二重奏 

February 03 [Sat], 2007, 11:12
秋から冬、そして冬から春へ。
足音は季節によってまたそれぞれの味があり
春は桜の上の柔らかい音
夏は熱いコンクリートを蹴る音
秋は落ち葉踏む音
冬は雪を踏みしめる音…
過ぎ行く日々を景色と感触で感じ、
すがる思い出と踏み出す自分を演出したいと思いました。
元ネタは由佳、そしてそれを歌詞にしたのがリヰア。
足音の二重奏と未来への独奏を感じ取ってください。

一人でも、個人であることにも魅力はある。
その場その場の自分の魅力を最大限まで引き伸ばして
寂しいと思うよりもまた進みだせる
音を奏でる足は心についているのですから。

アリスの国-marsh without a bottom- 

January 25 [Thu], 2007, 19:26
アリスの国。
不思議な少女アリスのお気に入りだった兎の人形になって
アリスの悲しみでできた沼に放られる詞。
温もりを愛して
それを悔やんだ
悲しい悲しい、兎人形の御伽話。
「marsh without a bottom」は「底無し沼」という意味です。

ちなみに「アリスの国」はシリーズ化する予定です。

至死人形 

January 25 [Thu], 2007, 19:21
生きていくにはお金が必要な悲しい世の中。
お金さえあれば生き抜いていける悲しい世の中。
だからといって身体を売ってまで生きる必要は無い。
生きるために必要なものは何?
そう問いかけたい詞。
好きで売るなら構わない。
ただ生きるためのお金を得るために
心を殺してまで身体を売る必要は無い。
そう思う。

籠姫ノ寵愛ヲ... 

January 12 [Fri], 2007, 22:03
現在曲作成中。。

「憎悪にまみれた悲痛で残酷な宿命」をテーマに書いてみました。
歌い手は素直なんだよ、素直だからこそ間違ってしまった。
それはもう取り返しがつかなくて、ただただ成す術も無く生きるしかない。
愛しい人を鳥篭に捕まえて、しかしその籠は二度と開けられなくて、
捕まえたけれど絶対に触れられない。
籠の中の人は自分を捕まえた人を恨み憎んでいる…と。
悲痛な感じが伝わるといい。。

始めに 

January 12 [Fri], 2007, 22:00
応援して下さっている方のご意見により歌詞を公開することにしました。
主に歌詞はリヰアが作っています。

ちなみに約束事を。

流用・パクりはやめましょう。

以上です。。


代表:リヰア
P R
最新コメント
アイコン画像璃威鴉_Ri-A_
» 籠姫ノ寵愛ヲ... (2007年01月16日)
アイコン画像ツヅラ
» 籠姫ノ寵愛ヲ... (2007年01月15日)
Yapme!一覧
読者になる