トルコに恩返しを…NGOスタッフが被災地へ

October 24 [Mon], 2011, 18:01
 東日本大震災の被災地にさまざまな支援を続けてきたトルコの東部を23日襲ったマグニチュード7・2の地震。現地では倒壊した建物内にまだ多くの人が取り残されており、犠牲者はさらに増えそうだとの情報に、在日トルコ人たちは故郷の親類や知人の安否を気遣った。

 東北の被災地からも心配する声が上がり、国際NGOは医療スタッフを現地に派遣することを決めた。

 トルコ大使館(東京都渋谷区)には、23日の地震発生直後から、日本国内のトルコ人から「現地の家族と連絡を取りたいが電話がつながらない」「詳しい被害状況を教えてほしい」という電話が相次いだ。

 同大使館では、22日に東日本大震災の被災地を支援しようと手工芸品のチャリティーバザーが開かれたばかり。大使館が7月にトルコ国内の各県に協力を呼びかけたところ、被災地のワン県からは真っ先に、平織りのカーペットと銀細工が届けられたという。

 東京・赤坂のトルコ料理店「アセナ」では24日午前、マネジャーのブーチン・オズダマーラーさん(33)が「1人でも多くの人に助かってほしい」と心配そうに地震被害を伝えるテレビニュースを見ていた。同店では、東日本大震災を支援するための食事会を開き、売り上げの一部を寄付してきた。オーナーシェフのレベント・トランさん(47)は、「日本の被災者はあれだけの被害が出ても、心を一つにして立ち向かっている。トルコの人たちも頑張ってもらいたい」と話した。

 外務省によると、東日本大震災ではトルコ政府が支援・救助隊を派遣し、3月20日から4月8日にかけて32人が宮城県利府町を拠点に、石巻市雄勝町や七ヶ浜町などで行方不明者の捜索などにあたった。同市秘書広報課の佐藤義則さん(55)は「トルコの方々に恩返ししたい。すぐにでも現地に救援に行きたいが、まだ私たちも支援を受けている状態なので……」と、もどかしそうに語った。

 国際医療NGO「AMDA(アムダ)」(岡山市)は、24日夜の航空機で医師ら3人の先遣隊を現地に派遣することを決めた。東日本大震災では、宮城県南三陸町で活動していたアムダの拠点に、在日トルコ人の民間団体から飲料水2・5トンの提供を受けた。アムダ職員の成沢貴子さんは、「水不足の時に助けてもらった恩返しの気持ちも込め、一刻も早く現地で活動を始めたい」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111024-00000875-yom-soci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


健康関連のマニュアル、今最も売れてるのは...

【トルコに恩返しを…NGOスタッフが被災地へ】

「U.F.O.」女社長 25年前から粉飾か 使途不明金200億円

October 04 [Tue], 2011, 18:01
 服飾卸売会社「U.F.O.」(東京都中央区)による民事再生法違反事件で、大阪地検特捜部に逮捕された社長の谷絹子容疑者(61)が昭和61年の創業当初から、印鑑を偽造するなどしてつくった架空の契約書で取引があるように装い、決算を粉飾していたとみられることが4日、管財人への取材で分かった。また、同社の使途不明金が200億円を超えることも判明した。

 同社はメガバンクを含む複数の金融機関から受けた300億円を超える融資の大半を焦げ付かせており、特捜部は、谷容疑者らが多額の融資を引き出すため決算を粉飾していたとみて、融資の経緯や資金の流れを調べている。

 管財人の森本宏弁護士によると、管財人らが同社の社員や元社員約10人から事情を聴いたところ、企業の印鑑を偽造したり、サインをまねたりするなどの手口で契約書や請求書を偽造し、実際には取引のない企業と取引があるかのように装っていたとされる。

 これらの手法は、谷容疑者がUFOの前身となる会社を創業した昭和61年ごろから、約25年間にわたり行われていた。UFOが融資先に示した取引先企業には、海外の高級ブランドもあったが、取引の実態がないことは表面化せず、金融機関側も疑問を抱かなかったという。

 一方、同社の決算書によると、平成21年7月期の売上高は895億円。しかし、実際の売上高は10億円程度とみられ、237億円が、不明朗な仮払金として計上されていた。森本弁護士は「UFOの経営は、そもそもすべて一から作り上げた虚構のものといえる」と指摘している。

 特捜部は谷容疑者が夫の誠容疑者(68)らと共謀し、民事再生手続き中に業績をかさ上げした報告書を監督委員の弁護士に提出したとして、民事再生法違反容疑で逮捕したが、いずれも容疑を否認しているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111004-00000135-san-soci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


健康関連のマニュアル、今最も売れてるのは...

【「U.F.O.」女社長 25年前から粉飾か 使途不明金200億円】

橋下知事が知事選に維新幹事長の松井氏擁立へ 大阪ダブル選

October 04 [Tue], 2011, 12:01
 11月27日に想定される大阪府知事選、大阪市長選のダブル選で、地域政党「大阪維新の会」(維新)を率いる橋下徹知事(42)が、知事選について、維新幹事長の松井一郎府議(47)=3期目=の擁立で最終調整していることが3日、わかった。橋下氏は、9月府議会で最初に議案採決が行われる21日にも、辞意を正式表明する見通し。23日の維新全体会合で、自身は市長選に立候補し、知事選では松井氏の擁立を決める方向で調整している。

 橋下氏は2日夜、大阪市内の飲食店で、松井氏と2人で会談、擁立の意向を伝えたとみられる。

 橋下氏は3日、「松井さんは意中の人ではない。意中の人は維新外部の人」と言及。松井氏も「今は9月議会を円滑にどう乗り切るかが仕事」として、擁立への動きを否定したが、維新内には、立候補が表面化することで、開会中の府議会での審議が紛糾することを避けたいという思惑があるものとみられる。

 松井氏は自民出身で八尾市選出。橋下知事が提案した大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC)への府庁舎移転関連議案が、自民会派の大量造反で否決されたことなどに反発、昨年4月、維新を設立した。

 幹事長として今年の統一選を戦い、府議選や大阪市議選で維新を躍進させるなど、側近として橋下知事を支え、ダブル選の候補者選定の責任者も務めている。

 維新はこれまで、元読売テレビ解説委員の辛坊治郎氏や、経済産業省官僚だった古賀茂明氏らに知事選出馬を要請してきたが、いずれも固辞され、外部からの候補擁立は難航していた。

 「意中の人は、維新外部」と繰り返してきた橋下氏が、最終的に維新内部からの候補擁立を決めれば、批判が出ることは必至。しかし、維新が府議会に提案した職員・教育基本条例案の可決や、維新が打ち出した一連の行政改革の実行を優先させるためとみられる。

 維新関係者は「あとは有権者に判断してもらうしかない」としている。

 知事選には、共産推薦の弁護士、梅田章二氏(60)も立候補を表明している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111004-00000511-san-pol
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


健康関連のマニュアル、今最も売れてるのは...

【橋下知事が知事選に維新幹事長の松井氏擁立へ 大阪ダブル選】

<国会>会期延長 「頭越し」民主国対が反発

September 17 [Sat], 2011, 12:01
 衆院は16日の本会議で、臨時国会の会期を30日まで14日間延長することを全会一致で議決した。民主党執行部は当初、衆参での予算委員会を開かず4日間で閉会する方針だったが、11年度第3次補正予算案を巡る自民、公明両党との3党協議も危ぶまれる情勢悪化に気付き、輿石東幹事長が土壇場の与野党幹事長会談で軌道修正を図った。民主党の判断ミスといえるが、野党は反発。民主党内でも批判が噴出している。【朝日弘行、念佛明奈、岡崎大輔】

 衆院予算委筆頭理事の岡田克也前幹事長は15日、輿石氏に電話し、閉会後に予算委を開くとした党の方針に「自民党は応じない。冷静な判断をすべきだ」と忠告。輿石氏は同日夜、野田佳彦首相と協議し会期延長を決めた。

 だが、情報漏れを警戒した輿石氏が延長を党内に伝えたのは16日朝。延長方針を知らされていなかった民主党国対は15日夕、すでに国会の各委員会の与党筆頭理事に、閉会の事務手続きの委員会を16日中に開催するよう指示。これが野党のさらなる反発を招いた。

 衆院議院運営委員会の松野頼久筆頭理事は、平野博文国対委員長に「情報は共有してくれないと困る」と詰め寄った。しまいには国対委員長代理を務める松本剛明、加藤公一両氏が「けじめをつける」として平野氏に辞表を提出する事態に。輿石氏は16日の党代議士会で「大変ご迷惑、混乱を起こさせ、おわびしたい。責めは私が負う」と陳謝した。

 ◇不信感増す公明

 一方、自民、公明両党は会期延長に一定の評価をしているが、自民党内では民主党がいったん会期を4日間で押し切ろうとしたことへの反発が強まり、今後の民主、自民、公明による3党協議への民主党との協議に慎重論も強まっている。自民党などが求めた10月14日までの会期延長を勝ち取れなかったことに、16日の党代議士会では「大変問題がある」と不満の声が上がった。自民党は、3次補正は民主党に協力し、その後は衆院解散に追い込む戦略を描くが、逢沢一郎国対委員長は記者会見で、3党協議について「冷却期間が求められる」と語った。

 公明党は、もともと3党協議に前向き。今回の会期延長に際し、党幹部は「民主党に『30日までなら受け入れられる』と助け舟を出し、自民党も説得した」と明かした。

 だが、民主党の「稚拙な国会運営」(公明党幹部)に、公明党内の不信感も増している。山口那津男代表は「このようなことが繰り返されるなら、与党側が円満な政策協議を崩していると言わざるを得ない」と苦言を呈した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110917-00000005-mai-pol
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


健康関連のマニュアル、今最も売れてるのは...

【<国会>会期延長 「頭越し」民主国対が反発】