どもり・吃音を克服して楽しく生きる方法 レビュー 

July 28 [Mon], 2008, 15:18
詳細はこちら






マニュアル実践者
Y.Nさんの体験談
私は絶対どもりを克服します。
今までの自分自身に報いるために
も。
そして、絶対、絶対幸せになって見
せます。



詳細はこちら



このマニュアル、ある意味幸せにな
るためのマニュアルですよね。
少なくとも私にとっては「幸せマニュ
アル」です。
このマニュアルは、どもりや吃音で
悩む人たち全員に読んで欲しいマ
ニュアルです。
他の方の体験談はこちら



詳細はこちら



5才の頃から22年間どもり(吃音)だった私が、
1日たった10分、30日間のトレーニングでどもり(吃音)を克服し、
会話を楽しみ、恋人も出来て
毎日楽しく、明るく生きられるようになったノウハウを公開

 あなたがもし現在、どもり、吃音で悩んでいるなら、このHPが必ず役
に立つと確信します。 なぜなら、私自身が、22年間どもりに苦しみ、
だれにも相談できない状況の中、試行錯誤を繰り返し、1日10分、自
分ひとりで出来る超簡単な方法を開発し実践。たった30日でどもりを
克服し、明るく楽しい生き方を手に入れたからです。
「どもりは必ず克服できます」
「言語障害だから・・」とあきらめる前に、最後まで読んでみて下さい。

22年間のどもり(吃音)を克服した男が語る
1日10分、30日間、自分ひとりでも出来る
どもり・吃音を克服して毎日明るく楽しく生きる方法



「なんで俺は話すことさえ満足に出来ないんだ!」

「なんで俺ばっかりこんな目に遭わなきゃならないんだ!」

「やっぱり俺はダメな人間なんだ・・・」

当時27才だった私は毎日そんな事ばかり考えていました。


私は物心付いたころからどもり(吃音)でした。


子供のころはまだ、”どもり”という言葉さえ、知らずに、
「どうして自分はうまく話せないんだろう?」と
だた不安だけ募らせていました。

小学生になると、同級生から「言語障害!言語障害!」と言われ

「自分は周りの人たちとは違う・・・」
「自分は人より劣っているんだ・・・」

そう思っていました。

中学、高校と進学してからも、私の心の中は劣等感と孤独感でいっぱいでした。


人と話すのが苦手で友達も少ない。
女性とは全くと言って良いほど話せない。
もちろん、彼女なんかできるはずありません。

仕事でも仲間とうまくコミュニケーションがとれずに、ギクシャクしていました。
人前で話す機会が回ってくると、仮病を使って会社を休んでいました。


そんな自分がほんとうにイヤでした。
毎日、自己嫌悪の中で暮らしていました。

辛い気持ちを誰かに相談したくても、どもってしまいうまく話せない。


孤独でした。


まわりの人たちは楽しそうに話している。
私も、その話を聞きながら、笑っている。


でも、孤独でした。


夢や願望が数週間で実現する不思議な方法 検証

やる気が継続する誰でも出来る3つのテクニック レビュー

人間関係で悩む人から上手くいく人への法則 レビュー

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:どもり・吃音を克服して楽しく生きる方法 口コミ
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像どもり吃音
» どもり・吃音を克服して楽しく生きる方法 レビュー (2009年05月18日)
アイコン画像手マンの伝道師っすwww
» どもり・吃音を克服して楽しく生きる方法 レビュー (2009年05月12日)
Yapme!一覧
読者になる