お久しぶりな更新で。。。 

April 21 [Wed], 2010, 12:03
恐悦至極な感じを体いっぱいで感じてるdondonです

さて。。。そんな僕から久々のお知らせです

そう!なんとわがイベント、「Mix Night」が開催11回目にして、2周年イベントを開催することになりました



ってまぁもうあと3日後なんですけどねwwwwwwおそっ

でもね、今回は下北のとっても素敵なcafe&barで開催するんですけど、あのロケーションはぜひとも体感していただきたいわけですよ


下北にあって下北っぽくないwそんなちょっとミステリアスな感じも楽しみつつ、いつも素敵な歌を聞かせてくれる中身も外見も最高なアーティスト陣に酔いしれながらあなたの今日から始まる人生のスタートに色を添えてあげてくださいな


以下詳細です☆

Mix Night Vol.10[2nd Anniversary Party]
@cafe&bar comp.

24th Apr. 2010(SAT)

open/start:19:00
close:22:00

entrance:\2500with1D

info:comp'sHP
http://www.shimokita-comp.jp

短い更新w 

July 18 [Fri], 2008, 10:00
あぁ。。。こう熱いと、体がだるいっすね〜

家にいるだけで力が抜けちゃうし

おれももっと趣味とか見つけないといけないってことなのかな??
はぁ夏ばてしんどいサァ~

半端ないっすw 

July 03 [Thu], 2008, 0:26
あぁ〜、もうなんか凄い久々すぎるwww

マジまたここに書く気になるとはおもわなんだwww

もうこれ見てくれてる人なんていないんじゃないですかね??w


近況を書くにも久々すぎて、何から書けばいいのやら



とりあえずここ今年に入ってからの状況を整理
1月 東京での一人暮らしケイゾクを断念し実家に戻る
2月 自身のイベント「Mix night」を開催する→結果惨敗w
4月 自身のイベント「Mix night」第2弾を懲りずに開催→驚くべき効果で好評を博す
6月 イベント第3弾を開催→2回目より更なる集客に成功

そして現在は6月いっぱいで仕事を変えることになり現在就活真っ最中でございw
んでまた8月にはイベントの第4弾も企画中で更なる集客アップを目指しマフ〜


というわけで、また日が開き過ぎない程度に更新しにきます!

毎回言ってる気もするけど・・・。 

May 26 [Sat], 2007, 0:17
今月からここには新たな気分で望もうと思います。
って言うのも、まぁ単純に自分の生活をふっリ帰っていこうかと思いまして。。。

最近の自分はというと。。。
あ、いきなりですが今週の月曜日(21日)に持病再発しちゃいました
マジ凹みましたよぉ。。。
とりあえず病院へ行ったら「再発ですねぇ」って。。。まじっすか〜

昨日まで、通院してて昨日で無事治療終了
今日は病気治ってやまないのに即効お仕事に
稼がなきゃいけないんですわ。。。
全く・・・自分で選んだこの生活ですから文句はないですけどね
早く働かなくても食っていけるようになりたいなぁなんちってね

今日はそんな感じで疲れた一日でしたとさ

ノンタイトル 

April 15 [Sun], 2007, 0:40
東京という町に住んで早1年半。。。
ふと時の流れの速さを実感する。
僕は今日もいつもどおり、通いなれた道を通り
乗りなれたいつもどおりの時間の電車に乗る
いつもと変わらぬ電車からの車窓をまぶたの裏にかすかに思い浮かべつつ
左右の耳から流れ込んでくる心地よいサウンドにしばし傾倒する。

気づくと足でリズムをとりながら小刻みに体を揺らす。
ふと、目を開けるといつもどおりの変わらぬ風景の見える駅。
ホームに降り立ち、深呼吸にも似た深いため息。。。
「長い一日が始まるな・・・。」
ホームに吹き込んでくる風は、外の温かな日差しとはうらはらになぜか少し肌寒く感じる

たまたまジャケットを着ないと決めて出てきたことをふと後悔する瞬間
少し足早に、職場へ向かう
・・・・・・はずだった

突然、目の前の世界がゆがみわけもわからぬまま暗闇の世界へ引き込まれた





アレからどれだけ経ったのだろう。。。
気づくと、たくさんの人だかり
「大丈夫ですか?救急車呼びますか??」
「歩けなければ駅舎まで肩貸しますよ??」

まだはっきりしない意識の中で何が起きたのかわからない不安感と
妙な羞恥心とが合わさってなんとも複雑な心境になりながら
自分で自分に問いかける
「行けるか?大丈夫か??」
その自分だけにしか聞こえないはずの問いかけに
一人の少女が答える
「本当はこのままだめな振りしちゃおうかな?」
そう言って、微笑む

あわてて視線をそらし、ふらつくひざを押さえて立ち上がり
「大丈夫ですから」といってその場を立ち去ろうとするとその少女が手を差し出し
「君の行く場所はこっちだよ」
と僕をいざなおうとする

その場にまだ残っている人だかりが僕の一挙手一投足に注目してる気がした。
まるで僕の一語一句たりとも聞き逃さないくらいのプレッシャーを感じる。

彼女がいざなおうとした方向をふとみると、そこにはいつもの通いなれた風景ではなく全くの未知の風景が広がっていた。
いつも通ってる職場までの道の反対側の風景であるってだけなのに
僕はその風景を見た瞬間、得体の知れない興味と恐怖を感じ、無償にそっちに歩き出したくなる衝動に駆られた。

だが、そこは元来、「はめられたレール以外を歩けない」という自分の性格が行ってはいけないと僕の足を止める。。。
少女はニコニコしたまま、僕を呼んでいる
「そもそもこのコは何者?なんで俺の心の声に答えられた?俺の中のもう1人の自分?なんなんだ???」



続く。。。

最近 

April 05 [Thu], 2007, 15:01
4月になって、寒い日と暖かい日が交互に続いてる

でも平均的にはやっぱ気温は高めかね?

天気のいい日はいまいち仕事に力が入らないね

どっかに行きたい気持ちになる

気持ちが高まったときに限って現実って物を目の当たりにしてしまう

思いっきり凹むと同時にいっきに現実に引き戻される

あぁ最近そのギャップにさえなれてきた気がする。。。

ニューイヤーパーティー@青山Ratia 

January 18 [Thu], 2007, 19:51
昨日、自分が仲間と一緒にやっている、close to...のニューイヤーイベントが青山で開催されました!!

昨日はミクシィ内で活動しているコミュニティとの合同企画みたいな感じだったんですけど、総勢で100名近いお客さんに来ていただき、雨も滴り、気温もガンガン低下中な中で、ほんと、ありがたかったですね〜www
まぁ室内ではそんな雨なんて忘れさせてくれるくらいにぎわっていましたがw

今回も2次会では限定ケーキが振舞われ、初参加の自分もそのごしょうばんに預かることが出来ましたwwwあっちこっちで「おいしぃ〜!」と声が上がってたので、かなりのもんだったとご想像くだされw

まぁそんなこんなでですね、次回は、2月21日(水)、場所は恵比寿にてまたイベントがあります!
今度は好評につき第2回目の、シンデレラパーティー☆女性の皆様にはまさに何かが起こるかも??なイベントになるかも??フフフ
もしこれを見て興味をもった方は是非、ご一報くださいませませ~♪

小さな仕返し 

January 04 [Thu], 2007, 19:18
また、新しい年を迎えた
年越しのとき、除夜の鐘を聞いていると
町の喧騒が不思議と意識から遠ざかっていく
恐ろしいほど無音な夜の暗闇の中に
暖をとるための焚き火の音と雪が降り積もる音が静かにこだます

何気なくポストを覗くと年賀状の山
今年は誰から来たのかな
自分の分はあるのかな
一枚一枚思い出を振り返る瞬間がなんだかいとおしい

ふと一枚の年賀状に手が止まる
見覚えのある文字
裏面には幸せそうな彼女の笑顔
先月無事結婚しました!今度落ち着いたら遊びに来てください
そんな嬉しそうなメッセージが踊っている

長い間好きって言う気持ちを伝えられないまま
彼女は自分の幸せを先に見つけてしまった
それでもいいと思った
彼女が自分で選んだ幸せなら俺には何も言えない

今度思い出話が笑って話せるようになったら
彼女の家に遊びに行こう
彼女の旦那に彼女の意外な一面を教えてやろう

一筋の涙が頬を伝った。。。

思い出 

December 27 [Wed], 2006, 19:49
君と見たあの町の
夜景は今でも変わらずに
あの丘の上からよく見える
もう君と肩を並べて
吐く息が白いとか
あの樹は何の樹だとか
ベンチにまつわるエピソードとか
町に響き渡る鐘の音とか
聞いたり笑ったり話したりすることは出来ないけれど
それでもこの丘は変わらずに
やがて来る春の訪れを待っている
アレからどれくらいの月日が流れたか
僕も変わらなきゃいけないのかな

せめてこの丘は変わらずにこのままであってほしい
忘れてきた何か大切なものを
取り戻すために
僕には必要な場所だから

いつか君にも会えるかな
はじめてあったあの日のように。。。

「GOING MY WAY」 

December 24 [Sun], 2006, 23:56
とある部屋の片隅 降りしきる雪を見ながら
窓辺で一人思いにふける
町は静まり返り 雪が降る音だけが
街中に静かに響き渡る

足元に見知らぬ 男女が横たわっていて
顔には白い布がかけられている
ふと見た自分の手のひらは 真っ赤に染まっていて
何度洗っても落ちることはない

またやったのか?自分のワガママのために見知らぬ人を
殺してしまったのか?傷つけてしまったのか?

*何千回願ったって何万回祈ったって 
  戻れやしないとわかってた
 自分がそこにいたいともがけばもがくほど 
 誰かを傷つけてしまうんだ 


つけっぱなしのテレビの中で 飛行機事故の訃報のニュース
キャスターが繰り返し名前を伝える
俺に向かって時々 彼が笑いながら叫んでる
「お前が悪いんだ!お前のせいだ」と

小さな子犬が俺に言う お前がもがけばもがくほど
時の砂は速さを増す お前のせいで誰かが死ぬ

*俺は自分の回りの人間を踏み台にして
 ここまでのし上がってきた
 誰かの屍を踏みにじり生きてきた
 友人も親も兄弟も

*一瞬光が差したんだ一瞬俺は包まれた
 暖かい光に涙が流れた
 ふと目がさめた場所は冷たい雪の上
 あたりは真っ赤に染まってた

生きることも死ぬことも許されず 悔いることだけを強いられた
冷たく救いようのない孤独なわが道の末路
最新コメント
アイコン画像けぃすけ
» これからここに (2006年12月05日)
アイコン画像
» 時の流れは速い (2006年09月12日)
アイコン画像yoshimi
» ご無沙汰してます! (2006年09月03日)
アイコン画像sora
» 自分がこんな目にあうなんて・・・。 (2006年06月24日)
アイコン画像
» 鍵の恐怖 (2006年06月18日)
アイコン画像yoshimi
» マイブーム (2006年05月22日)
アイコン画像堀江です
» 勝手にイベント!? (2006年05月06日)
アイコン画像きーこ
» 卒業 (2006年03月09日)
アイコン画像yoshimi
» 説教(?) (2006年03月05日)
アイコン画像yoshimi
» まじでやばいですw (2006年02月10日)
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる