過剰な眠気が日中繰り返し

May 17 [Fri], 2013, 9:26
ナルコレプシーは、突然強烈な眠気(睡眠発作)に襲われ、時と場所に関係なく居眠りを何回も繰り返す疾患です。ナルコプレシーの症状のうち、複数の症状があらわれるのは患者さんの1割程です。大抵は、2つの症状ないし、3つくらいの症状があらわれます。その症状とは、


ナルコレプシーと診断される人は、・入眠時幻覚(入眠の時に幻覚、幻聴が起こる)・昼間の眠気、睡眠発作(突然起こる猛烈な眠気)・情動性脱力発作(気性の大きな変化がある場合に体の一部または、全身の力が抜ける)・睡眠麻痺(睡眠中の金縛り状態)これらの4つの症状から診断されます。


ナルコプレシーの症状では、夜間の熟眠困難、複視、頭痛、頭重やだるさ等の倦怠感を訴えることもあります。睡眠・覚醒のリズムが乱れるために、過剰な眠気が日中繰り返し、情動脱力発作、入眠時幻覚、睡眠発作、睡眠麻痺などの症状が現れます


ナルコレプシーは、遺伝性が強いといわれています。白血球の血液型であるHLA(ヒト白血球抗原 Human Leukocyte Antigen)のある一つの遺伝子が陽性の場合にかなりの確率で遺伝していることが最近の研究で確認されています。症状が強く発生するのは10代〜20代です。



おすすめサイト:iライン脱毛によるトラブルについて
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たいちゃん
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dopepp/index1_0.rdf