診断基準の全て

November 15 [Mon], 2010, 15:59
非言語動作は、姿勢を使用できません。
質的な障害の相対的な表面のボディーが
コミュニケーションでじっと見る式のジェスチャー。

私が話しても一目は合っていません。
叱られますが私は笑います。
私はの規格に、良い友人関係を開発にすることができません。
興味を持っていて、喜び/関心/結果を自発的に
別の人と共有させないでしょう私があることを示している。

それは中で他の人々か感情的な互恵主義に
向かってに欠けています。
見知らぬ人のための無関心。
意志送信の質的な障害話し言葉の開発のための遅れがあります。
または、全く話し言葉がありません。

そこであっても、クレーン現象5はスピーチです。
別の人と話し続けるのが難しいです。
1つの回答は話されます。
会話は長い文で可能ではありません。
私はいつも繰り返して同じ単語を発行して
ユニークな言葉を発声します。
人と話すとき私は、同じ答えと会話に何回もします。

私には開発の規格に、良い変化でいっぱいの
社交的な性格がある子供プレーと物真似プレーがありません。
それが限られていて、同様のフォームで
いつも繰り返される動作/関心/活動は非常に強く
決定形をしているものの利益のためだけで興が乗ります。
自閉症の口コミが参考になりますよ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:doooma
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/doomanik/index1_0.rdf