ドクトルダイエット食☆制限する満足感ないダイエットで失敗した人へ

November 26 [Wed], 2014, 23:50

人にとって、食べるということは欠かすことができません。

ましてや、
子供を授かることのできる女子には、毎月排卵があるわけで、
子孫繁栄、種の保存のために、排卵後は食欲が旺盛になって、栄養を吸収
しようとしたりと、ある種のコントロールが難しいサイクルがあります。

だから、食べない、制限する、満足感のないダイエットなんて、
身体に負担をかけるばかりで、ストレスを溜め込むだけ。
リバウンドを起こすのは当たり前のことだと思います。



ドクトルダイエットだと、

ドクターが監修した手作りヨーグルトを使った
新しいダイエット食だから、きちんと考えられた理論に
基づいて、ダイエット成功率が高くなっています。



内容の前に、先ず咀嚼感(噛む事、噛みごたえ)に優れ
驚くことに満足感が得られる、とうのが一番の
オススメポイントです。


噛む回数が多い(咀嚼回数が多い)と、脳の満腹中枢が
刺激され、満足感を得ることができます。

そうすると、太りにくい、カロリーの少ない食事(このドクトル
ダイエット食)を続けることで、摂取カロリーと消費カロリーの
差し引きで、マイナスとなり結果的に痩せてダイエット成功となるのです。


満足感が得られ、結果を出しやすいドクターが監修した
ダイエット食です。たくさんのメディアにも掲載されてます。


下の画像をクリックすると、『ドクトルダイエット食』の
公式サイトに行くことができます。

気になる方は、詳しい情報を確認してみてくださいね。
↓ ↓ ↓






ドクトルダイエット食☆6ヶ月で体脂肪率10%、体重8kg減に成功

November 26 [Wed], 2014, 23:49

ドクトルダイエット食は、食べて、噛んで、満足するダイエット。
だから、続けることができます。


6ヶ月(半年間)かけて、ゆっくりと食生活や食事内容の
習慣を変えることによって、無理なく、『ごく自然に』
痩せることができます。


満足感はそのままに、食の変化が緩やかに変化しているので、
慣れも出てきますし、何よりも無理のないことが一番なんです。

食事内容は、2ヶ月ほどすると、ほぼ疑問を持たないほどに
苦ではなくなりますし。(もちろん最初から咀嚼回数が多いので
十分満足しますが)とにかく続けることができます。


これまで、食べないダイエット、運動するダイエットで
何度も失敗している人は、これで自分を見直せるし、
がんばって続けることができると思います。


それと、もうひとつちょっとしたコツですが、

とにかく毎日同じ時間に、同じ条件(朝、食事前に衣類なしで測定)
などで体重を計測して、グラフにつけ続けることです。

自分の体重の変化を確認しながら進めると、
微妙でも違いを目視でき、心が折れにくくなります。


がんばって続けましょう。
必ず成功の道へと続きますから。



ドクトルダイエット食と、毎日の体重測定/体重グラフで同時の満足感

November 26 [Wed], 2014, 23:47

ドクトルダイエット食は、ドクター監修の特別なダイエット食。

咀嚼回数が多く、噛みごたえがあり、満足感が十分得られる
ダイエット食です。


ですが、ドクトルダイエット食であなたのダイエットを
成功させる、もうひとつの満足感というのがあります。



それは、毎日体重を計って、グラフをつけ続けることです。

可能であれば、朝・寝る前と、2回の計測がより効果があって
いいのですが、続けられるほうがぜったいにいいので、
朝一番の計測だけでもOKです。


朝、一番に、条件を一定化させるために、全く同じ条件で
体重を計る、というのが1つのコツです。


そして、その体重をとにかくグラフつつけるのに適した
方眼紙などが正確にアップダウンが見えて適しています。


計測を始めると、上がったり、下がったり、意外と
上下のジグザグになるということに気づくかも
しれません。でも、それが正しいのです。


体重は、意外と上下しているものなんです。



もちろん、その時、その時の前後の食事条件によっては
大きめのアップダウンもあるかもしれませんが、トレンドとして
下がっていっていれば、それでいいんです。



そういうトレンドが見えるてくると、やる気が出て
モチベーションは維持されますし、ちょっと上がった
くらいでは、全く動じないようになります。

そうなったら占めたもの。

ドクトルダイエット食と毎日の体重測定で、
がんばって、あなたの希望のダイエット成功させよう♪

(=´∀`)人(´∀`=)