昨日の事

January 24 [Sat], 2009, 18:29
昨日はサッカーチームの見学。
もちろん選手ではありません

チームとしては好印象。
選手はきびきびしていた。

自分がどうするかはもう少し見てから。
自分がここでどのようなことができるのか?



ラーメン

January 24 [Sat], 2009, 2:33

一月に入ってから富士丸に2軒行きました。
北浦和と神谷本店。
なぜか両方ともサッカーに用があってですが

北浦和。
15分前もう行列。
注文、ラーメン+野菜+生卵
面が太い
野菜を増すと
まあ、結果的に食べましたが。
野菜がくたくたなので何とかなります。

神谷本店
30分前、さすがに1人しか並んでない。
注文、思わず豚
つゆ多い!
豚多い!
麺、かみ応えある

やっぱり二郎系は最初はノーマルですかね。

おかげで体重
状態です。

日曜に走ろうっと

スポーツ界の流れ

January 22 [Thu], 2009, 14:35
 世界的な金融不況の波が、ラグビー界にも及ぶ。トップリーグ(TL)に所属していた日本IBMが、事実上のクラブチーム化する方針であることが20日、わかった。IBMは18日のリーグ最終節でコカコーラWに0−67で敗れて13位が確定。トップイースト(TE)への自動降格が決まったことで、本社はプロ契約選手制度の廃止など、運営縮小の方向性を固めたようだ。IBMは06年度にTLに再昇格したが、今季はわずか1勝で残留に失敗。昨年10月には本社の1000人規模のリストラが報道される状況の中で、チーム運営も大幅な見直しを余儀なくされた。
 すでに選手にも支援縮小の方向性は伝えられている。外国人、一部の日本人選手らプロ契約制度の打ち切りに加えて、今後は就業時間内の優遇なども廃止され、仕事を終えてから練習が行われる見通しで、選手の他チームへの流出は避けられない。関係者は「存続してもラグビーを続けられるのか」と今後を不安視する声もある。
 06年度までTLで活躍したワールドも、今季限りで強化規模の縮小が決定。TLを支えてきた2チームが、存続の危機に直面する。
1/21サンスポ紙面より

まあ、廃部という事ではないですが、もしこの情報が本当であれば残念かなと。
この流れは止まらないのかな?
ラグビーのトップリーグ自体は観客動員はしたらしい。
しかしIBMの成績は入れ替え戦の常連チーム。
こういうチームだと企業としても広告効果のメリットがないのであろう。

 逆に考えればクラブチームとしては残し、廃部にはしませんよというサインなのかもしれない。
しかし、クラブチーム(プロ契約選手がいるところは事実上のクラブチームではあると思いますが。)より企業チーム色が非常に強いラグビーのトップリーグ。
トップリーグ復帰はかなり苦しくなるであろう。
 もし、このチームがトップリーグに復帰でき大暴れできれば
とてつもない前例になるのかもしれない。幸い、グラウンドの売却には言及されていないので。

続々続々アメフト(元オンワード)

January 21 [Wed], 2009, 20:48
追加情報です。

アメフト・旧オンワードオークス主体の新チームが、整体サロン
“カラダファクトリー”の母体・株式会社ファクトリージャパンと
スポンサー契約内定!
〜チームファンを愛する心と、お客様を元気にするサロンが合致!ゼロからの再スタートで、
もう一度、]1リーグへの夢をかなえる!〜
■ このたび、社会人アメリカンフットボールチーム、旧オンワードオークス主体の新チーム(チーム名未定:クラブチーム代表:石井光暢)と、株式会社ファクトリージャパン(神奈川県横浜市:代表取締役 子安裕樹)が、双方の目指す方向性を確認、スポンサー契約の内定をし、今後早い段階で正式調印をしていく運びとなりました。
■ 経緯として、昨年12月、経営状況の悪化から、スポンサーからスポンサードの撤退を言い渡されていた当チームですが、以前より、チーム専属スポーツトレーナーをしていた株式会社ファクトリージャパンの子安代表が、この解散の危機に直面したチームの再起に掛ける熱い想いに共感し、今回の内定に至りました。また、スポンサー契約内定には「社会情勢に左右されない地域とファンと共に歩む真のクラブチーム」という新チーム理念と以下4つの活動方針を盛り込む予定です。
1. 社会に貢献するチームとなる。
2. 社会のリーダーとなる人材を育成する。
3. 地域との繋がりを大切にし、必要とされるようなチーム活動を行なう。
4. アメリカンフットボールの普及発展に貢献する。
また、従来の企業スポンサーとスポーツチームという関係を超え、両者でスポーツの新たな価値の創造を追及していくという新たな挑戦に向かい、従来の企業とスポーツ」の関係に一石を投じ双方で日本のアメリカンフットボール界を変革する!そして、日本のアマチュアスポーツ界を変革して意気込みです。
新チームでの協会申請が受理されたとはいえ、新チームがどのリーグからスタートするかはまだ決定が為されてはおりません。例えどのような裁定が下ったとしても、新チーム及びファクトリージャパンは、今回の活動で得た約4万人の署名の重みを受け止めながら、スポーツの新たな価値の創造と地域とファンから必要とされるチームを作るよう活動して参ります。
報道関係者の皆様におかれましては、なにとぞ両者の想いと、今後の活動について、ご理解とご協力をいただければ幸いです。尚、本件に関する記者発表会を2月に株式会社ファクトリージャパンより行う予定です。


という事ですが別にスポンサーとやかくはいいと思います。
ただ赤い部分ですが、本当に実現できるかですね。
旧来の日本企業とスポーツ、宣伝効果が主のところがあります。
この効果や景気が悪くなると今回のように至る訳です。
ということは、新しいスポンサーも離れる可能性はこれからもありえるということ。
ならどうすればいいか、よく言われるのは複数オーナー制、いわゆる持ち株方式。
選手やスタッフ・スポンサーなどみんなが同等の議決権を持てばいい。
ここでNPO方式がいいのではと自分は思います。
NPOについては次で。

続々続アメフト(元オンワード)

January 20 [Tue], 2009, 21:09
スポンサーの経営環境悪化で昨年12月に解散したアメリカンフットボール日本社会人Xリーグのオンワードの選手らが新設したチームについて、整体院などを展開するファクトリージャパン(本社・横浜市)が支援を検討していることが20日、分かった。

色々噂があるようですが
まだ決定では無いようです。

そして再建ブログから

本日の朝日新聞に掲載されています「旧オンワードに資金支援名乗り」の記事についてご説明させて頂きます。
正式調印後にプレスリリース及びブログ上で発表する予定でしたが、朝日新聞さんの電話取材により交渉の事実が記事になりましたので、ここに現状を発表させて頂きます。
記事にございます「ファクトリージャパン」さんとの交渉については事実でありますが、活動資金援助の具体的な金額など詳細な契約内容についてはこれから詰めていく段階です。
ファクトリージャパンさん以外にも数社との交渉を継続しておりますが、正式調印前ということで交渉先様の意向もあり具体的な会社名の公表は控えさせて頂いております。
今後正式に決定した事項は速やかにプレスリリースと並行しブログ上で発表させて頂きますので、ご心配をお掛け致しますが、何卒事情ご賢察のうえご理解願います。


との事スポンサーはここ意外にもあるってことかな、
この会社さんのブログではチームを買うという表現していますが
1オーナーの発言が強いと今までと同じになるかと。
そこを含めて、`社会情勢に左右されない、地域とファンとともに歩む真のクラブチーム`ができるのでは?

続々、アメフト(元オークス)

January 19 [Mon], 2009, 22:54
http://ameblo.jp/don-m/
こちらに試験的に書いてみました。

続、アメフトあれこれ(元オークス)

January 18 [Sun], 2009, 22:19
あるブログからの転載です。

説明会の内容は3部か2部か1部かの協会決定はまだないがとにかくリーグ戦に参加すること。
財政面でのメドは概ねついたこと。
オンワード社が無償でグランドを1年間貸与してくれること。
オンワード社員のコーチ陣がある程度今後もコーチとして活動してくれること。
相模原市のスポーツチームとして地域活性化のための諸活動をしてゆくこと。

そして選手一同、たとえ3部からのスタートでも"オークス"として戦い続けることなどが語られた。
スポーツマネジメントのノウハウ獲得のためにサッカー、バスケットのプロチームの運営事務局と提携する。
今年のヘッドコーチはダニエル氏。
チーム名として"オークス"を使えるかどうかは交渉中。


この方は実際に説明会に行かれたみたいで確実なのでしょう。
けど、なぜ元オークスのブログでこの様子記載しないのかな?
実際ダニエル氏の事は日刊スポーツの紙面に載っていました。
ただ唯一のプロコーチとしてと。
ということは他のスタッフ陣のプロ契約はどうなるのか?
後載っていたのは、QBについて。
富沢引退、菅原残留です。

財政面での目処も、とりあえず今期の経費なのか。
来期以降もある程度目処がついているのか。
元オークスの場合、ファイナル行く場合の予算も計上しとかないと大変であると思う。
又グランドなども1年間貨与という事だが、この期間に探さないと
来期はもっと大変であろう。オンワードとしても売却を検討しているはずだし。
チーム作りと同時にもう来期に向けて走り出さないと大変だと思う。

シーガルズみたくよい方向に進めるのか。
シーガルズはジュニアなど作り活動することにより、
保護者も巻き込める状況にある。
地域活性化をかざすならこういう組織作りも必要なのであろう。
ま、NPO申請するんだろうな〜。

サンデースポーツより(1/19)
現在の資金目処
1600万 スポンサー
1000万 自己資金
300万  寄付金

プラス来年以降にグランド代2000万がかかる。

全国都道府県対抗男子駅伝

January 18 [Sun], 2009, 22:07
<全国都道府県対抗男子駅伝

 1区は埼玉、宮崎、長野、千葉などで最後のストレート勝負となったが、埼玉の服部翔大(埼玉栄高)が20分10秒で走り、区間賞を獲得した。服部は「自分はついていくだけだった。自信はなかったが監督に『お前の武器はスピードだ』といわれていたので勝ててよかった」と笑顔を見せた。


おめでとう!

アメフトあれこれ

January 17 [Sat], 2009, 23:24
以下すべてアメフトの記事です。

Xリーグを運営する日本社会人アメリカンフットボール協会は17日、大阪市内で理事会を開き、旧オンワードオークスの選手らが設立した新チーム(名称未定)と、大阪府警の新規参入を承認した。

 新チームは東日本、大阪府警は西日本に所属する。通常、新加入の場合は最下部リーグ(東日本は3部、西日本は4部)からスタートするが、実質的にオークスを受け継ぐ新チームは、同じ1部リーグからの参加を希望している。協会は1月中に各チームの意見を集約し、2月上旬にも09年のリーグ編成を発表する。警察チームの参入は警視庁(東地区2部)に続き、2チーム目。


果たして協会はどう判断をするのか?新加入なら下部リーグから噂では元オークスは8割(70×0.8=56?)が残ったそう、スタッフ・スポンサー・グラウンドのめども。
今まで見たいなチーム作りがとれるのか?
なんだかんだいっても、オンワードグランドの設備は恵まれているのであそこが使えないと又大変であるとは思う。
個人的には下部(力差考慮して2部)からが妥当。
組織がしっかりしていればあっさり上がれると思う。
まあ、仮に二部からなら、一チーム少ない分今の東・中地制を変えるか、
二部から一チームあげんと駄目ですが。
ユニシスor警視庁なのかな?
ただの記事も。

 アメリカンフットボールXリーグの元オンワード・オークスが17日、これまでの経過と今後のチーム方針などについての説明会を実施した。近隣住民を始め、各地から約30人のファンが集まった。

 前日16日に日本社会人協会へ新加盟申請をして再出発。勝利優先から地域に根差したクラブチームを目指していく。今後は2月中の協会による加盟認可を待ちながら、チームづくりに取り組んでいく。


しょめいの数と合わないですね
実際、署名したけど其処まで関心は無いのかな?


大阪府警がアメリカンフットボール部を創設し、Xリーグに新たに加盟することが16日、分かった。すでに加盟申請は受理されており、17日に正式に承認。今春のグリーンボウルトーナメントから出場する。世界金融危機の影響を受け、オンワードが解散するなど、暗い話題が多かったアメフト界にとっては、久々の明るいニュースだ。

 府警には1950年代に数年間、アメフト部が活動しており、約半世紀ぶりの復活となる。すでに約40人が入部し、2月から本格的な練習を始める。府警は西地区4部からのスタートになる。警察関係では、警視庁(東京)アメフト部が東地区2部に所属、昨季はリーグ2位だった。


最後にですがアッサリ二部まではくるのかな?
イメージ的に警視庁と同じ方針なのか、また関西なので違ったチーム作りでくるのか
かなり興味はあります。ちなみにラグビーもやっていますね、大阪府警。

色々

January 10 [Sat], 2009, 21:26
まずは箱根駅伝
母校は総合5位。昨年は3位ですが、今年はよくその順位で収まった印象。
正直、シード×だと思った。
それ以上に伝統校がよくなかったって事。

ライスボウル。
立命館勝利!
初めてトレーナーをやった学校の生徒がいたのでこちらで応援。
レギュラーで出場、そして勝利

サッカー見学。
めちゃ寒い

富士丸北浦和
ふつう+野菜+生卵。
結構きついけど完食。
まあまあかと。

学校再開。
来年度決めんとなあ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:don-m
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ
読者になる
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる