ごめんなさい 

March 29 [Wed], 2006, 16:27
諸事情により少しの間、この日記をかくのをお休みします。
やっぱりこの状態で書き続けるのは今は無理みたいです。
毎日きてくれていた方、時々みにきてくれていた方、
こんなひとりよがりな日記をよんでくださり、ありがとうございました。
日記をまたかけるようになるために、あがきつづけます。
本当は書き続けていきたいから。


今までかいてきたものと此処は残しておきます。
いつ戻ってきても いいように。


再開の時期は決めていません。
すぐに戻ってくることができそうならすぐにでも戻ってきます。
一定期間休んで、まだ日記をかけないようなら思いきって閉鎖します。
どういう形になろうとも、また此処でお知らせします。


今まで日記をよんでくださったすべての皆様へ。
本当にありがとうございました。
リンクを繋げてくださっている方は切ってしまってかまわないです。
本来ならば、ひとりひとりに休止することを伝えにいきたいところですが、それさえ出来なくてごめんなさい。


さよならは まだ言わないよ。
また あえる そのときまで。















→ http://tip12star.jugem.jp/

言葉足らず したっ足らず 

March 24 [Fri], 2006, 0:39
下の記事はロストの対バンがユースってことを書きたかったのですが言葉足りてない。すいません。

今日は午後から学校に行き、夕方からは友達とカラオケに行ってきました。
久しぶりにPCに触った…!!
先生には実習の件で相談。
次の実習は5月15日頃からになりそう。
本当は1ヶ月丸々同じ実習先で実習をしなければいけないんだけど、検定試験との兼ね合いで2週間×2ということにしてもらった。
5月の実習が終わったら次は10月?
そことはまた別の実習先での実習も待っている。
それはいつやるんだっけ。
ウチは実習時期は自分で選択できるので
夏休み明けに、やらせてもらおうかな。

わたしが今、通信で学んでいる大学の単位を取るのがこの4月から難しくなるらしい。
国家資格を卒業と同時に取れる学部だものね、そう簡単には単位取らせられないよね、
と先生が言っていた。
そうなんだよなあ。
国家資格。
資格が泣かないようなにんげんにならなければ。
カラオケは偶然に 行くことになりまして。
別の教室で某検定の模試を受けていた友人が、教室に入ってきていきなり宇多田の新曲やらアジちゃんやら歌いだして。
久しぶりに会ったんだしカラオケにでも行こうや、と。
彼女の買い物に付き合ってからカラオケへ。
買い物に付き合ったのはいーんだけど道を踏み外しそうになりかける…
去年のこの時期に好きだったものに再燃してしまいそう。怖。
そんな話はどーでもいーな。笑

カラオケでは友人が沢山チャゲアスのうたを歌ってくれた。
やっぱ「PRIDE」は名曲。
こころをもっていかれる。
ASKAの真似をしてのアジちゃんの「ブルートレイン」は絶品だった。
生まれながらのチャゲアスファンですから、と友人は言っていた。
あの生めかしい吐息混じりでうたうのは難しいとも話していた。
わたしは彼女の隣で某T屋(2曲しか入っていなかった 泣)やアートや笹川さんを。
痛々しいうたばっか歌ってすいませんね 笑。

久しぶりに会っていっぱい話せて、兎に角たのしかった。
別れ際は彼女が所属している楽団のはなしに。
新入団員が沢山入ったとの事。
彼女は次の定期で団を離れてしまうので、お花でも持っていこうかなと考えていました。
が、ぜったい枯らす!! 笑
ので、却下。


すこし、戻ってきたかんじがいたします。
この調子。

今日はどうもありがとう☆


ロスト@地元 

March 23 [Thu], 2006, 0:36
ゆ、ユースだって…!!
とうほく祭りですかぃ!
てっかこのタイミングでユース観ることになるとはっ…
地元で某T観たとき以来ですよ。1年10ヶ月振り?
去年ウチのバイト先のビルで彼らライブしててビックリしましたが。
(地下にいたためライブ観れんかってん、
まさとしー!!(うわっ慣れ慣れしっ、
みついさーん!!
きっとみついさんパパもいらっしゃることでしょう。
だって地元ラジオで海北呼ばわりしてたもん!!
ぐふふ。
レディビだけでも十分お腹いっぱいなのに。
ボーカルさんがイケメェンヌなのです。
うっとり…(オイッ!
かへがーるはきけるのかな…!!?
だいすきなんですこの曲。
あーんでも勝算ないなぁ。
そしてまさかの4人RBにならないかなぁ??!
…っまっさかー。

俄然たのしみになってまいりました。
この日はライブ直前まで某地下で写真と格闘していると思われるので万が一見かけた場合は、
「あ、あいつか、」程度にスルーしてやってください。

あーきっと地元の媒体の人いっぱい来るぜ。
(単に来る予感がしているだけですが)
オーロラさんのときみたいなかんじになるのかな?
(後ろで業界トークしている方が何名か居まして)
あ、彼らのライブは実習中につき観に行くのが難しいことが判明しました。
あーん、でも観たいなあ。格好いいんだもんよ。
Sallyとかメランコリアとか超ききたいです。

脈略なく語る我、。 

March 22 [Wed], 2006, 23:37
今日はやりたいことが4つあって、そのうちのひとつだけ、実行に移せました。
どんだけ意志よわいんだ…

美容院にいってきました。
髪色をピンクにしました。
本当は切りたくなかった髪の毛を切りました。
こんなに切ってもらうはずじゃなかったのにな。

そもそも美容院に行ったのは、バイト先の同性の人がわたしの髪の毛について色々いってきてウザいが故。
わたしのパーマがとれかかったヘアーを見て、
「その髪は何なの?」「ワックスとかつけてないでしょ?」
…すいませんね。
今まで友達にさえこんなに突っ込まれた事無いのに。
髪のことだけでなく、私生活についても色々突っ込んできて。
「ふゆこちゃんの友達って何系?想像つかないんだけど。」「普段は何してんの?」「真面目だって言われない?」
家族のことも聞かれたな。
わたしの事を知りたいんだろう。
その気持ちは嬉しいです。
しかし、ウザい…だめだ、あーゆうタイプは。

はぁー、美容院すきだけどすきじゃない。
いつも美容院に行ったあとって後悔する。
思い通りの髪型になったことが無いんですよね…
あああ。
美容院の人にも、この話をしました。
「その人は髪とかちゃんとしてるの?」
言われて気付いた。
ぜんっぜん。髪の毛はまとまっているけれど適当に結んでいるだけやん。
化粧もちゃんとしてるんだか…(お前んなこと言えないだろ!)

あのバイトを始めてから思ったことがある。
それは同性が同性を見る目ってのは厳しいな、って事。
将来、女性ばっかりの職場で働く可能性も無きにしもあらずな我。
我は心配になってきた。
そんでもって、こわいなぁ。

本屋でジャッパンをよんだ。
読者レビュー(音速のことかいてあったもの)と高橋さんのレビュー見て本屋で泣いてしまった。
ば、ばかだろ!
その場にしゃがみ込む所であった。
ジャッパンほどおもしろくて、我をうつ雑誌は無い。
お面バンドもエルレもまた観られるといいなあ。
たのむぜ…っ。
我はこんなにお面達がすきだったっけ?!
日高さんはいい人です。(皆知ってるって!)
日高さんが地元に来てくれたときにエルレがだいすきです!と
言ってしまった我です。(…)
アジちゃんも観たいです。
盛岡は密かに行こうかと考えている。
しかしですよ。
同じ日に地元に来る某バンドも観たいんだよ。
ジャッパンでCD紹介されていたから尚更。
あー。


我はおもう、。 

March 21 [Tue], 2006, 23:32
足が筋肉痛なのです いってえ
10時間以上立ちっぱだったからかなぁ…

新しくはじめたバイトは楽なんですが(時に暇になるのが難点)
計算してみたら1日に稼げる給料がめっちゃ安いことに気付き唖然としました。
しかし、何もしないよりマシ。
そして高望みをしちゃあいけないな、とか考えた。
…いや、現実は高望みしたい。
とっても。


この頃すこし、弱気。
やりたいこと、ほしいこと、手に入れたいことにからだがついていかない。
苛立ちをかくせず。
あまいものに 逃避したい。

わたしはなにか、夢中になれるものが無いといきていけないみたいで。
去年の今ごろに夢中になっていたものはマンガだった。
次第におんがくにシフトしていった。
基本的にすきな音楽は変わっていないとおもう。
2年前に録音したものにアジちゃんとランクが入っていた。
椿屋とつばきとミッシェルが同じテープに入っていた。
すげぇ。
この先はどうなるか分からないけれど。
地元バンドしか聞かない子になっているかもしれないし。
地元バンドを主に観ているひとにとっては、
二千円のチケ代は高いんだって。
わたしは安いとおもうんだけどなー。

地元バンドはわたしの中で、あたりはずれがある。
これで千円は無いっしょ…、とおもうライブもあったのは事実。
せやけど、良いバンドはほんとうに良いので、
追いかけていきたいです。


今日はバイト先にコスプレイヤーさんやパンクな人が沢山来店したので
何事か、とおもったら某GというV系バンドのライブが地元であったらしく。
あ、あんな格好でライブ観るんかい!!
あつくて死ぬわ!! 笑
軍服とか着てるんですよ…それに眼帯して。
わたしのすきな某T、ってバンドのライブにもV系のお客さんが多いみたいで(ウチの地元に)
頼むからロリータな格好で来ないでくれよ…爽やかなロリータならいいが・笑
観ていてあつくるしいの勘弁。

話がいろんな方向に行き過ぎです!
マイスティースからホーン隊が抜けるそうで。
高校2年のときにきいた「春の光」(だっけ?)がめっちゃすきです。
あのイントロきいただけで春がこころに突き刺さった。
いちどだけでも、生できいてみたかったよ…

AURORA、せんだいでPlaneと対バンかよ…羨ましい。
観に行きたい…!
(現実を見なよ、


3月18日 その5 

March 19 [Sun], 2006, 6:23
つづき。

学生時代に夢中になったこと、なんだっていいんだ。
胸を張って言えたらいい。
そうやって、話せることをひとつずつひとつずつ増やしていきたくて。
バイトも何でそんなにやってるの?と聞かれる。
バイトできるのは今しか無いと思うから色んな世界をみてみたくて。
合わないなら合わないでいいんだ。
合わないことを知れたならそれはそれでいい。
会社の方針なりそこで働く人達から学ぶ事ってわたしにはとても大きくて。
自分に出来ることを増やしていきたいのです。

今日はとにかく、地元でこんなに素晴らしいメンツでのライブを観れたことに感謝しています。

終演後はいろいろとおもしろかった!
出演者がフロアをうろうろしてんだもん。笑
岩崎さんを捕まえて「今度はセカイランクツアーで来てください。」て言ってしまった。
つまりはランクヘッドを連れて来いと(…)
そういうのはランクにいいなよ…来いってさ。笑
あと、ずっと気になっていたことが解決したので良かった。
お話してくれて有難うございました。
ウッチーとか響ちゃん見てもおもったけど、皆、どこにでも居るような人達だ。
どこかですれ違っても気付かないかもしれない。
響ちゃんとも話したかったな…彼のドラミングが好きなのです。
どんな話するんだろ。

出演者の皆さんが客と写真撮ったりサインかいてたり談笑している光景がなんだか微笑ましかった。
見ていて楽しかったです・笑


かきたいことは全てかいたかな。
ひと眠りします。
よんでくださってありがとうございました。
素敵な夜をありがとうございました。
ロックはいいな。
この先もずっと、ロックがすきなわたしでいれますように。


3月18日 その4 

March 19 [Sun], 2006, 6:23
つづき。

ノーリグに誘われたら行くしかないでしょう。笑
WONDERSとは、まだまだ一緒に回るから心踊る、と言ってました。笑
ツアー終わったら曲をたくさん作ってまた来ます、と。
待っています!

***
ノーリグは一年間にかなりの本数のライブをこなしていると聞いていました。
わたしは去年のライブは観ていなくて今回初めてライブを観ました。
今回のツアー日程をみたときに本数の多さに驚きましたが、
ご本人たちは回れない土地もあって申し訳無いとおっしゃっていて。
生の音を届けたい、という気持ちが凄く伝わってきて、
ライブで訪れる土地を大事にしてくれている印象を受けました。
自分たちで会場から出演アーティストからブッキングするという話にも驚いていました。
今回はWONDERS、セカイイチと一緒に来てくれて本当に嬉しかった。
セカイイチをこの街で観られるなんておもいもしなかったから。
地元の2バンドも相当に良かった。
鴉が「地元にもこういうふうに頑張っているバンドがいるので、
気になったらライブハウスに足を運んでください。」と。
今年は地元バンドのライブにも足を運べたらいいな。
今日出てくれた地元バンドは地元では人気のあるバンドさんで、
自分たちのスタイルを確立していて、格好いい。
この街もすてたものじゃない。
今回のライブ会場に来たのは今年初めて&4ヶ月振りでしたが、
今年もたくさん行くんだろうな、と漠然と思った。
ライブ中にこれからの事を考えていた。
終業日にクラスの人に「そんなに資格取ってどうするの?」と聞かれた。
問いに返答出来なかった。
あれから考えたんだ。
就職試験の時に「あなたは今の学校で何をしてきたのですか」と尋ねられたら。
わたしは言えることがある。
資格を取る勉強をしてきました、と。
その結果がコレです、と。
ウチの学校はある程度資格を取らないと進級も卒業も出来ない。
中には1つも資格を取得できていない人も居て。
そんなんだったら「あなたは学校で何をしてきたの?」になる。
辛いけれど、結果をださなければならない。
わたしは資格を取ることで少し自分に自信が持つことが出来始めた。
来年の今頃はどうしているだろう。
そして今年も地元でのライブに行けるだけ行こうと決めた。
「学生時代に何をしていましたか」
自分で稼いだお金でライブハウスに足を運んでいました、と言う。


つづく。


3月18日 その3 

March 19 [Sun], 2006, 6:22

つづき。

岩崎さんマイクスタンド倒さなかったな。
倒すところがみたかった。笑
対バンだったから仕方ないけれど、
あっという間に終わってしまって。
次来てくれるときは今日の倍くらい、やってほしいです。

5.No Regret Life
トリはノーリグ。
1列目のお客さんが楽しそうにしていらして。
ノーリグが目当てで来ました、というかんじ。
わたしはノーリグまともに聞いたことが無かったので、
前の人たちのノリについていきました。
セカイイチが終わったら、前の方にちょっと余裕ができていました。
「前回秋田に来たときは対バンのメンツが凄すぎて。
LINKのレコ発で来たのですが。
思い出のある場所です。
今回は自分たちの企画で来ました。
去年一年いろんなアーティストに出会ったんですよ。
いろんなひとに『ライブに出ない?』と電話をかけて。
『いいよ』で成立することが嬉しかったです。
そして、出来れば地元のアーティストさんも呼びたいので、
ライブハウスの方にブッキングをお願いして。」
ノーリグの呼びかけで各バンドに拍手を送りました。
地元バンドと会場への拍手の音が一番大きかった気がします。
「今日は長いイベントですが楽しんでいってください。
どのバンドが欠けても今日は今日でなくなるんだよ。」
また、ツアーが終わりそうなことについて淋しいとも。
本編では10曲くらい、もっとかな、やってくれました。
アンコールは比較的早く出てきてくれて。
ドラムの方がなかなか登場しなくて後ろからドラムの方の名前を呼ぶ声。
どうやら着替え中だったらしい。
「この次は北海道です。
このまま皆、北海道に行く?笑
そして今日でいったんセカイイチとはお別れです。」
そこで会場の後ろにいるセカイイチとステージ上にいるノーリグの素敵トークが。
「一緒に北海道いこう!ジンギスカン食おう!」
ノリ気のセカイイチ。笑
ツアーはまだ続くけれど、3・4本やったらツアーファイナルがある、
今日はセカイイチとお別れだからここがツアーファイナルだよ、と。
アンコールはセカイイチとしばしのお別れとなる秋田の皆さんに、
と言ってやってくれたアンコール。
とても心がこもった演奏でした。
「次は近いところで4月の29かな。仙台。
皆さん良かったら、アラバキに来ませんか?
今日でてくれたセカイイチも同じ日です。」
…ノーリグに誘われちゃったよ! 笑

3月18日 その2 

March 19 [Sun], 2006, 6:21

4.セカイイチ
3番手の鴉が終わると、お客さんがどっと前に詰まる。
どさくさに紛れてわたしも前へ。笑
センター2列目…!!
こんな近くからライブを観たことないっ
(どのアーティストのライブでもいつもひっそりこっそり5列目位から観ている人)
え…っ、皆さんセカイイチ目当てで来たのですか!?
転換中にスカがかかっていたのですがウッチーは歌いながら準備しているし、岩崎さんにいたっては踊ってるし…! 笑
かわいかったです。
わたしはメンバーがステージで準備しているときからテンションヌが上がりまくってて。
鴉のときから上がってたな…次セカイイチじゃん、って。
ヤバかったぁ。
メンバーがいったんハケてSEが鳴って、メンバー登場。
「日本に飽きたら秋田に行くしかねぇ!!」
岩崎さん絶叫。笑
名言です。
隣の人が「テンション上げてきたねぇ」と。笑
1曲目からお客さんノリノリでした…!
1列目の方がノッてくださっていて。
続く2曲目でも、ノリが良い。
岩崎さんが「いいですね、あきたー!」と…!
いいだろー! 笑
岩崎さんは16歳の頃、旅をしていて秋田駅にも来たことがあったそうです。
そんな思い出がある場所にセカイイチとして来ることができて嬉しいとおっしゃっておりました。
わたしもこの街でセカイイチを観れて嬉しいよ…!!
来てくれるなんておもいもしなかったから。
「虹」は名曲ですよね。
じんわりじんわりココロに沁みました。
「セカイイチは新曲を持ってきましたー」と、新曲披露。
わたしめっちゃとんでました。笑
初聞きなのに。
ベースの泉さんが東北で美味いものを食べているという話をして、
岩崎さんが最後の曲です、と。
最後の曲は去年一年セカイイチと共に歩んできたあの曲でした。

秋田また来るよ、と言ってくれはりました。
きてきて!!
6曲は短すぎるよー。
セカイイチのダンスナンバー聞きたかったよー。
リベンジするはずだったのに。
まぁ、この次だな。

***
セットリスト
1.聞いてますか お月様?
2.忘れてた事
3.ゆびきり
4.虹
5.カプセル(新曲)
6.石コロブ

***
わたしがセトリ覚えているのは稀なことです。
曲をやる前に岩崎さんが曲名を言ってくれたのでメモしました。
セカイランク@弘前のときは響ちゃんのドラミングに惚れ惚れしましたが
今日はウッチーのギターに酔いしれました。

続く。


3月18日 その1 

March 19 [Sun], 2006, 6:18
とってもしあわせだった夜。

6時半開演で家を飛び出したのが6時25分ころ。
一番手のバンドは観られないなぁ、と思いつつ、会場へ。
自転車を某所に止め、メールをみると今日の出演順と多分押しています、との事。
教えてくださって有難うございました。
いなにわうどんの看板が近づくと会場から爆音が聞こえてくる。
道路を突っ切り、会場へ。
中に入るとお客さんが多くてびっくり。

1.コワルスキー
会場入ったときは2曲目の途中だったかな。
終わるまで外で待ってる、という手もあったのですが、
そんなことは出来ませんでした。
ウチの好きな曲は「リバース」って曲の後にやった曲です。
「リバース」も良かった。
久々に彼らを観たら、何だか泣きそうになりました。
無事復活されていらして…。
MCグダグダで笑っちゃいました。(何言っていたか覚えていない)
来月の鴉企画、行きます。

2.WONDERS
コーラスが美しかったな。
曲も素敵でした。
2曲目が印象的で。
ベースがディズニーのなんかの曲を弾いていて。
MCでベースさんが、
「昨日こっちに着いて、秋田の街を車で走っていたんだけど、埼玉とあまり変わらなくて親近感が沸きました。
ただ違うのは秋田には強力なキリタンポがあること…」
埼玉には強力なネギが。笑
WONDERSの人たちイケメンさんで参りました(何突然、
「また秋田に来ます!」とボーカルギターの方が。
待ってます!!

3.鴉
鴉を観るのは初めてでした。
MCでドラムの方が次のライブの告知をしたのですが、
「今日は自己紹介をしません」
というボケに、間髪入れずにボーカルさんが、
「(自己紹介は)求めてません」と。
一曲目が終わった後のMCにも爆笑しました。
音楽もボケに対して間髪入れずに突っ込みが入るアンサンブルで。
息が合いまくっておりました。
自分たちの企画ライブ告知しないで終わるのかよ、と内心ハラハラしました。笑
演奏は格好いいのにトークがグズグズ。笑
そんなところが良いな。笑