ベトナム旅行4〜現地旅行会社のツアーへ〜

2006年03月29日(水) 22時11分
この日は、現地旅行会社で頼んだツアーへGO

8時ピックアップの予定だったのに、突然7時半に電話が鳴る。
友「ドリン、出て!」 ド「え?英語できない…」というやり取りの後、友達に電話に出てもらう
友も、ベトナムナマリの英語に苦戦。
ベトナムだけでなく、タイでもでしたが、現地の方々は結構癖のあるナマリ付きの英語を喋ってくれます。
多分、私達も日本ナマリのある英語を喋ってるんだろうけど。

で、電話の内容はというと、ピックアップに今来た!ということらしい。
ほぼスッピン状態で(いつもか…)慌てて出動。
で、旅行会社前につくと、バス発射まで一時間待ちとのこと(ぉぃ
外の椅子で日焼け止めをぬりつつ、ドキドキしながら待ち、バスに乗り込む。
安いので、どんなかなぁと思っていたけれど、普通でした。クーラーもついているし。
途中のトイレ休憩をはさみ、(このトイレ、オケで水を汲んで流すタイプでした^^;)に乗ること2時間ぐらい()、船着場に到着。

あ、書き忘れていましたが、この旅行、メコン川クルーズです。
水上マーケットが見られると思って参加しました

観光用の小さな船にのり、出発。日よけと座席があるだけのシンプルな船です。
島に降りて、最初はライスペーパー作りを見学。
クレープみたいに広げて、水道パイプみたいのに巻きつけて取り上げて広げて乾かします。
オバサン上手い。さすがプロです。
ここで試食にあった乾かしたライスペーパーを焼いたものが甘くておいしかったので、購入。
ちょー薄焼きの甘いせんべいって感じでしょうか^^;(表現下手だなぁ)
多分ホテルに帰る前にバリバリになっちゃうだろうなぁと思いつつ。

続いてご飯。ごはんとスープ。おかずは揚げ春巻きと豚肉。
なんか、葉っぱも置いてあった気がしたけど、スルー
わりとおいしかった

再び船に乗り移動。ココナッツキャンディの作り方を見学。
ココナッツの皮(中身のジュースじゃない部分)を鉛筆けずりのカスみたいに細かくして、搾って、出てきた汁を煮詰める。
煮詰めたものを板状に伸ばして、棒状の型に入れる。少し硬くなったところで、同じ大きさに切る。
そして、オバサンたちがひたすら紙に包んで完成。
他にも、また島を移動してフルーツを食べながら、歌を聞いたり、バイク(カヴ)に荷車がついたのに乗っかって短距離を移動したり、カヌーに地蔵の傘みたいな帽子をかぶって(意外と傘が大きくて涼しかった)、乗ったりしました。
あと、大蛇を首にまいてるのをみたり、さっきまで巣箱にあったと思われる蜂付きの枠に指を突っ込んで蜂蜜を舐めたりしたなぁ。

あんまり関係ない話ですが、アメリカだかヨーロッパだか知らないけれどの方々は、船から降りる時に高い段差があると、奥さんをだんなさんが抱き上げて降ろしていたり、さすがレディファーストの国だなぁって思いました。

そんなわけで、帰路へ。
ホテルまで送って行ってくれたは良いけれど、例のホテルの向かいの命懸けの通りで降ろされた
渡れるのか!?と思いながら横断歩道(あんまり意味がない)を渡。
どうにかホテルにたどり着き、ほっ。


この日は、あがりに、を頂き、気がついたら寝ていた…。
  • URL:http://yaplog.jp/dolin-player/archive/56
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。