親切なクムジャさん 

2008年04月23日(水) 21時15分
ごきげんよう緋紗子です。
先日、「親切なクムジャさん」をレンタルいたしました二度目でした。初めて拝見いたしましたときは、イ・ヨンエさんのアール・ヌーボー調の美しいパッケージに惹かれて思わず借りてしまいましたでもね。内容がすざましかったんですなので、復讐三部作の最終編とは知りつつ、この作品のみで終了していましたが、しかし、今一度、手に取ってしまいました。それは、実用には無関係な銀細工をなぜ銃に施したのか聞かれたクムジャさんが、なんでも美しくなければ嫌なのと言っていたのが印象的だったのを思い出したからです確かに全編を通して美しい映画でしたオープニングのクムジャさんも。祈りを捧げながらうたた寝する、恐ろしい夢に微笑むクムジャさんも。レザーのコートで顔を隠して復讐を見守るクムジャさんも。また、彼女を取り巻く小道具(特にケーキがねぇ)からセットまで・・・今回は、内容よりは他の部分を中心に鑑賞いたしました。そして、残りの復讐シリーズも観てしまいました残虐、残酷なシーンが満載なのですが、三部作すべてが、どれも少し滑稽で切な悲しいストーリーでしたそれだけに、リアルでしたわよハリウッド映画では、この辺の心のヒダが描かれないですよねやっぱり、韓国の映画はその辺がしっくりきます
「復讐者に哀れみを」では、ソン・ガンホさんが自宅に現れた娘を抱きしめるシーンが印象的でした。「わたし、もっと早く水泳覚えておけばよかった」という台詞とそれに答える父親のなんともいえない表情が・・・
「オールド・ボーイ」では、これほどの復讐を成し遂げるほどの深い愛があるのかと・・・でも、成し遂げると同時に生きる意味もなくなっちゃうのね
恐ろしい場面が多いので、正直、何回も見れる作品ではないのですが、パク・チャヌク監督の作品が好きになってしまいました美学が行き届いてますわだから、私「サイボーグでも大丈夫」も拝見してしまいましたこの三作品を見た後のせいか、とても可愛らしく微笑ましかったですよほんと、サイボーグでも大丈夫よ。と抱きしめてあげたくなりました
まだ、ご覧になっていない方もおありでしょうから、内容について事細かに書けず消化不良気味の緋紗子です

哀愁 

2008年01月26日(土) 2時25分
ごきげんよう、緋紗子です前回にひき続き、懐かしい映画「哀愁」のお話しをいたします。
主演は、ビビアン・リーです「風と共に去りぬ」のスカーレット役と申し上げればご存知の方も多いかと存じます「風と共に去りぬ」・・・緋紗子のBEST OF CINEMAですが、ビビアン・リーの役柄としてのみ考えるならば、この「哀愁」が一番好きです彼女の表情の創り方と役柄がとてもあっていると感じるからですヒロインが、何かを思いつめたときに爛々と輝きだす彼女の瞳が、その場面の臨場感をいやがうえにも高めます。ラスト近くで、霧の中から突然現れる車のライトに心奪われるように見開かれる彼女の瞳に観客の鼓動は、高鳴ります
この映画で、始めビビアン演じるマイラは、なんも言えない清楚な清らかな女性として登場します運命の恋人ロイ(ロバート・テイラー)と出会った日、ケープのフードに包まれた小さな可憐な顔は何としても守りたいと思わせる犯しがたい美しさです。きっとロイは、彼女の美しい顔に途絶えることなく微笑を湛えさせたいと思ったことでしょうけれど、戦争はこの二人の運命を引き裂きますいろいろな悪条件が重なり堕ちていくマイラ。後半は、あの清らかな様子はなりを潜め、すっかり町の女の貫禄を備えたマイラがいます。なのに、戦死したと思っていたロイが、「愛するのは過去も未来も彼だけ」とマイラが誓った彼が、もう後戻りできなくなってしまった今になって戻ってくるのです・・・こんなことってある〜わたくし・・・十代でこの映画を初めて見たときひどくうろたえました
この映画から、貴女に読み取ってほしいのは、登場人物たちの思いやりの心です時には、マイラの一番の理解者、また時には、マイラの盾となり矢表に立ち続ける親友キティ。反対されるであろう結婚を、身体を張って認めさせようとしたロイの叔父。自分も相当なショックを受けたはずの息子の戦死の誤報に、まず婚約者(マイラ)の心中をおもんぱっかたロイの母親。そして、マイラの誠実さをよく分かった上で、息子の前から消える手助けをした彼女の心意気に古きよき時代の自己犠牲と奉仕の精神が垣間見えます貴女は、どなたかにこのような力を発揮できますか?もし、それができるなら今のこの世も捨てたものではありませんのにねぇ自分より大切にしたい方がいるということは、もしかしたらとても幸せなことでしてよ
余談ですが、三島由紀夫さんが「反貞女大学」でおっしゃっています。男は愛され型だと。女性が愛することの本質を分っているとしても、男性は愛されることの心地よさは分かっても愛そのものについては、分かりえぬのだと。どうりで、ロイは、まさに現実を付きつけられて尚、理想の中のマイラ像を追い続けようとしますラストは、自分の美しい記憶に浸り続けた初老のロイが・・・ 彼は、駅で彼女に再会したとき、その風貌や状況からその現状を察知するべきでしたマイラは気付かせようとしたのに〜でもね、全編に渡ってロイは、王子なんですこちらの言うに言われぬ事情なんてなかったら、もう、飛び込んじゃえって感じですよア〜ッ、やっぱり男は愛され型ですのね貴女もこの男女差のからくりがわかってき始めると上手く素敵な女性を演じられるかもですわよ
では、ごきげんよう

紳士は金髪がお好き 

2008年01月23日(水) 20時33分
ごきげんよう、緋紗子です久しぶりに、古い映画を鑑賞いたしました「紳士は金髪がお好き」と「哀愁」。昔の映画に共通して言えることではありますが、この2本にも淑女のヒントがたくさん散りばめられていました今日は、「紳士は金髪がお好き」から女子として見習いたい点をご紹介いたします。
この映画、もうのっけからお金や宝石が、いかに女性を幸せにしてくれるかということをしつこいくらいに訴え続けますそのポイントが的確なことといったらさすが、原作者が女性だけありますお金に目のないローレライと自分の恋する気持ちにまっすぐなドロシイ。一見、正反対の二人ですが、実はアプローチの方法が違うだけで結局は恋人をとても愛しく想っている事実この映画、皆様マリリンが主演だとお思いでしょう!?でもね、確かジェーン・ラッセル(ドロシイ)の方がクレジットが上なんですマリリン・モンロー(ローレライ)の役柄は、普通ならちょっといけ好かないタイプの女性・・・なのに、マリリン・モンローが演じることで、なんとも憎めない不思議な魅力がうまれています
ローレライは、歌います。男性は、女性が魅力的でなくなったら手のひらを反すように冷たくなるけれど、ダイヤモンドは、たとえどんな色でもカットでも永遠に変わらないベストフレンドだとそして、お金持ちの男性に興味深々で次々に魅力を振りまき、お頭の軽そうな、でも、なんとも可愛らしい仕草で虜にしていきます男性からすれば、まさに「夢の女」ですよ。柔らかそうで、愛らしくて、決して自分を傷つけない・・・でも、ローレライは、ちゃーんと心得て演じてるんですね。おバカな女性を結婚反対のお義父様に「男の財産と女の美しさは同じものよ」「私が賢いことを言うと男の人は嫌がるの」といって舌をまかせます。彼女なりの、しっかりとした哲学をもっているんですね
一方、ドロシイはというと、自分の恋にまっすぐなばかりに、ちょっと、かたくなな感じアプローチの仕方もストレート(とってもアメリカン)。でもね、言ってることは、とても誠実で心優しい美しい女性。裁判所で、ローレライの姿を借りたドロシイの言葉にグッと来ましてよ見た目も言動も姐御的なのに、その実なんとも可愛くて純粋なんですの
さて、今日、緋紗子が貴女にお手本にしていただきたいのは、リッチな男性が手に入れた美しい女性が、可愛くおバカを演じることで、彼は気持ちよくだまされてあげる。また、リッチな男性に落とされてあげた女性が、彼のために可愛いおバカさんになって、あれこれねだったりして、気分よくお金を使わせてあげる。ということですなんだか、お互いにゆとりがある愛しかたですでも、これは、ドロシイのように純粋な恋をたくさん追いかけた後の完成形としてご使用くださいあまりお若いうちに、いきなりこれですと、げんなりいたしますわね
では、ごきげん麗しゅう

イルマーレ 

2007年07月08日(日) 23時06分
ごきげんよう。緋紗子です韓国版「イルマーレ」拝見いたしました映画全般を流れるしっとり感がなんとも素敵でした
米国版にくらべて韓国版のほうのイルマーレ〈家〉は、岸から玄関までのアプローチが長く、霧の濃い日は雲の中を歩むような感じがするでしょう。自分の足元さえ見えない桟橋の上を進むとき、フッと時空を超えてしまいそうですそんな説得力のある風情のイルマーレでした。韓国版・米国版どちらもそれぞれに素敵でしたが、韓国版の方が、より2年の時間が交錯しそうな仕上がりに」なっていたかとこうして、見比べてみますと、キアヌ&サンドラ版はハラハラ・ドキドキの使い方がハリウッド的だわ〜と。娯楽的。グッと観る人々を惹きつけますねそして、韓国版は、日本人の情緒に合っている気がいたしますやはり、同じアジアの血でしょうか韓国映画を韓流物と十羽一絡げにせず、お若いお嬢様方にも、ぜひ、好いものに触れていただきたいものです
イ・ジョンジェさん演じるソンヒョンが成り行きで飼うことになった犬のいたずらを見守るる演技がなんとも素敵です「あ〜ダメダメ。→仕方ないなぁ」という感じに変化するのですが、ワンちゃんの映像がなくても彼の表情だけで全て伝わるんじゃないかしら。と思える表情(目というべきかしら)の演技です韓国の作品は、リメイクしたり、されたり。兎に角よいものが多いようです

谷崎 潤一郎 

2007年05月21日(月) 10時17分
皆様、ごきげんよう。緋紗子です昨日、書店を散策していましたところ、ふと「細雪」が目にとまりました。私、彼の麗しい四人姉妹の織りなす美しい物語がとても好きなんですなので、今日は谷崎潤一郎作品について、お話しを。前述の「細雪」は、あまりに有名そして長編なので、短編を一つご紹介いたしますきっと、長い睫の間から垣間見るような谷崎ワールドの扉を開くきっかけになるはず
「刺青」私が、このお話に魅力を感じるのは、主人公が「ファム・ファタル(宿命の女)」に出会ってしまうからなのですただ「好き」「愛している」ではないのです。衝撃的な出会いなのです「刺青師の清吉は、日ごろより己の入れる刺青の痛さに悶え苦しむ客の姿を見て言い難き愉快を感じていた。そんな清吉の宿願は、光輝ある美女の肌を得て、それへ己の魂を彫り込む事であった。」そして、とうとう宿命の女に出会のです。一度目は、駕籠からのぞいた素足(おそらくひざ下のみ)を見て、それと確信しかし、素性を追いきれず二度目は、機会を逃さず、強引に女を引きとめ眠らせていっきに彫ってしまうのです初めて拝読しましたおりは、あまりの展開に私、ショックを受けましたところが、もっと衝撃的なのが女の言葉でした(女、女と先ほどから書いていますが、16・7の乙女です) 大の男でも悶え苦しむ刺青の痛みをなんなと受け流し、清吉が言った「もう今日からは、男という男は、皆お前の肥やしになるのだ。・・・・・」に、「お前さんは真先に私の肥やしになったんだねえ」と答えるのです快感にも似た悪寒が走りました日本中の男を虜にするような美女を創り出そうと女をさらって来たはずが、自分が最初の犠牲者に清吉は蜘蛛が獲物を絡め獲るがごとく、女を捕らえたつもりが、女に女郎蜘蛛を彫ってしまったために、逆に絡め獲られてしまうのですね・・・足だけ(しかも、おそらくひざ下のみ)を見て自分の探している女に違いないと確信したり、いきなり、さらって刺青をいれてしまったりと非常に濃〜い展開ですが、私が、このお話に魅力を感じるのは、理想どうりに創りあげた女性を性的対称として視るのではなく、あくまでも作品として観ているところに主人公(著者かな)の美学を感じるからです(最後は、虜のようですらありますしね)今日は、言葉遣いが少し悪かったですわねでも、谷崎作品は、女の人を「乙女」や「女性」であらわすには、不適切かと・・・なので「女」・・・
三島由紀夫の「女神」、映画「パフューム」でも似通ったエッセンスを感じられるかもです。
今日は、なんだか疲れました

お久しぶりです 

2007年05月20日(日) 22時38分
緋紗子です。ごきげんよう早速ですが、今日の御話は、映画「イルマーレ」です。皆様ご存知のキアヌ・リーブスのロマンティック・ラヴストーリーです。久方ぶりのサンドラ(・ブロック)女史との共演にウキウキのキアヌーにアラアラとため息まじりの緋紗子です。お話しは、二年の時間の交錯する美しいラヴストーリーなのですよところどころ、お互いの時間のずれにジリジリして「切なーっ」と気を揉んでしまいます。が、気づけば、砂丘かもしくは、ゼリーの中を進むがごとく二人の軌跡をたどる私(貴女)が居るはずレイク・ハウス〔原題〕の不思議に魅せられてみてワこの映画は、韓国映画のリメイク版とのこと、本家と見比べるも善しですわね緋紗子情報ですと、韓国版の方がより感動的だとか早く観なくてはですわ
キアヌーのことを思って、幾年が過ぎたのでしょう?!思えば、のCMで出会い「ハート・ブルー」で俳優と存じて以来です彼のおバカな青春物もファンなら必見です爽やかなラヴ・ストーリーをお好みなら「恋愛適齢期」かしらん好青年でしたわよサンドラ女史、好きなタイプの女優さんです彼女の作品は、「デンジャラス・ビューティー」が好きです。綺麗だけど三枚目照れ屋さんッぽい彼女の性格の良さが見え隠れ

ダビンチ・コード 

2006年07月02日(日) 21時47分
 お久しぶりです。お元気ですか?緋紗子です以前、「ダビンチ・コード」を読んでいることお伝えいたしましたね映画も観て参りましたなんだか、少し違うお話になっていましたが、面白うごさいましたよわたくしは、本の方から入りましたので、少ーし物足りなさも感じましたが、世の中との折り合いも付けつつ映画を創るには、これぐらいが限界なのでしょう「本から入るのは億劫だわ」と思われる方は、映画から入ってみられては本への導入が楽になりますよ 世の女性の皆様は、ぜひ、お読みになってねこの御本を読み終えたとき、貴女は聖なる女性に、表面は静かだけれど、身体の奥底に秘めた湧き上がるような炎を感じるでしょうそして、御自分がその女性性をもってこの世に生を受けたことに、誇りを感じるでしょうお話のラストをお読みになったとき、貴女は、ルーブルへ足を運びたくなるはずです。歴史の闇に葬られた聖なる女性に讃歌と慈しみの愛の涙を送るために...

安野モヨ子さん 

2006年05月16日(火) 20時08分
 こんにちは、緋紗子です貴女は、安野モヨ子さんという、漫画家さんを御存じですか?もし、貴女が、私の世界に共感するところがあるなら、彼女のことは、必ずお好きなはずですまだ、ご存じないとおっしゃるかたは、ぜひ作品をお読みになって下さいませ彼女は多才な方で、様ような層に向けて作品を送り出していっらしゃいます少女には「シュガシュガルーン」という、魔女っ子物を。乙女には「ハッピーマニア」や「花とみつばち」etc.(乙女向けは、一番数が多いかと・・・)青年向けには「働きマン」大人の女性には「美人画報」などなど彼女は、美しいものは、美しいと。カッコいいものは、カッコいいと。自分を勘定に入れず真直ぐな目で見、そして、伝えるすべを持った類い稀な女性だと感じていますきっと、人としての愛情の深い方なのでしょうそんな彼女の「さくらん」という、花魁(おいらん)を題材にした作品が、この度、土屋アンナちゃん主演で、映画化されることになりなした「さくらん」は、その道に生きる女の業と切なさを描いた作品です。異端児として描かれるヒロインの体を商売道具にしながらも心は純な恋に生きる姿勢に不思議な爽快感を覚えますこの作品の主演が土屋アンナさんだと知ったとき、私は心ときめきました原作をご存知の方は、お分かりになるかと思いますが、イメージにピッタリなんですね(ウフッ)土屋アンナさんは、映画「下妻物語」(御存じない方は、これまた、ご覧になって)できちんと認識しました(それまでは、綺麗な、でも、よくいるモデルさんというイメージ)が、その作品で、完全にファンになりなしたそんな、お二方がコラボした映画、素敵でないはずがない乞うご期待ですわ安野さんは、ご主人との生活を題材にした「監督不行届」という作品も描いていて、こちらも、彼女の人となりがよくでていて、微笑ましく読め、また心が暖かくなる御話満載なので、疲れた心をお持ちの方は、ご覧になって 独身女性には、できれば、一度はご覧になってほしいわなぜなら、伴侶となる方の人選のヒントにもなると思うから

ファンタジーの話(つづき) 

2006年04月16日(日) 14時10分
ストーリー展開と文章の書き口は鮮やかで(訳した方も素晴しいですね)、グイグイお話に引き込まれて行きますまるで、映画を観ているようですよ興味をお持ちの方は、「あかね書房」さんからでていますのでどうぞ
 思えば、私は、幼い頃から、ファンタジーが好きでしたミヒャエル・エンデイの「はてしない物語」や「モモ」の世界は、子供だった私に、たくさんのワクワクドキドキと涙と爽快感を与えてくれました眠る前のひととき「あともう1ページだけ」とめくった二色刷りの本は、まだ、私の本棚にあります

ファンタジーの話 

2006年04月16日(日) 14時07分
今回は、ファンタジーを題材にした読み物をご紹介します最近、ファンタジー映画が続々と上映されていますね「ロード・オブ・ザ・リング」「ハリー・ポッター」「ナルニア国物語」・・・例をあげればきりがないでしょうまた昔とは違い、大人も夢中になっています(かつては、子供の付き添いで観ていた大人が多かったように思います)。このことは、世の中の人々が、心に潤いや夢を求めているからではないでしょうか?今回、映画ではなくをご紹介するのは、読み物とファンタジーが、とても相性がよく、どちらともに、瞬く間に、別世界へと誘ってくれるアイテムで、その上、は持ち運べるからです眠る前のひとときやフッと空いた時間に、ほんの少しでも美しい世界に行ってこれたなら素敵だと思いませんか?さそこで、ご紹介したいのが「ヒーラーズ・キープ」という、ファンタジーの物語です装丁はとても美しく、主人公ミーヴの神秘的な美しさがうまく表現されていますそして、その内容は、を手に取った時の期待を裏切らないもので、美しさと神秘的な不思議を、ハラハラする冒険を交えて、読むものに与えてくれます内容について、ザっと触れましょういくつもの、王国が存在し、度々、戦争が繰り広げられる、「奴隷や魔力が存在する野蛮で不思議な世界」その中の王国の一つアーチェルド国にある「いやしの砦(ヒーラーズ・キープ)」の年若いいやし人と奴隷の印をもたない奴隷ミーヴの不思議な絆と自由への物語です つづく
ハンドルネーム
緋紗子(hisako)
プロフィール
好きなものは、懐かしい香りのする香水、絢爛豪華な装飾を施したクリムトの絵画、ガレやドームの幻想的なパート・ドベール・・・美しいもの愛らしいものにかこまれて暮らすのが私の夢です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:door-of-haert
読者になる
Yapme!一覧
読者になる