吃音改善プログラムの効果と恋愛コンプレックス

January 18 [Sat], 2014, 8:07
こんにちは^^


今日も吃音改善プログラム/井坂京子レビュー特集中です(^^)
吃音改善プログラム/井坂京子は全く効果無し?という噂を聴き、半信半疑でしたが


↓↓


style="color:#0000FF">吃音改善プログラム/井坂京子検証レビューはこちら


この教材は本物です!


井坂京子さんが世に放つ情報教材吃音改善プログラム/井坂京子を
オリジナル特典付きでお届けしています。


※ステップは3段階。必ずリンク先をチェックして下さいね(^^)


詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓


style="color:#0000FF">吃音改善プログラム/井坂京子検証レビューはこちら




て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


定例どおり今日の朝食は出来立てのご飯と、かますとわかめのお味噌汁

私はこれが無いとダメなの。



今日は7分で完食、8時30分にマイホームをおさらば



一番愛想の良いサークルKに立ち寄り、ソルマックを購入しました(^^)v



普段通りのルーチンですから(^^)。



現場について、毎度毎度のパソコンでニュースチェック

トップニュースは・・・

↓↓

 第6回WOWOWシナリオ大賞受賞作品『埋もれる』が、俳優の桐谷健太主演で映像化されることが17日、わかった。3月16日(後10:00)放送予定。桐谷が同局のドラマに出演するのは、今回が初となる。

共演は女優の国仲涼子

 同賞は、2007年のスタート以来、プロ・アマを問わず優れたシナリオ作品を発掘し、過去4本の映像化作品を生み出してきた。第6回(2013年)は492編の応募が集まり、香坂隆史氏の『愛の告発』が大賞を受賞。タイトルを『埋もれる』に改め、オリジナルドラマ化する。

 大手食品会社に勤めていた北見透(桐谷)は、自社の産地偽装を内部告発したことで会社を追われる。消費者を思う正義感からの行動だったが、結果的に職場仲間の人生を狂わせたことに悩む北見は、自らも妻子と別れることとなる。傷心のまま故郷に戻り、市役所の非常勤職員として働き始めた北見は、ある日、上司の命令を受け、地域で問題視されていたゴミ屋敷の解決に乗り出す。問題の家の隣には、13歳の息子を持つシングルマザーとなっていたかつての初恋相手・浅尾葉子(国仲涼子)が住んでいた。

 初恋の相手と再会し、恋仲になる話かと思いきや、まさかの展開に突入していくヒューマンミステリー。挫折から這い上がる主人公を演じる桐谷は「脚本を読んだ時、最初は社会派のサラリーマンの話かと思いましたが、読み進めるうちにだんだん鳥肌が立ってきて、目が離せなくなりました。そして、最後のシーンでは思わず、ゾッとさせられました」と振り返った。「ドラマを全部通して見ていただいて、心の中で何かゾッとするところ、何か感じてしまうところを堪能していただければと思います」とアピールした。

 監督は、映画『旅立ちの島唄〜十五の春〜』『江ノ島プリズム』(ともに2013年)のメガホンをとり、脚本家として『黄金を抱いて翔べ』(井筒和幸監督、2012年)などを手がけた吉田康弘氏が務める。
(この記事はオリコンから引用させて頂きました)



・・・どうりで。

大して・・・って感じですね。



はい、では今日の本題。今日の仕事と言えば。。。

まあまあ予定通りに行けば何も売らないアフィリエイトに14時間と、@ネットビジネス種類

2@に2時間。



社員が居るからあっというまでしょう



ガンガン稼がねば!



稼ぐ系動画と言えば

↓↓





・・・失礼関連してない?

ま、いっか(笑)



さーて晩メシは何しよ?

しゃぶしゃぶかエビチリが今日こそ食べたいぜ(^^ゞ



これも良いか?

↓↓





おそらく次のブログ記事更新はどうしても明日になります^^;

ではまた次回!