレームが
閉じないように安全機構を搭載されていて、クイ
ックリリースレバーがロック解除の状態であって
も、レバーを持ち上げ ない限り、フレームが閉じ
ない構造となっています。




→ドッペルギャンガー215バーバラスの詳細はこちら>>>





ドッペルギャンガー215という製品について

February 19 [Tue], 2013, 17:32

ドッペルギャンガー215は野性味あふれるデザイン
と街中でひと目を引くのカラーリングにより現在
通販サイトで人気を集めている折りたたみ式自転
車です。


自転車本体のフレームにはドッペルギャンガーを
代表する20インチアルミ製「ツインチューブフ
レーム」を使用してありこの215バーバラスの
一番の特徴また既存の折りたたみ自転車との違い




アルミで出来ていること。



従来の折りたたみ自転車は大部分が鋼鉄製で折り
たたんでも相当な重量で非力な人が持ち運ぶには
かなり困難でした。


またこの重さが小さなタイヤの自転車のペダルを
漕ぐ大変さがあり、体力がない人にとってはかな
り扱うのが大変でした。



さらに鋼鉄製のフレームは性質から錆びやすくさ
らに重さもあいまって自宅のストックハウスの奥
に仕舞いこまれるパターンが散見されました。



ドッペルギャンガーのBlackmaxシリーズでは、フ
レーム、ハンドルバーやステム、シートポスト、
クランクなどショートパーツに及ぶまで アルミニ
ウム製パーツを多用し既存の鋼鉄製の折りたたみ
自転車から大きく進化した存在となっています。



このアルミを多用した結果得られる軽いという点
は色々な所でメリットとして発揮され、走行中の
突き上げを緩和し快適な乗り心地を実現し、また
軽量ゆえに漕ぎ出しも非常にスムーズとなってい
ます。



また小型車ながらその軽量をいかし、長時間のラ
イディングでも疲労しにくいメリットが上げられ
ます。



それからBB(ボトムブラケット)が密閉式のカセ
ット式BBで灰塵の混入を抑えるのに役だっていま
す。



従来のスチール製の自転車、シティサイクル(マ
マチャリ)しか乗られたことがない方は、このア
ルミ製の自転車を一漕ぎすることで、それまで味
わったことがない異次元の感覚を体験をされるこ
とでしょう。



毎日この自転車に乗ることで、自然と笑顔が浮か
ぶ「走る」ことの楽しさを感じさせるスポーツ車
エントリーモデルとしてドッペルギャンガー 215
Barbarous(バーバラス)は存在します。



→ドッペルギャンガー215バーバラスの詳細はこちら>>>



【リンク集】
DOPPELGANGER 215 Barbarous(バーバラス)ワイルドだろ〜?
ドッペルギャンガーBarbarous:視線の数は高級車を上回る


P R