被リンクを付ける時のアンカーテキストの内容を分散してみる

December 06 [Tue], 2016, 10:32
関連性の高いブログからのサービスがおすすめです。グーグルが有料被リンクはダメですよと言っていますが、本当に駄目なのでしょうかね。有料サービスはダメだといわれても、内容のある記事からの被リンクは正当に評価されるはずです。

自分が持っているサイトを検索エンジンで上位表示させたい場合にいろいろな被リンクサービスを使おうかなと思ったりします。そもそもリンクというのは自然にはなかなか付くものではありませんよね。上位表示されているサイトの多くは何かしらの形で不自然なリンクをつけていることでしょう。

どんなに中身の濃いコンテンツを書いても検索エンジンにプラスに働くような被リンクは簡単に増えるものではありません。被リンクサービスといった自作自演であっても中身がしっかりとしていればちゃんとを評価してくれるはずです。しっかりとしたブログ記事でご紹介する被リンクサービスが評判です。

現在の被リンクの付け方で効果があるというのは、IP分散、トップページだけでなくサブページにもリンクをつける、アンカーテキストの分散、1つの記事につける被リンクは1個、といったところでしょうか。結構頻繁にグーグルさんがバックリンクを更新していますよね。圏外にいたサイトが現れたかと思うと翌日にはまた消えたり。バックリンクの更新とページランクの更新が交互にやってきます。

この更新のたびに自分のサイトの順位はどうなるかとビクビクしている人も多いことでしょう。グーグルさんは有料リンクを嫌っているというか「ダメ」だといっています。SEOスパムの被リンクをたたき出そうと必死に動いていますね。

サーバーをいくつか契約してIP分散をすることはいいと思います。自分でいくつもサテライトサイトを作ってそこから被リンクを当てることで、関連性の高い被リンクを付けることができます。被リンクのアンカーテキストの内容だけでは効果があまりで内容になってきていますね。

1記事1リンクが効果が高い

April 12 [Tue], 2016, 21:36
被リンクの仕事をしている方がよっぽど快適です。業者さんによっては「自演がばれても大丈夫な被リンクの方法」とかも研究されているんでしょうね。被リンクで上位ランクさせるには数と質の両方を意識しないといけないようです。

リンク先のページがちゃんと内容のあるページでコンテンツが無いと効果的にはならないようですね。研究・実験をやればやるほどグーグルさんに自演がばれそうな気がして。というかばれていると思いますが、ばれても大丈夫なような被リンクの付け方が必要となってくると思います。

被リンク作業というよりも「気に入ったサイトを自分のブログでしっかり中身のある紹介をする」っていう気持ちで記事を書いた方がいいような気がしています。そうすれば、グーグルにばれても飛ばされることはないでしょう。だって中身があるんですから。

私なんか「お客様にとっては、1記事1リンク・1回払い・1ブログの発リンク分散・400字前後でしっかりサイトを紹介。このサービスがいいはずだ」って頭の固いところがあるからなー。 SEO業者さんとかのツイート見ていると「へーそんなことまで研究されているんだー」って感心させられることが多いですね。

知人が会社経営をしていることもあって会社のホームページを持っています。ホームページを作成しているだけで特別SEO対策も何もしていないそうです。でもそれなりに上位表示されるそうです。

なぜ上位表示されているのかとホームページを見てみたらスタッフが10名ほどいるみたいなのですが、そのスタッフに誰でもいいから毎日コラムを更新するように言っているそうです。

コラムを更新しているからページ数がいっぱいあって上位表示されているというよりも、コラムを毎日書くことで毎日会うセスしてくれる人が増えたり、ホームページに長くいてくれる人が多いといったところも理由としてあるのかもしれません。

被リンクを付けていくことも大事ですが、日々更新してアクセスを増やす、ホームページに長くいてくれる里づくり等のも大事になってきているのかな。