(無題) 

April 03 [Thu], 2008, 13:40

これを、観ていると
自分と重ねてしまって

苦しくなる。

こんなものじゃ、ない。
こんなものじゃないよ


何を伝える為にこんな番組があるんだろう。
 
 
 

サイレント イウ゛ 

April 02 [Wed], 2008, 2:08

泣き叫び、壊れてく届かない想い
重ねた涙の理由と自虐 気付いてください

死ねないとわかっている弱さに救われる
ただ生きる意味と理由を誰か教えてください

--------

バンギャでよかった。

信じて、ついてきてよかった。

諦めなくてよかった。

もう 見届けることは出来ないだろうけど
どうか変わらずに在って。


枯れないで



雑記 

March 30 [Sun], 2008, 22:37

ああ、そういえば
今日で始まって、一週間経つんだな、と
なんだかくすぐったいような、温かい感情で溢れている。

出会えて、よかったな、と

言葉にしてしまうと、安っぽくなってしまうので、
あまり語れないけれど、

今が、幸せなんだ、と

心から思う。

---------

連絡がないのが、とても心配です。
…明日のお昼まで待って、それでも連絡がなければ電話をしてみよう。

そういえば、王子が携帯をトイレに流した、と店長が電話越しに笑っていた。
これは…伝えるべきなのかな。

---------

いつの間にか、自分の体が痣だらけで、笑えた。
今気がついたけれど、手の甲にも痣ができている。どこかにぶつけたのかな、

今のところ、何もすることはないので、お手紙を書こう。

何て書こう…。


untitled 

March 30 [Sun], 2008, 21:35

そんなに言うのなら、私を殺せばいい。
そんなに憎いのなら、私の首を締めればいい。

捕まえて、縛って、罵って、叩いて、殴って、蹴って、髪を掴んで、引き摺って、犯して、爪を剥いで、骨を折って、子宮を毀して、肺を潰して、心臓を削いで、脳を掻き出しせばいい。
私という存在を否定して、私の心すら踏み躙って、私という容を全てで嬲ってそうして殺せばいい。与えられるだけの苦痛を与えて、責めて責めて責め貫けばいい。

お前なんて要らない存在なのだと、あの頃のように、身体に教え込めばいい。

体は痛みを鮮明に記憶するんだよ。



甘えている。


わかって欲しい。
どうか拒絶しないで欲しい。
生きることを諦めてしまわないで。
下を向いていてもいいから、歩くことをやめてしまわないで。

愛してくれ、だなんて言わないから、決して言わないから

どうか、

私はここにいるよ。
私はここにいるから。


怖がらないで。
立ち向かって。


自分を自分で追い込まないで。


お母さん。




(無題) 

March 30 [Sun], 2008, 8:29

まっすぐの近道を辿るに越したことはないけれど、長い長い人生、少しくらい景色を楽しみながら遠回りしたっていいじゃない、と

私は思う。


メールフォーム

TITLE


MESSAGE