Wall,Window、聖者たち。リリースツアー

December 14 [Sun], 2014, 17:28

寒いです、冬が苦手です、嫌いです
雪が降ろうものなら、吹雪いてくる雪に向かって延々とただひたすら文句を言ってます
ただの変人ですね、
つむです。

12日に個人的に愛してやまない、とあるバンドのライブへ行って来ました。テクニックもヴォーカルも圧巻で、終わった瞬間に虚無感に襲われる程でした、寒さも尋常でなく尚更、空っぽな感じになってしまい、明日から、何を目的に生きよう?と自問自答してしまうくらい、
すばらしかった。

今年の4月にも同バンドのライブに行ったんだけど、今回は8月にリリースされた新譜を引っ提げてなライブだったので、自由が利かないかな?なんて、思ってたけど、最高だった。

なんというか、見えない圧力的なエネルギーを感じて、呆然としてしまった。
誤算だった。考え自体が、始めから。

時折、「あ、この人、福岡嫌いなんだ」とか「地元なんて捨てた人なんだ」とか思ってたけど、
演奏聴くと、「何か文句ある?音楽にそんな情なんていらないでしょ。贔屓すると思った?」と言われている感が否めなくて、頭空っぽになりながらひたすら、音楽を楽しんでしまっていた。

上記に書いたように、その考え自体が誤算であって自らストッパーをかけていたことに気づく。

彼らは私たちのことを「客」として見ているのだろうか。という疑問すら感じた。
ますます惹かれてしまった、完敗だ。


彼らのライブに行くといつも思うことがあって、それは「自分という存在に絶望する」ということなんだけど、もちろん、それは活力になりモチベーションの高揚になるのでありがたいことであるのだが、考えを逆手に取れば、今までの在り方というのを否定された気分になる。

いや、全然いいんだ、寧ろありがとうと言いたいんだけど、同時に死にたくもなってしまう。

苦しい、悔しい
二つの感情が頭の中を無造作に駆け巡るので、焦るし涙が出そうにもなる。

それほど、影響力のある音楽って他にはないし、彼らの音楽に惚れていると再確認出来る。

いっそ死んでしまおう、なんて一瞬でも思うと彼らに失礼な感じがするけど、=自分なりの感謝の表現であることにはなんのかわりもなく、
そうとしか言えない。むしろ、「ありがとう、最高だった。」の一言で済ましてしまうほうが、薄っぺらく、軽率だ。と思っている。


まだ、銃を構えてすらいないのに、ゲームオーバーになった、エキストラ。
的な位置にいる自分が、
いつか、彼らのような演奏が出来るバンドをつくりたいと思っています。いや、超えないとダメやね。

静かに、こっそりと宣戦布告しときます(笑)

ピープルありがとう!!






  • URL:http://yaplog.jp/doodoo69/archive/12
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tsumu
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
読者になる
People In The Box/QOOLAND/ギター/映画...など 大好きですな21才です。 趣味や好みが合う方、 気軽にお友達になってください!
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
comennt
ypme
読者になる