2015.11.16 Mr.Children2マンライブ

November 28 [Sat], 2015, 22:01

2015.11.16
Mr.Children 2マン ライブ
@Zepp Namba


まさかのZepp2マンツアー。
当たるわけないやろ〜
この間まで100万人動員したバンドがZeppって
去年もハズれたし無理無理〜
でも顔認証システム導入で転売屋もおらんやろうし
行けなくても悔いはないわ〜で抽選応募ポチったら
当たってしまったヽ( ;´Д`)ノ

ちなみにFC8年目これまでの当落↓
終末 落
スパマ当 京セラ?
センアリ当 和歌山→振替京セラ
センスタ当 長居
ポプザ 落
aiboドーム 落
aiboアリ 当 和歌山
FC 落
リフレク 落
未完 当 京セラ
2マン 当←NEW!





対バン相手はエレファントカシマシ。
今まで全然聴く機会なかったな〜
HEYHEYHEYの総集編でよく見た
ボーカル宮本さんがやたら挙動不審で
ダウンタウンと絡んでるイメージしかないw


ライブ、かっこよかった。
おはよう〜〜こんにちは〜〜さようなら〜〜!
って最初からもう圧倒された。
こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい
っていう曲めっちゃ好み。
ガストロンジャーほとんど
何言ってるかわからんかったけど
とりあえずOhーOhー!笑


MC:
Mr.ChildrenとはAAA(1994年?)で共演した以来!
(あれ?ap fes出てなかったっけ?)
その時にinnocent worldを聴いて感動した
Mr.Childrenはトップランナー
刺激をもらえていいライバルだね
対抗してもしょうがないけど笑
今日はベストメンバーで来ました!


キーボードのにいちゃん
どっかで見たな〜〜?って思ってたら
蔦谷好位置さんやった(・∀・)
YUKIのイメージが大きくて
まさかエレカシのサポートしてるとは…!


いやー最初から最後まで
パワフルでかっこよかった。
かっこよかったしか言うてないの
語彙力のなさがバレる…。笑
ってか一番有名なあの曲やってないな。



ほんで転換20分はさんで
いよいよMr.Children


とにかく前へ前へ!で
最終的にナカケー側5列目くらいまでいった!


セットリスト
イミテーションの木

one two three
遠くへと
ほころび
東京
Door
友とコーヒーと嘘と胃袋
I'll be
Sign
足音〜Be Strong
隔たり


Encore
youthful days
ひびき
いそがしい僕ら


なんじゃこら!ええぇ!濃密!
ってかまず距離が近すぎたね。
桜井さんがナカケー側に来た時
近すぎてパーソナルスペース侵略されたような笑、
もう「会話する距離」レベルで
なんか遠い憧れの存在が目の前に居ることに
うわぁぁっ近い!ってリアルな声が出て
思わず後ずさりしてもうたね。笑
「桜井さんと目が合っちゃった☆きゃぴ☆」
なんてことはなくむしろ目線そらすよね。笑




・イミテーションの木
Zeppでイミテかよまじかよ
っていうのがまず衝撃(笑)
「無機質なビルの中
イミテーションの木は茂る
なにかの役割を持ってそこにある
イミテーションの…
ハリボテの命でも人を癒せるなら
本物じゃなくても君を癒せるなら」


・掌
うわあああああああああああああ
あのライブアレンジやった!
Cメロ サニやんの
それぞれが〜夢みてるもの〜
それぞれが〜信じてるもの〜
何を夢見てもいいよ
何を信じてもいいよ
価値観も理念も宗教もさ
ひとつにならなくていいよ
認め合うことができるから
それで素晴らしい
ラストサビはなしで、次の曲へ




・one two three
戦闘服よりはブレザーがよく似合う〜♪
……………………ヽ(゚Д゚)ノ??
ぎゃああああああああああああああああああ
ついについについにこの時がきた!
絶対に盛り上がる曲やのに
今まで全然演ってくれへんかったレア枠。
去年のファンクラブ会員へのアンケートで
割と上位やったからかな?
結果を反映してくれたのかは
わからんけどなんかもう胸熱www
「ぬるま湯の冥利と分別を知った者特有の
もろく鈍く持て余すほろ苦い悲しみ」
ってとこのザ・桜井節が好き


音源では猪木の「道」からの
123ダァー!で曲が終わるんやけど
まさかのJENが朗読!笑
めっちゃ良い声でwww
最後ももちろんダァーー!
まさかライブハウスでミスチルとやるとは…笑
「踏み出せばその一足が道となり
その一足が道となる 迷わずいけよ 行けばわかるさ」




・遠くへと
最新アルバムから。
ギターの音色が心地良いやつ。
バイクに乗ってるやつ。
「カーブを曲がるたびに迷いをひとつ落としてく」
未完ツアーで聴けんかったから嬉しい!




・ほころび
なんてったってオールスタンディングのZeppやからさ、
アゲアゲ(笑)な曲ばっかやと思ってたんやけどさ、
こんな曲もやっちゃうのね!
ほころびほんまに好き。
晴れた日の公園、キンモクセイ、甘い匂い、夢……。
これ何気にワンマンでは演奏してない?
フェス向けやもんな〜
生で聴くの2006年のロックロックこんにちは以来かも!



・東京
この街に大切な人がいる
この胸に大切な場所がある
この街に大切な場所がある
この街に大切な人がいる



MC:
東京という曲を大阪でやりました…笑
タイトルは東京だけど、
みんなそれぞれの風景を思い浮かべてね
って終わってから言うことじゃないけど(笑)
ここにいるほとんどの人はわかってるだろうけど
わかんない人のために言いました(笑)
さて、………みなさん、ギュウギュウですね。
気分が悪くなったら座っていいからね(笑)
無理はしないで!酸欠になっちゃうから!
もし酸欠になっちゃったら
そこの…(サイドのドアを指して)
そこのDoorを…そのDoorを………!


ここでもう
ッッッフゥーー♪───O(≧∇≦)O────♪笑




・Door
いやぁーまさかのDoorですよ。
そのドアを開けてくれえええええええええ
またかっちょいいのよこれが。
「鍵が見当たらないんだ あれっ昨日どこしまったっけ?」
ってとこでほんまに
ポケットに手突っ込んだり
全身くまなく探してた。笑




・友とコーヒーと嘘と胃袋
あぁ風の噂で君の話を聞いたんだよ〜♪
ぴえええええええぇぇぇぇぇえぇヽ(゚Д゚)ノ
想像の遥かかなた向こうで
一瞬あたま真っ白になったw
まさかの友コー!うわああ友コー!
これQツアーの演奏がめっちゃかっこよくてね、
あのバンドの一体感がね、もう最高で…
最近けっこう聴きこんでたから
ほんまに嬉しくて…
でも当時よりバンド構成人数が少ないから
音は割と落ち着いた印象やったかな。
あの間奏の早口の酔っ払いパートも
しっかりやってた!!
赤塚不二夫に…の後の人名
聞きとれんかった(´-ω-`)
原曲通りではなかった!


脱線はいいけど惰性で生きちゃダメだね
これ僕のポリシーよ
惰性で生きちゃダメ これ僕のポリシー
上手いこと言った
うまいこといったああああああああ
の後に観客みんな拳あげて
うおおおおおおおおおおお!笑
エレカシの演奏の後やからか
めっちゃ気合いを感じた。
この部分はもしかして他の公演では
また聴こえ方が違うのかも…。
アウトロでエレカシの
おはよう〜〜こんにちは〜〜!とか
今宵の〜のサビぶっ込んできて
歓声すごかったw



・I'll be
アルバムバージョンね!
ここまで頑なにシングルバージョンを
しないのはなんでやろね?
あっちの方が疾走感があって好きやのに。
って思ってた、この時までは。
1番終わりからの段々音が増えていく
あの広がりと熱気に圧倒されて
あぁ……やっぱこっちやわ………って翻った。笑
改めて歌詞が響きました。
「コンプレックスさえもいわばモチベーション」


・Sign
イントロでおおぉ〜!って歓声が沸いた
何気に2000年代の代表曲やもんね。
個人的にレアものが続いてからのシングル曲で
やっとメジャーなやつきた!って感じ(笑)
もうまったり聴くしかないですよね。
上手く言えんけどこの時の空気が
すんごい良かった。心がほかほかした。



・足音〜Be Strong
お!最新シングル!これはやるのね!
この曲のときずーーーーーーっと
ナカケーの手元だけ見てた。
もうガン見した。笑
ベーシスト ガン見するの大好き。笑
なんて贅沢なことだろう……♪


MC:
次で最後です…
エレカシとは音楽の…
ジャンル?……特性?は違うけど
こうやって共演して壁や隔たりを越えていこう
みたいなこと言ってたような気がするけど
記憶があやふや。笑
ちなみにジャンル?の時に首をかしげた
桜井さんめっちゃかわいかった。
なんなんあの女子力。笑



・隔たり
ええええええええええぇヽ(゚Д゚)ノ
本編ラストが隔たり?え?え?
0.05ミリ合成ゴムの隔たり?まじで?
いやさっきMCで隔たりとは言ってたけど!笑
知らない方がよかったと思うことがこの世にある〜
って歌ってるけどこの選曲の理由は
是非とも知りたいです。笑
サニやんのコーラス良かったなぁ。


ここで本編終了。
どのタイミングで言ってたか
思い出せないやつここで書く。笑↓


MC
エレカシを見たのは明治大学の学園祭で
そのときに衝撃をうけた。
エレカシがデビューのきっかけになったオーディションに
Mr.Childrenも受けたが落選。
審査員に「歌も曲も悪くないけど個性がない」と言われる
だから髪を立てたりガチャピンとムックの
ムックみたいなやつを着てみたり笑、
服装を派手にしてみたけど
すればするほど個性が薄れていった。笑
個性がないのがずっとコンプレックスでした。
でも僕たちどうこうじゃなくて
みんなの中で曲が育っていってくれたら……
(何か言いたげやけど言葉見つからん様子)
…………うん、そういうこと!笑
今日のエレカシの演奏もすごくカッコよくて、
あれは真似できないもの、真似できないもの…
と思っていますが、心の中に宮本さんがいます。





アンコール
盛り上がる曲あんまりなかったから
ここでやります!


・youthful days
きぇええええええええぇぇぇぇぇぇ
ひたすら!多幸感!
2番の急いでおいで〜からの
かんぱーーーーーーーいヽ(∀)ノ


MC
次はバイクに乗ってる曲です。
今やったyouthful daysにも
「二つの車輪」って入ってるし
今回のセットリストに
3曲もバイクが関係しています。
僕、二輪が大好きなんですよ。
普段でっかいバイクに乗るんですけど、
止まってるとき少しでも傾いたりしたらもう
自分で起こせないくらい重いんですよね
逆に走り続けている方が安定するのです。
それはバンドでも同じことかなぁと。
……っていう話を考えました(後付けかい)。笑
良いところだけ切り取って
ツイッターとかで拡散して下さい。笑




・ひびき
ゆーすふるで盛り上がったと思ったら
また本編みたいなまったりソングですがな(・∀・)

見つからなかった探し物はポケットに入ってました。と
幸せなんかおそらくそんな感じでしょ!?って
君の声は教えてくれる



MC
最後に新しい曲を聴いていただきたいです
タイトルは「いそがしい僕ら」です
大した曲ではないです!笑
今年ツアーを回ってて…あ、そうだ大阪でだ!
曲浮かんできて、口ずさんでいたら
メンバーが「いいねなんだあの曲は」と
僕に言わず周りの人に言ってて(笑)
タイトルの「いそがしい」は
時間に追われるいそがしいではなくて、
笑ったり泣いたりハッピーになったり
感情がいそがしいということです。


ピアノ基調のしっとりした曲でした。
歌詞は細かくはわからんけど
泣いたり笑ったりいそがしい僕らは
また日々を刻んでいく
空に飛んだボールが地上に落ちるように
それがいいことでもその逆でも
そこにとどまってはおけない
みたいな感じでした。


桜井さんの大したことないは
大したことないことはないんやろうけど笑、
シングルになる、とか
何か大きなメッセージを込めて、とかではなく
そのまま心のままを表した曲なんやなと思いました。


最後にメンバー紹介
キーボード ボーカル sunny!
ドラムス、そしてアントニオ猪木 鈴木英哉!
ベース 中川敬輔!
ギター 田原健一!
そしてボーカル桜井和寿でした!


ハケるときJENがまたダァーー!笑
何回やるねんw
エレカシとのコラボ期待したけど
なかったなぁー…残念




いやーーー今回の選曲、
ほんまにすごいなこれ…レア…満足…
昔のヒット曲ないし、
頻繁にやる曲もゆーすふるくらいか…

ビルの中の木とか横断歩道とか
信号待ち。とか歩道橋とか公園とか
日常の描写?の多い曲がたくさんあって、
いつものライブより日常を感じれたというか、
うまく言えんけど…
無意識に地元の風景が思い浮かんだり、
夢みたいな空間やけど日常の延長のような、
なんかそんな感じがしました。
この日常に寄り添う音楽がまた
Mr.Childrenの良さですね。
確かにちょっと盛り上がりに欠けた感はあったけど
(個人的には大興奮ですがw)
クセっ気もあたたかさも感じられる
大変貴重な時間でした。


キャパの小ささやグッズ展開の少なさからして
リスナーに向けて、というより
彼ら自身が本当にしたかったことなんやろなぁ。
そんなライブに行けて本当に嬉しかったです。


おわり。
プロフィール
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像茜ちゃんラブリー
» 2015.11.16 Mr.Children2マンライブ (2015年11月29日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/donpisha/index1_0.rdf