警告!スーパードルフィーのオーナー様へ!!

December 12 [Fri], 2008, 23:32
ドール搾取事件に関しまして
オーナー様の信頼できる知人より詳しい話と
事の顛末をお聞きしましたので、こちらに
記載させて頂きます
また、転載許可はとってあります

今回の事件について
出来る限りの範囲でまとめさせて頂きました



今回、ネット検索でドールカスタマーさんを探し、
依頼を持ちこみました
その際に、どのヘッド、肌色、どう言う状況の子
(里子か、フルチョした子なのか聞かれました)
ちなみに、今回の子は里子です

里子で前オーナー様からお譲り頂いた時は、
メイクがほぼ落ちている状態で
アイはまだまだ現役続行できる状態でしたが、
それもお伝えしました



その後

 ××××××××××
「前からメイクしてみたかったヘッドなので、とても嬉しいです」
 ××××××××××

このメッセージが返信されてきました
今更ながらに、このメッセージを受け取った瞬間に
やめておけば良かったと後悔しております

何度かメッセージをやり取りし、大丈夫だと判断し、ヘッドを
お預けしました


しかし、いきなり

 ××××××××××
「メイク料金は返金するので、無償で譲って欲しい
この子に感情移入してしまいました」
 ××××××××××
このメッセージがありました


私は丁重にお断りしましたが、不信感を抱き、知り合いに
相談の上、メイクは良いので、着払いで返還して下さい
と、メッセージを送信しました

この最中に、預けたドールの写真がアップされましたが

ウィッグもアイもそのカスタマーの用意したもので、
しかも、服まで着せられていました
そして、メイクも明らかにカスタマーが過去にオークションに
出したドールと同じメイクでした

確実に、怪しまれても仕方がない状況です

その間に来たメールは一通だけ

 ××××××××××
「この子を末永く可愛がる自信があるなら、再メイクさせて頂きます
私も親に捨てられたので、私ならこの子を可愛がれると思いました
私は人間不信です
誰も信用していませんので」
 ××××××××××
と、上記のメッセージが届きました


しかし、その後、音沙汰がなくなり、電話する事態に陥ったのです
家族が電話した際には、凄く不機嫌になり、舌打ちでもしそうな
勢いだったそうです

しかし、家族は最低限の礼儀は欠かさず、脅迫と思われない様に
丁重に事の次第を伝え、返還要請をしました
もちろん、こちらに脅迫する意思はありません
ただし、周囲の方から、こう言う相手は、何気ない行動から相手の
揚げ足をとると聞いていたので、きちんとしました



その後、その方のブログには、こんな記事がアップされていました


 ××××××××××
『どうしよう…怖いよ
▼ 2008/12/11 13:12
例のオーダーを頂いている方の旦那様からいきなり私の携帯に
電話がかかって来ました。

「嫁が体調を崩して実家に帰るから今週中にドールを送り返して欲しい」

昨日睫毛を発送したの、そっちじゃないですか
一体私はどうしたらいいんですか

しかも、携帯の番号、どこから漏れたか分からないんです。

いきなり、初めましての一言も無く、ドールの名前から
会話を始めるような旦那様です…。



もう、気が狂ってる方々としか思えません…。

怖い…

この子も、旦那と従姉と一緒にマイミクさんの家へ行って奪って
来たらしいし、住所バレてるから、家に来かねない。


この子は、本当に可哀想だね

でも、持ち主を選べないんだ。』

 ××××××××××

以上は全くの言いがかり、ねつ造です
今回の子は前オーナー様から、きちんとした取引の元に
里子としてお迎えした子です
そして、カスタムをお願いする時に、お互いの個人情報は
全て開示しております



そして、この記事アップの後に…


 ××××××××××
たしかに、私の言い方は悪かったと思います。
誤解を招くような言い方をしてしまい、本当に
申し訳ありませんでした
ただ、オーナー様がドルフィーを持て余しているの
であれば引き取らせて欲しいと思っただけなんです
 ××××××××××


カスタムを頼む時点で、持て余していない事
我が家の子として可愛がる為にメイクを依頼したことは
明白だと思います
何故に持て余していると言う言葉が、このカスタマーの
口から出たのでしょうか?
現在、各所のタレこみにより、この方からは良い噂を
きかない
こいつが犯人じゃないかと、一発で見抜いた方もいました
カスタマーなら綺麗になって旅立たせてあげたいとは
思うかも知れませんが、綺麗にして手元に置きたいとは
考えないと思います
本日、我が家の子が帰還しましたが、依頼したメイクから
ほど遠く、そのカスタマーの好みそのままでした
最初、確認した時よりメイクは、売り物メイクと化していました
私が何も行動を起こさないでいたら、この子はオークションに
出されていたと思います
そして、梱包の扱い、ドールへの傷みと痛みから
この方こそ尋常ではないと把握しました

また、このカスタマーの方は長野県の方で
20代前半の女性で、主にブライスを専門にカスタム
している方です
自称 美大生とのこと
心当たりのある方は、お気を付け下さい

これが、今回の事件の顛末です
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dollfamily
読者になる
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dollfamily/index1_0.rdf