トンイ 第9話 「迫られる証言」

September 20 [Tue], 2011, 21:51
ハチマキをなくしたことに気付いたトンイ(ハン・ヒョジュ)は、絶壁に引き返そうとしたのですが、兵によって捕まります。

実は、昨日お使いで行った薬房の医院が殺害され、昨日薬房に出入りした全員を調査していたのです。

ただ、薬房に行った理由を聞かれても答えられないトンイは、薬師たちの使いで行ったと嘘をつく羽目に。

その頃、中殿の湯薬から毒が見つかり、それはオクチョン(イ・ソヨン)を陥れるための罠でした。

罠とはいえ、オクチョンの使いで薬房に行ったトンイは、監察府に捕まってしまいます。

監察府に捕まってからも、トンイはオクチョンのことは一切触れない強固な姿勢を貫いた結果、その姿にオクチョンが心を打たれます。

そして、トンイの代わりに自分を捕まえるようにと、オクチョン自ら監察府に出頭します。

------------------------------

オクチョンかっこいい!と思ったのは、私だけではないはず。

時代は変われども、罪は下の者に押しつける風潮がありますからね。

それにしても、トンイも本当に義理堅いです。

トンイ 第8話 「約束の印」」

September 19 [Mon], 2011, 20:08
トンイ(ハン・ヒョジュ)のお願いを無礼だとオクチョン(イ・ソヨン)のお付きの女官にいわれてしまうのですが、オクチョンは理由を尋ねて快く見せてくれました。

残念ながら、トンイが探し求めていた鍵牌とは違っていました。

その後、オクチョンの母に、宮廷の外で薬を受け取り、宮廷に持ち込むように頼まれたトンイ。

ただ、処方に時間がかかってしまい、門限を過ぎ困りはてていたとき、スクチョン(チ・ジニ)が偶然通りかかり、無事に宮廷の中に戻る事ができました。

そして、トンイの父と兄の命日が訪れ、トンイは父たちが殺されていた絶壁で供養するのですが、その場所でチョンス(ペ・スビン)からもらってハチマキを落としてしまうのです。

そのハチマキは、同じ日に絶壁を訪れていたチョンスによって拾われ、トンイが生きている事を確信するのです。

------------------------------

韓国ドラマおきまりのすれ違いの始まりです。

トンイとチョンスがあと何話で再会できるのか?

フツーのドラマなら最終話近いはずですが、時代劇だから数話のがまんのはず。

だんだん、展開が読めてしまう自分が悲しいです。

トンイ 第7話 「光と影の再会」

September 18 [Sun], 2011, 23:07
スクチョン(チ・ジニ)とトンイ(ハン・ヒョジュ)は、命の危機にさらされます。

スクチョンは助かるために自分が王であると名乗るが、誰も信じてはくれません。

ちょうどその時、捕庁の兵が現れ、スクチョンとトンイは助かります。

そして、トンイのおかげで音変の原因がわかり、スクチョンはトンイに褒美を与えました。

トンイの活躍をスクチョンより聞いていたオクチョン(イ・ソヨン)は、トンイに興味を持ち、実際に会います。

その席で、何か欲しいモノはないか?と尋ねられたトンイは、鍵牌を見せて欲しいとお願いするのです。

------------------------------

命を狙われたシーンでチ・ジニが剣を振りかざすのですが、とにかく腰が引けてて笑えます。

確かに、王様って剣を使う必要性がないから、不慣れなのは仕方がないのかなぁ〜なんて。

不格好だけど、人間くささが出てて共感が持てました。