五年目の魔女 

2005年04月16日(土) 16時12分
著者は乃南アサさんです。
この本を読むことになったきっかけはカンタン。
古本屋で100円だったからです。
なんとなく、「文庫本をたくさん持っている」というのは
私のかではとてもかっこいいことなので、最近私は文庫本を
集めております。しかしながら自分でかうときには
ケチって古本です

これはおもしろいですよ〜。
女って怖いね〜笑
カンタンに言うなれば女の嫉妬の物語です。
世にいう「魔性の女」である貴世美。
貴世美のせいで会社を辞めることになった景子。
会社を辞めたことによって貴世美と音信不通になった景子であるが、
なぜだか貴世美のその後が気になる。
気になるといっても、景子の望みどおり「おちこぼれているかどうか」
が気になる。そして景子は貴世美を探すが・・・

ま、こんな感じでしょうかねぇ。
読んでみてくだせぇー

鉄道員 ぽっぽや 

2005年04月05日(火) 14時14分
読書大好き人間のクソババアことうちの母親が、
「浅田次郎はぜんぶおもしろい」と言ったので、以前から
気になっていたこの本をよむことにした。
東京タワーに引き続き、この本を読むことにしたきっかけも映画である。
私の大好きな「ダンディー高倉」が主演だったから。

東京タワー 

2005年03月30日(水) 13時38分
「恋はするものじゃなくて落ちるものなんだ」
映画のCMのなかのこの言葉に乙女のこころは奪われた。
あっちなみに乙女というのは他の誰でもない私のことである。
そいでもって私のちょっと好きなオカダくんがわたしのちょっと憧れの
黒木瞳と恋をするって言うんだからこりゃ観ないわけにはいかない。
と、思っていたのだが、某友達によるといかがわしいシーンが
あるらしいということだったので、純粋な私は観るのをやめた。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dokusyo103
読者になる
Yapme!一覧
読者になる