男親 

2006年08月20日(日) 23時49分
最近、乳幼児のお母さんから

「夫が娘をほんとうに可愛いと思っているのかわからない」

と言われた。


私の場合、初めての子供は女の子だった。

今振り返ってみると

正直心の底から 娘に対して

愛おしいという感情が芽生えたのは

娘が1才くらいで おしゃべりをしだした頃だったように思う。


二人目の子も娘だったのだが

誕生当初、上の子はもう ある程度大きくなっていたので

1、2才の頃の可愛さを思い出し 初めからベタベタだった気がする(笑)


母親は 出産前から母親だが

父親は 子供の成長過程で父親になる と聞いたことがある。


まさにそのとおりだな(笑)

独眼龍をよろしく→人気blogランキング


育児の悩みも→無料人生相談〜縁〜

人の陰口 

2006年08月19日(土) 23時13分
私の友人が

強い憤りを感じていた。

昔 そこそこ付き合いをしていて

ある事がきっかけて夜逃げした人間が 最近

すまして帰ってきたのだ。


その事だけでも あまり気分はすぐれなかったのだが

夜逃げした奴の部下が 私の友人に対して

威嚇的な発言を しているらしい。

しかも 遠まわしに 飲み屋の姉ちゃんに(笑)


言いたい事があれば 直接言えばいいのに

何で関係ない人に 相手の悪口吹き込むんだろう。


そんな話を聞いて 

私も友人に的確なアドバイスが できたかどうか

わからないが

昔の人は よく言ったもんだ

「弱い犬ほど よく吠える」ってね


独眼龍を応援してください→人気blogランキング

人間関係の相談も→無料人生相談〜縁〜


道しるべ 

2006年08月18日(金) 18時28分
我が子は 無条件に可愛い

まだ幼く 無邪気に遊ぶ末っ子を見ていて思った。

「私は 我が子達に どんな道しるべをしてやれるだろう…」

皆それぞれの 親達は

その時々 最善と思われる方法で

子供たちに将来の道しるべを案内することだろう。


今の人生が充実している親ならば

似たような道しるべをしたいとレールを引くだろうし

今の人生に不満や後悔を 感じている親ならば

全く 別の生き方を選択するような

道しるべをするだろう。


中には あえてイバラの道を歩かせる親もいれば

放任主義の親もいる

まれに自己中心で 無関心な親もいるだろう。


私自身 「これ」と 決定的な道しるべはないが

我が子達には

生きる為の道しるべではなく

道しるべの探し方の知恵を授けられたら・・と思う。


あくまでも 私個人の願いだが(笑)

独眼龍を応援してください→人気blogランキング

無料人生相談〜縁〜

家族 

2006年08月18日(金) 1時59分
男性・女性 考え方それぞれだが

私の周りの離婚経験者の大半が

「もう二度と結婚しない」と言う

実際 私もそうだった(笑)

1歳になったばかりの娘と二人での独身生活だった為

私自身 意地になってたのかもしれない


その頃はわが子の「育児」を中心に考えて

というより 子供がまだ 乳幼児だったので そんな余裕もなかった

そんな私が5年後 再婚し

今の幸せを手に入れる事ができたのは

娘の協力と 妻の協力に 他ならない


偽善と感じる人がいるかもしれないが

見返りを求めない思いやりができてこそ

本当の家族のよさがわかるような気がする

普段 直接言うことができないが

妻よ 子供よ 「いつもありがとう」


独眼龍をよろしく→人気blogランキング

育児のお悩みも無料人生相談〜縁〜

決断 

2006年08月15日(火) 22時59分
私の知人が 先日ある決断をした。

それは「離婚」という選択だ

経験のある人はわかると思うが

離婚とは 結婚する何倍ものエネルギーを使う。

実は私もそうだった(笑)


当事者同士 

精神的に 一番ダメージを受けるのは 離婚後だろう


男と女の事は 他人には入り込めないが

お互い傷ついただけ

今後の それぞれの人生に活かせる 生き方ができたらと願う


泣きたい時は我慢せず 泣くのも一つの手かもしれない・・・


独眼龍をヨロシク→人気blogランキング


夫婦の問題も→無料人生相談〜縁〜

逃走 or 闘争 

2006年08月14日(月) 16時45分
人は困難にぶつかった時

自分の思い描いた様にならない時

意思が相手に伝わらない時

動物的な本能なのだろうか

逃避思考をめぐらす


かくいう私もそうであったし

もしかしたら 今現在も

そうかもしれない


私は思う

時にはその立場から逃走する事

時には立ち止まって闘争する事

どちらも 必要で最適な時があり

どちらも正確であると。


辞書を引き意味を自分なりに解釈するとよい

あえて逃走する勇気

自らの心や環境と闘争する勇気


最近 とある記事で目にしたが

世界レベルで 自殺者は増加の一途をたどっている

もし自らの命を絶とうと考える事があったら

忘れないでほしい

「あなたの存在がなくなり あなたを思う人の胸の中を

あなたは えぐり取る事になっても かまわないのか?」


自らの心の闘争を



独眼龍を応援してください→人気blogランキング

一人で悩まないで→無料人生相談〜縁〜

育児ストレス 

2006年08月13日(日) 21時27分
よく「子供の為に」と頑張りすぎて

カラ回りしたり、身体を壊したり、心を壊したり…。

実はかくいう私も そんな経験をした(笑)

現況に迷った時 もう一度よく考えて見るとよい。

「子供の為に」とか「あなたの為に」とか

それは言い方や表現の仕方で 実際は自分の為だ。

すべてではないが多くはそうだろう。


私が子供の幸せの為に 頑張る先には

我が子の幸せを見て 感じて 嬉しく思う自分の為だ。

だから 結局のところ 自分の為に頑張ってるんだ。


そう思えば少し肩の力が抜けるだろう。

自分の為だったら少しくらい失敗しても 遠回りでも

仕方がないと思えたりもする。


育児とは育自なのかもしれない。

我が子を通して学ぶ事も多い。


私はいつか自分の子供たちに伝えたい。


「色々と教えてくれて ありがとう」と…。



独眼龍を応援して下さい→人気blogランキング

育児のお悩みもどうぞ無料人生相談〜縁〜

夜泣きのおまじない 

2006年08月12日(土) 22時44分
私は長女が1歳の誕生日前後から

父子二人で暮らしていた。

その理由はともあれ 夜泣きにはずいぶんと悩まされた。

おかげで自律神経失調症になったほどだ。


正直 いつまでも泣き止まない我が子にイライラし

「もうこんな生活やめよう」と何度も思った。

だが当時 自由業で日中 託児所に預けず

子供と過ごす時間が比較的とれたことで

前夜のイライラも忘れてしまう。


まだ覚えたての

「パパァ」 とか

「抱っこぉ」と娘に話しかけられたり

大人が強く握ると折れてしまいそうな 

か細い指をした小さい手でしっかりと私の手(指)を握られたりと…

当たり前の事だが

「この子は俺に命を預けているんだ」

と改めて実感する。

昨夜のイライラした自分を責める。

だが また何日かすると

同じような出来事を繰り返しまた自分を責める。


当時もそうだが 今も幼い子供のいたたまれないニュースが

連日のように報道されている。


今、私はこう思う。

「生まれてきた我が子は生まれてきた事で

まず親孝行をしてくれた。 その孝行を返すのは

慈しみを持って接する育児であり教育だ」と。

おまじないは夜泣きの子供にかけるのではなく

自分にかけたらよい


子供が犠牲にならない世の中でありたいと願う。

独眼龍をよろしく→人気blogランキング


無料人生相談〜縁〜

哀しきシングル 

2006年08月12日(土) 1時07分
まだ私が一人で娘を育てていた頃の出来事。

娘は当時 保育園の年中さんだった。

父子家庭とはなかなか行政の福利厚生も冷たく

せいぜい確定申告の寡夫控除以外 何も補助がない。

母子家庭は いろいろな制度や補助があるのになんでだ(怒)と

憤りを感じずにはいられなかった。

父子家庭だからって  娘に不憫な思い絶対にさせないと

心に誓っていた私は

園からの連絡帳の他、プリントも必ず目を通し

行事などは全部チェックして

必ずそれ中心に自分のスケジュールも組んでいた


ある日、それは遠足の日 私は早起きしてそれなりに頑張り

娘の弁当を作り リュックと水筒を持たせ

娘も遠足とあってワクワクしながら

送りの車の中でも喋りっぱなしだった。


私は仕事の都合でだいたい いつも一番に登園するので

門番の先生に娘を託し 私も仕事に向かった。



そして夕方 弁当の味はどうだったか

娘の笑顔を楽しみにしながら 園に迎えにきた。

すると一人の先生が慌てて私の所に走ってきた。

「○○さん 今日は年長さんの卒園記念遠足なので

    年中さんは遠足じゃないんですよ!」


やっちまった・・・

帰りの車の中 娘も少しふくれてる

娘「○○○(娘の名)だけ お弁当だったんだよ」

私「ごめんな、パパがしっかりしてなくて」

娘「でも お弁当おいかったよ(笑)」

私はこの言葉だけで嬉しくて涙がでた。

娘よ

パパ アホだけど お前の事世界一愛してるからな


独眼龍を応援クリック→人気blogランキング

コンビニ 

2006年08月10日(木) 22時27分
よくコンビニの入り口付近で、たむろしている若者を見かける。

他の人達から見れば

威圧されてる気分になるし不快だ。

こういう表現するのも御幣がありそうだが

私も不快だ。



だが あの子達の気持ちも若干わかる気がする

少年(少女)時代、とにかく退屈が嫌だ。

同じ気持ちの同世代と一緒に過ごせば その気もまぎれる。


その同種と遭遇する確率が高く

できるだけお金使わずにいられるのが、コンビニなんだろう。


タイクツ同士が集まり

刺激を求め 徒党を組んで 自由を謳歌しようと

本能的なところで考えるのかもしれない。


・大人社会に反抗する=自由

・タイクツ同士が集まる=刺激が起きる期待

・同種同世代の徒党=集団心理で善悪の判断基準の低下


まあおそらくこんな感じだろう(笑)


どっかの学者様が言っていたが

子供が感じる一日と 大人が感じる一日の長さは

あきらかに違うらしい。

例えば 10歳の少年なら  3650日分の1日

40歳のオッサン(え?俺・・・) 14600日分の1日

分母を人生経験、分子を1日と考えたら

当然子供が感じる1日は長い。

そこで 何か夢中になるモノがない子達は

タイクツを感じるワケだ。


今の大人達がよく考え、

私のような悪人を作らない社会になってほしい…


独眼龍を応援して下さい→人気blogランキング


無料人生相談〜縁〜
P R
無料相談〜縁〜





*******私たちにもできること*******

(財)日本対がん協会







*******■プロフィール■*******    
■ 管理人 独眼龍泣きボクロ
■ 年齢 不詳
■ 性格 頑固で過保護で情にもろい・・・(妻談)
■ 趣味 先祖のお参り・・・?
■ 経歴 ・暴走族
・暴力団
・脱退
・会社経営
・倒産
・ホームレス



・新聞配達員
・フリーター
・起業
・結婚
・離婚
・シングルファーザー
・自立神経失調症


・再婚




現在に至る
以上、個人が特定されるのは恥ずかしいので概略だけ(笑)
今は無料で悩み相談なんぞをやっている
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dokuganryu/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dokuganryu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる