ぐるり旅 Vol.33 (南城編) 

2017年12月25日(月) 19時48分
那覇を抜け、今度は一路、南城市へ ^^
ここは沖縄を創った神が最初に降り立ったとさせる神聖な場所 ’-’*
その時から今まで、どのような国造りがされてきたのかって言う神話に触れてきました ^^

そうそう、神話の背景にある久高島を望む世界遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」 ’-’*
岩場と森の間を進んで行くとたくさんの祈りの台座があり、最奥部の岩のトンネルとくぐるとそこから見える久高島がまるで切り取られた世界のような風景で飛び込んでくる ^^
神話の話を少し知ってからその風景に飛び込むと、その切り取られた「青い空と青い海の真ん中に久高島だけが見える世界」が桃源郷のように感じられました ’o’*-おぉ〜♪
その久高島をもっと近くに見ようと知念岬まで歩くと、そこから見える景観も他に劣らず広く青い世界で、沖縄ってどこに行っても綺麗な景観が見られるんだなって改めて感じたよ ’-’*
その知念岬からもう一度山の方を見てみると、ここに来る途中に通ってきたニライカナイの橋が目に入ってくる ^^
ニライカナイの謂れについては結局のところ良く分からなかったけど、沖縄創世の時代から伝わる伝承の一つみたいだね ’-’*
付近を一通り散策して駐車場に戻ると、目の前にはゆるキャラ「なんじぃ」が ^^
駐車場を離れる時には全く気付かなかったけど、建物の入り口に存在感があるな〜 ’-^*

ぐるり旅 Vol.32 (恩納・読谷編) 

2017年12月24日(日) 15時25分
沖縄はやっぱり一つの県だけあって、本島だけでも十分な移動時間を考えないと、いろんな場所を楽しむ時間がなくなってしまう ^^;
ココから更に北(沖縄では北をニシと呼ぶみたい、西はイリなんだって)へと向かいたかったけど、予定を変更して南へ。。。
車移動は街歩きと違って、やっぱり観光地巡りになっていくんだね ’-^*

そうそう、この日も景観が良い場所を求めて万座毛へ ’-’*
その昔、お殿様が「万人が座するにふさわしい場所」と言ったとかでその名が付いたみたいだけど、広いと言えば広いと思うけどメインは15分程度の散策道に像の鼻の岩場を眺める事の出来る場所のみ ^^
グルっと回ると眺めの綺麗な場所は多数あるのに、多くの人はその像の鼻の岩場のみを写真に収めるとあまり周辺を気にすることなく歩いて行ってしまう気がしました ’-’;
この岩場でセルフィー(自撮り)をしていると、二人組の女性に「写真を撮ってもらえますか?」と声を掛けられ、その後は自然の流れで三人で会話を楽しみながら10分ほど残りの万座毛を散策・・・って、不思議な事もあるんだね ^^*
その後も海沿いの道を南下して那覇に到着すると、この日は迷わずA&Wのハンバーガーで小腹を埋める ^^
沖縄にしかないハンバーガーチェーンと言う事で気になっていたけど、ハンバーガーだけではなくルートビアも沖縄独特の味がするって聞いていただけに飲んでみると・・・、湿布 ’-’?
湿布は食べた事が無いけど、薬草の味や香りが口の中で湿布のような感覚を感じさせるんだと思う・・・、好みの違いもあると思うけど、ボクは意外にイケると思うよ ^^
お替り自由って事で調子に乗って2杯目を頼んだけど、ルートビアでお腹がいっぱいになっちゃったから、その夜の沖縄料理に合わせるのはオリオンビールじゃなくて泡盛の気分でした ’-^*

ぐるり旅 Vol.31 (やんばる編) 

2017年12月23日(土) 14時33分
沖縄と言うと電車がないので移動の殆どが車になってしまう ’-’*
地元の人の話を聞くと、戦前には汽車も走っていたそうだけど、アメリカの統治時代に無くなってしまったのだとか ^^;
鉄道が出来て周りに町を作った日本と、街を作って鉄道で繋ぐと言うアメリカの国造りの差がここでもみられるんだね ^^
・・・と言う事で、今日は「やんばる編」です ’-’*

そうそう、やんばると言っても、ここはまだその入り口付近 ^^
折角の車旅なら自由に下りられる景観の良い場所へと言う事で、古宇利大橋へ ’-’*
古宇利島と言えば「恋島(くいじま)」と呼ばれるパワースポットだけあって若い女性客が多く、12月なのに膝まで海に入ってはしゃいでいる姿があちこちで見られたよ ^^*
お決まりの一本橋の写真をパシャリ、橋の上から眺める海もパシャリ、少し早い時間でも青くてきれいな海って思ったけど、10時を過ぎて陽が高く上った時が最も青いとか ’o’*-おぉ〜♪
その情報を得たのが次の目的地の海洋博公園を後にしてからだったから、もうすでにその日の夕方でした(笑)
美ら海水族館が有名なだけに、この海洋博公園の名は後からになってしまうけど、水族館は公園の敷地にある建物で、この公園自体の広さは歩いてみるととても広く、中にはとんがり帽子のような伊江島が望めるピーチと岩場、古民家を並べた小さな街並みに海洋博物館もあり、水族館周辺の散策まで含めて3時間くらいの予定が4時間半くらいと大幅に崩れてしまいました(笑)
それでも全部は楽しめなかったし、一日かけてみる事の出来る公園なんだね ^^*
それとこの辺りは沖縄そばが有名みたいだと聞いて早速食べに出掛けると、サトウキビの花が夕焼けに照らされて咲いていたよ ’-^*

ぐるり旅 Vol.30 (那覇編) 

2017年12月20日(水) 20時26分
いつもの事だけど、無性に旅をしたくなる時があって、いてもたってもいられなくなる時がある ^^
そんな時でもすぐには遠くへ行けないから、そのまま衝動に駆られて旅先の日程を考え始めてしまう事があって、今回の沖縄もその一つでした ’-’*
もともと沖縄にも行ってみたかったから、飛行機の日程を決めたら休みを取って、旅の内容は後から決めるのもいつもの事 ^^
・・・と言う事で、今回は沖縄旅のお話です ’-^*

そうそう、飛行機が薄い雲を抜けると深い海と雲ばかりだった窓の外は、海が青く近くに感じられる南の島の海 ^^
旅立った場所が一桁の気温だったため着ていた薄手のダウンでは、飛行機の中でも暑いくらいでした ^^;
空港を出て最初に向かったのは首里城で、日本の石垣しか知らないボクにとっては異国の城の作りに感動し、城の中で見た代々の国王の肖像も随分とハッキリとした状態で伝えられていたことにビックリしました ’-’*
城自体は守るためのモノではなく、きっと権力の大きさや儀式のための作りだったように感じるけど、その周りの石垣は戦場としても十分な役目を果たす構えで、当時はとても繁栄していたんだね ^^
その後は一通り町を歩くと、お墓を発見 ’o’*
今まで偉人のお墓には感動したことがあるけど庶民のお墓を見て感動したのは初めてで、「終の棲家」って実はこう言う事ではないのだろうかと、本来の意味とは違う事を考えてしまったよ ^^;
日も暮れて国際通りに入ると、今回の旅行で一番多くの人混みの中、そこら中で学生が外国人と話している光景に出会い、英語の会話を放課後にまで学んでいる光景に思わず嬉しくなりました ^^*
そしてその日の夕食には、とりあえずの「オリオンビール」で一人乾杯(笑)

感情を刺激すると 

2017年12月11日(月) 19時33分
好きな人が出来るといつも考えてしまうけど

嫌いな人が現れると意識したくなくても意識してしまうし

美味しいモノを食べていると幸せを感じるけど

食べたいのに食べられない状況だと無性に意識してしまう

良くても悪くても人は感情を刺激される事で

その物事について考えてしまうんだね

美術展を見に行って気になる作品に出会う事や

音楽を聞いていろんな思い出と重ねてしまう事や

食べた事のない料理を注文してみるとかでも

最後には自分なりのポジティブな感想を持つ事で

脳は前向きに自分を後押ししてくれるんだよ

p.s. また一週間ほどお休みするね ’-^*
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:土井理人
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1983年1月21日
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-自啓から恋愛まで、幅広く好き。
    ・山登り-里山が好き。みんなで山ごはんも好き。
    ・カフェ巡り-珈琲が好き。ゆっくり読書出来るカフェが好き。
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像麻衣子 
» ぐるり旅 Vol.33 (南城編) (2018年01月13日)
アイコン画像土井理人
» ぐるり旅 Vol.33 (南城編) (2018年01月06日)
アイコン画像麻衣子 
» ぐるり旅 Vol.33 (南城編) (2017年12月25日)
アイコン画像土井理人
» ぐるり旅 Vol.32 (恩納・読谷編) (2017年12月24日)
アイコン画像麻衣子 
» ぐるり旅 Vol.32 (恩納・読谷編) (2017年12月24日)
最新トラックバック
ヤプミー!一覧
読者になる