太りにくい人は食事の回数が多い

July 10 [Wed], 2013, 10:31
太ってしまう人のパターンとして見られるのが、朝食を抜いてしまう事。
朝食を抜くと空腹感が強くなり、昼食にたくさんの量を食べてしまいます。

昼食に食べ過ぎて、血糖値も急上昇し、脂肪も多く付き易くなります。
朝食を抜いてしまう方は、昼食まで持たなくて間食するケースも多いと言います。

1日3食食べるのが理想で、さらに空腹感を和らげたり、血糖値を挙げ難くするためには5食〜6食ほど食べると良いと言われています。
1日のトータルの量が一緒なら、回数を増やした方が太りにくいです。

朝食を軽く、昼食の間にちょっとした軽食、昼食も軽め、昼食と夕食の間にも間食をします。
最後に夕食を食べれば、食事の時間帯に食べすぎを防止することができます。

空腹感が強くなると人は食べ過ぎてしまうため、できるだけ空腹になりすぎないことです。
間に食事を入れるのが難しい人は、豆乳や牛乳を飲む方法なども良いかもしれません。

美顔器 効果
P R
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる