プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dojtvsjidmblss
読者になる
2010年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
副作用報告の死亡症例数集計結果を初公表―厚労省 / 2010年08月05日(木)
 昨年度、国に寄せられた医薬品の「副作用報告受理全数」は3万814人で、情報収集が未完了の報告を除いた「副作用報告公表数」2万907人のうち死亡症例が1730人に上ることが、厚生労働省のまとめで明らかになった。厚労省として、副作用報告の死亡症例数を公表するのは初めて。8月4日に開かれた同省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会で報告された。

 1730人のうち、被疑薬と死亡との因果関係が否定できないものは238人、因果関係が認められないものは76人、因果関係が評価できないものは1229人、評価中は187人だった。

 また、2005年度からの5年間を見ると、「副作用報告受理全数」は14万1332人。情報収集が完了した12万2951人のうち、死亡症例数は1万54人で、被疑薬と死亡との因果関係が否定できないものは2165人あった。

 ただ、同部会では報告に対し、「被疑薬と死亡との因果関係が否定できないものについては、因果関係を完全に否定することは難しく、かなり多く見積もった数字」などの意見が委員から上がった。


【8月4日22時39分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100804-00000010-cbn-soci
 
   
Posted at 10:27/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!