パリの ショーウィンドウより 20

October 30 [Fri], 2009, 16:40


実に 久々の
パリのショーウィンドウ より





パリ
街中の いつも立ち寄る バレエ・ショップ から
或る 冬の日のディスプレイ




バンコク SALON DE L'ORIENTAL (サロン ドゥ オリエンタル)

October 29 [Thu], 2009, 6:40


すっかり
バンコク ブログと化している 昨今ですが
これで 一応 最後にしたいと思います




【 SALON DE L'ORIENTAL 】サロン ドゥ オリエンタル

ここは 前記事でも ご紹介した
EMPORIUM(エンポリウム)の中にある
オリエンタル・ホテルの直営カフェ





入り口には ケーキのショーケースがあり
目移りしちゃうのですが
doo-の お目当ては 別にあります





ラデュレみたいな雰囲気の メニューでしょ





少し離れたところでは
白髪の白人おじいちゃまが
一心不乱に 書き物 をしながら
でも優雅に 食事やお茶 もされて
私も 歳を取ったら あくせくせずに
あんな過ごし方をしてみたいな・・
って 思いました





こちらが お目当ての チョコレート・アイスクリーム
とっても美味しいんですっっ
ショコラの味が しっかり濃厚で
甘すぎなくて
オトナの チョコレート・アイスという感じです

前に来たときに 初めて食べて以来
バンコクに来たら
オリエンタル・ホテルには泊まらずとも
これだけは 外せませんっ







「 MA DU ZI 」 バンコク隠れ家ランチ ◆ 店内編

October 28 [Wed], 2009, 21:46


先にご紹介した 隠れ家ランチ 「 MA DU ZI 」ホテル
こちらは 店内編です




見えている窓が 客室で
一通りの部屋を 何タイプか案内してもらい
見てみましたが
一見 簡素にも見える この窓からは 想像できない
近代的なバンコク の象徴のような
ハイソ感漂う 心地良い空間でした
今度は 泊まってみたいなぁ。。。
(何気に催促してる?!)





固〜く 閉ざされた門の 横にある
門番さんの小屋(
ここに男性が1名 常駐しており
あらかじめ予約していた旨を伝えて
門を開けてもらい
車ごと 中に入ります





↑ レストランの正面入り口
ちょっと分かりにくい?・・のが また
ワクワク感を ソソられますねぇ





開放的で 模様の凝った 窓際席と
各テーブルごとに 書棚で仕切られ
プライベート感たっぷり の 壁際席
(doo-たちは 壁際席をセレクトしました)





日焼けを気にしなくても良いなら
こちらの お席でも
ゆっくりしたいところ。。。





↑ こちらは おトイレの洗面台





壁際席を仕切る書籍は
閲覧自由で
ちょっとしたライブラリーのような
長居したくなる 居心地の良さ

通路のその向こうには
重〜〜〜い 鉄の扉があり
ちょっとしたテラス席へ 通じています





↑ ここが テラス席
テーブル2席だけなので 早いもの勝ち?





最後のコーヒーだけは
えいっ・・・と
日焼け止めを塗り直して ここで頂きました

せっかく来たんだものね






「 MA DU ZI 」 バンコク 隠れ家ホテルのレストラン ◆ ランチ編

October 28 [Wed], 2009, 6:40



ここは バンコク市内某所
「 MA DU ZI 」 という 隠れ家的ホテル

なにが隠れ家的って
このホテルは 看板が ↓ これしか無く
角地の三角地帯のコーナーにあるので とても見えづらく
よーく見ないと わかりません

そして 門は いつも 固く閉まっているので
突然 訪れても 入れてはくれず
すんなりとも入れない。。。





この MA DU ZI についての記事は 2つに分け
今日は
このホテルの レストランで戴いた
ランチを ご紹介してみますね
(店内編は 追って別記事にて)





名だたるホテルのレストランとは
また趣きの違った
お洒落で とても居心地のよい店内
↑ 前菜の オニオンラスク





↑ タイのお豆さんのクリーム・スープ
doo-の大好きな カプチーノ仕立て





↑ トマトとモッツアレラ・チーズのブルスケッタ





↑ ムール貝のグリル サラダ添え





↑ メイン料理に選んだ
リブステーキ と ハンバーガー





↑ 圧巻のボリュームですね
肉質は やや固めで 歯ごたえがありました
付け合せのマッシュポテトが美味しかった





↑ doo-が選らんだのが こちらのハンバーガー
小ぶりですが 背高のっぽで 可愛いっ
添えられたペンネも なかなか美味しかったです





↑ デザートの パンナコッタ
シンプル イズ ビューティフルな フォルム





↑ こちらは クレームブリュレ
かなり甘めで濃厚なお味






バンコク 09' (夜の街・・ライヴハウス BANGKOK BEAT 他 編)

October 27 [Tue], 2009, 23:46


こちらは 夜の街編です




↑ 私のタイ・バンコク旅行の お楽しみの一つでもある
マッサージ屋さん
その名も 「有馬温泉」

タイ式マッサージが 1時間で30バーツ(¥600くらい)なの
お安いので 毎日 通ってしまいますね

中は簡素ですが綺麗で
ここでマッサージを受けながら
スイカジュースを飲むのが 至福のひととき〜





↑ こちらは 夜の繁華街
皆 夜遅くまで起きていて どこも賑わっています





↑ バンコクの信号には
待ち時間が 電光掲示板で表示され
この写真を撮ったときは
あと9秒ってことね





以前 パリのポストも ご紹介したことがありますが
フランスは黄色だったけど
タイは 日本と同じ 赤い色です





実は 今回は
お目当てが もうひとつあり
それが こちらの ↑ ライブハウス





入り口のお姉さん
なかなか 美人さんでした





この日のバンドは
HIPHOP(ヒップホップ)系で
私的には ノリやすくて 楽しかった





シンガーのお姉さん 歌い踊る
みんな普段着のままで
とってもラフなステージ





店内には 大きなモニターがあり
この時は ちょうどサッカー中継を流していました
お客さんの層としては
タイから近いオーストラリア人など白人系が多く
それにタイ人の女性というカップルの組み合わせ多し





6人構成のバンド
向かって左から キーボード ベース
奥に ドラムス
ヴォーカル2名 と あとギターの人

異国でも 安全さえ確認できたら
たまには こんな風に
地元のライヴハウスに足を運んでみるのも
楽しいですよ






バンコク 09' ふかひれ料理 「福魚翅」

October 27 [Tue], 2009, 20:46



念願の ふかひれ丸ごと1枚を求め
バンコク市内 夜の街を てくてく歩くこと 10分くらい・・・





↑ やって来ました 「 福魚翅 」 さん
けっこう庶民的なお店ですが
入り口を入って スグのところに
ガラス張りで 作っているところが見え
安心して頂けるお店です





ひと言で ふかひれ といっても
ラーメンみたいに 麺の上に乗っていたり
いろ〜んな種類があるのね





他にも 美味しそうなメニューが揃っており
↑ 注文したのは
アワビのお粥 と 蟹の卵とじ





↑ 鳥料理と 青菜炒めと 豚肉&野菜炒め
鳥料理は ソースがたくさん出てきました

写真を撮るために 私の前に並べてもらっちゃったのであって
一人で これ全部 食べたんじゃないのよ〜





そして こちらが
doo-セレクトの ふかひれ様
久しぶりに こんな大きさを 1枚 頂きました

しっかり スイカジュースも 写ってますな。。。
(バンコク滞在中 毎日どこかで飲んでいました





魚介類で取った 濃厚クリーミーなスープに
蟹の身と椎茸も 乗っている

このクリーミーなスープは
お好みもあるでしょうが
私は とっても美味しかったですっ




アワビのお粥も 濃厚で
食べやすい大きさに切られたアワビが
いっぱい入ってました





デザートは 杏仁豆腐と
燕(ツバメ)の巣 ぎんなん入り

燕の巣の方は 暖かいデザートです





杏仁豆腐は 日本でもお馴染みですが
燕の巣は ちょっと貴重よね

甘いシロップに浸った 銀杏との相性も
なかなか美味しかったです

女性としては お肌にも良いし
ここは やっぱ食べておかねば






バンコク 09' (市街お昼間 編)

October 27 [Tue], 2009, 14:06


バンコクの写真を整理してみたら
あと 記事6つ分くらい あることが判明。。。

今日は
お昼間の バンコク市街を ざざ〜っと
文字少ないですが お届けします!




バンコク市内には
高いビル群のあるエリアと
木造トタン屋根で 平屋の 並ぶエリアと
大きく分けて 2つにパックリ 分かれています





整備された公園は とても綺麗





この辺は 様々な店舗が軒を連ねる場所
あまり大きなお店は無く
どれも 間口が狭く 小ぶりなお店が多い





古〜い雑居ビルに
1階はコンビニ(ファミ○ーマート) 上階は住居





リヤカー?に 食べ物を乗せて売る人を
たくさん見かけました
こちらは
果物屋さんね
(気温35度の中ずっと お外で常温で売ってるところがスゴイ)





ところどころ こんな屋根の建物もあり
ここは 1階が スタバでした
日本の屋根よりも とんがっている





店舗の軒先で
いろんな お料理を売っているお店

バンコクの人々は
自宅でご飯を自炊するという文化がほとんど無く
多くの人々が
このような店で 3食とも できたおかずを買って
食事を済ませる場合が多いらしい。。。
きっと みんな
お気に入りの味のお店があるのでしょうね





先にUPした際に
ピンクのタクシーが 人気でしたが
こーんな鮮やかなグリーンも☆





この辺りは
オフィスや ファッションビルや デパートも立ち並び
買い物客で賑わうエリア





木立の向こうに
ちらっと見える 伊勢丹のマーク

すごいな〜・・と思ったのは
あれだけ暑い国なのに
バスにエアコンが 入ってないようで
どのバスも 皆
窓が開け放たれている

暑いのが苦手なdoo-は これを見ただけで
私はバスには乗れないと判断したのだった。。。






バンコク EMPORIUM(エンポリウム) と ネットカフェ

October 25 [Sun], 2009, 16:40



今日は
最近ご無沙汰しているパリ記事と 迷いましたが
バンコクを先に 一通りUPしてしまうことにしました



というわけで
今日は バンコクの 「エンポリウム」 という
ショッピング・モール と
その中に入っている
私が滞在中に 何度か通った ネットカフェを ご紹介





↑ こちらは 裏側の入り口です
ここには小さな神社のようなものがあり
通りすがりに 手を合わせてゆく人の姿も・・





↑ こちらが正面玄関
とても高い建物で 全景が入りませんでした
ここには
ハイ・ブランドから お土産物や フード・コートなど
あらゆるものが揃ったデパートのような感じで
暑さと雑踏を逃れるには最適でした





↑ 正面入り口を 入ったところ

奥行きもあり 広々としたフロア
確か 8階くらいまで あったかな・・?





↑ 上の入り口を入って
向かって左側に ルイ・ヴィトン





↑ 向かって右側に
エルメス





↑ 先にUPした髪留め「ロカイユ」は
ここのエルメスで購入しました

打ち明けると
お買い物する気は ぜんぜん無かったのだけど
暑い街中 に 出たくなくて
ウロウロ俳諧しているうちに つい・・買っちゃったんだな





↑ 3階か4階辺りにある ネット・カフェにて
ここぞという好きな場所を選んで
座ってみたところ

開放感があって なかなかいいロケーションでしょ





コーヒーを注文してもらい
スタンバイ完了

うっかり自腹じゃなかったので
料金を まったく覚えていないのですが
たぶん 日本よりは数段 お安いはず。。。








ここでは これだけ?・・と思った方は

秋を満喫 ♪ 栗 と 梨 と 松茸

October 24 [Sat], 2009, 23:46



お話は遡りますが
先月の 富山&新潟行きより





自宅用に買って来た 栗 と 梨
梨の種類は
豊水 と 幸水 でした
お皿は
「ESTE. C. E.」 というイタリア製で
直径30cmくらいの
大きめのものになります
これだけシルバーの分量を使ったお皿は
ちょっと珍しいので
我が家では もっぱら
ホーム・パーティか
今回のように 観賞用盛り付け皿として
使用しています
(でも セールで1枚4千円くらいで買えました)





一方こちらは
栗と梨を買ったお店で
店主のおにーさんから 値切ってゲットした
イガつき栗

これ 最初¥2000だったの
で ネット入りの栗と梨と これも一緒に買うから
「負けてちょうだいっ(うっふん
・・と 背筋が寒〜くなるよな声は出せないので
周りに聞こえるような でっかい声で 値切ってみた

店主おにーさん 最初は¥1800って言って
でも おにーさんカッコいいねぇ・・って
またまた で〜っかい声で言ってみたら
¥1500になって
そうこう 押し問答しているうちに
イガ付き栗には この籠と葉っぱは 付いてないことを知り
これがなきゃ買わない・・って言ったら
明日っから売るとき どーすんだよ・・って言われたけど
だいじょぶだよっ・・って言ったら
何がだいじょぶや〜・・って言いながら
最終的には 籠と葉っぱも入れて このまま丸ごと
¥1200に ナリマシタ

ヤッターーー
(この時点で ほんとに少しだけ店主おにーさんがカッコよく見えた)

お店屋さんの方には ご迷惑かも知れないけれど
値切るのって とっても楽しかったですっ





ねねっ 苦労して手に入れた甲斐あって 可愛いでしょ
これも食べられるらしいんだけど
我が家では お玄関に観賞用として
ディスプレイされております

お仕事って言っても ちょっとくらい
自分の楽しみも なくっちゃ ね





最後は
値切れて 気が大きくなった懐(ふところ)で
帰りに食べたしゃぶしゃぶ屋さんの 焼き松茸

あぁ〜・・
秋を満喫した 富山・新潟からの帰路だったのでした



行方不明事件 (汗)

October 23 [Fri], 2009, 14:26



コメントのお返事を置いて
今 あせって
この記事を 先にUPしておりまふ。。。
(ジナンママ みぅたん ごめんね待ってね・・)





はい。
昨日 わたくし 行方不明でした。。。

どこで 何してたの・・って?

はい。。
21時間 眠ってしまいました。。。

なんで そうなったのか? わかりませぬ

とにかく どんな音にも 目が覚めず
そして
誰も 起こしてくれなかった

家人や仕事場の人々は 今度から
電話やメールを 何度もするよりも
ベッドを探した方が早い・・・・と 申しておりまふ。

私は 年に2回くらい
爆睡してしまう時が あるのだけど
どれだけ疲れてたって 21時間は無いよね?
しかも
疲れてた自覚が無かったし。。。

今朝から
急ぎのご連絡順に 電話やメールをしておりますが
まだ連絡が無いと思っておられる方々へ
取り急ぎ
この記事UPを持ちまして
ご連絡と代えさせてくださいませ

追って必ず!!





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:doo_blog
読者になる
小さな小さなパリの薫り
そもそも有志数名でオークションを楽しんでいたことに端を発し ささやかなホームページを作ることになりました。

このブログは そのオークションからHP完成までの 移行期に開設

が今では なかなか完成しないHPを尻目に ブログ担当doo-の ふと感じたことなどを 思いつくままに書き連ねた 日常ブログと化しています

日本とパリを 年に2回往復する私の目から見た あくまで個人的な 日本から見た **小さな小さなパリの薫り**
検証的というよりは感覚的ブログ

「おフランス」的なパリだけじゃなく 親しみやすいパリを 少しでも身近に感じて頂けたら とっても嬉しいです

拙いブログですが 私的に パリにまつわる小さなお話などを書いてゆきますので どうぞ よろしく

独り言も多いので 照れくさいけれど 悪戯じゃないコメント大歓迎です

パリのカフェで 友達を待つ気分で お待ちしています


なお リンクはフリーですが 掲載記事と写真の無断転載は固くお断り申し上げます。
Copyright‐(C)2009-2010 Doo-Collaboration All Rights Reserved.


画像等についてのお問い合わせは サイドバーのメールフォームか コメント欄よりお願い致します。 
I ask for the inquiry about images than the email form of the sidebar or a comment column.



Doo-Collaboration
ドゥー・コラボレーション 
2009年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
貴方は ↓ 番目のお客さまです
最新コメント
アイコン画像めめんともり。さん へ
» エルメス の 髪留め 「 rocaille (ロカイユ) 」 (2010年05月04日)
アイコン画像めめんともり。
» エルメス の 髪留め 「 rocaille (ロカイユ) 」 (2010年04月30日)
アイコン画像ユートラベル
» バンコク EMPORIUM(エンポリウム) と ネットカフェ (2010年02月12日)
アイコン画像やっぱ母さん へ
» パリの ショーウィンドウより 20 (2010年01月15日)
アイコン画像やっぱ母
» パリの ショーウィンドウより 20 (2009年12月31日)
アイコン画像かじゅシーんさん へ
» パリの ショーウィンドウより 20 (2009年11月19日)
アイコン画像みぅたん へ
» パリの ショーウィンドウより 20 (2009年11月19日)
アイコン画像かじゅシーさん へ
» バンコク SALON DE L'ORIENTAL (サロン ドゥ オリエンタル) (2009年11月19日)
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/doo_blog/index1_0.rdf